165 :名無しさん 2014/03/26(水) 17:42:05 ID:3d81ShL2B
    157です。出掛けていて遅くなってしまいました。

    軽くフェイクありますが、ほとんど実話です。
    私の家族は元々母方の祖父母・父・母・兄・私の6人家族でした。
    確か小学校1年生前後は母は働いていて幼稚園や学校から帰ってきたら祖父母と過ごしていました。
    祖父は植物に詳しくて庭の手入れも良くしていました。私はそんな祖父の事が自慢で好きでした。
    小学校のクラスにある植物に虫がついたときも祖父が虫を取るための薬をくれて学校に持って行ったりしてました。
    その頃祖母の事をどう思っていたかあまり覚えていません。ただ、「おばあちゃん大好き!」って感じじゃなかったように思います。
    そして、小学生高学年のときだったかに1つ目の修羅場がありました。
    それは祖父母の離婚です。原因は祖父の浮気と言われました。
    それが分かる数ヶ月前からよく祖父母が怒鳴り合う声が聞こえていました。
    そういう時私は2階にいて、そんなに深刻な事になってると知らなかったのでうるさいと文句を言ったりしたときもありました。
    離婚すると告げられる数日前に祖父が使っていた部屋が空になっているのを見て「ああ離婚するんだなあ」と冷静に思った記憶があります。
    そしてある日2階にいるときに呼ばれて下に行くと祖父を除く家族が揃っていて「お爺ちゃんとお婆ちゃん別れたから。いいよね?」と言われました。
    その時私は何も言わず2階に戻り、暫くの間泣きました。
    今でも「いいよね?って、なんで答えのない質問をしたんだろう。もう答えは出てるじゃないか」とたまに思います。

    それから前に増して祖母が嫌いになっていったように思います。
    祖母は離婚のショックだとかで体調を崩していきました。私は正直どうでも良かった。
    そして中学生の時に入院してある時入院していた病院から救急車で大きい病院に運ばれました。これが2つ目の修羅場です。
    ここだけの話、入院してるときは祖母が家にいないためストレスが少なくなり一人で喜んでいました。
    運ばれたとき母も付き添っており、母は運ばれたその日から亡くなるまでの2ヶ月間ずっと病院に寝泊りしていました。
    父がたまには家に帰ったら?といってもずっと付き添っていました。多分離婚したショックで倒れた自分の親が心配だったんですかね。
    週一回病院に見舞いにいってましたが正直祖母よりも母のほうが心配でした。
    母は病院の簡易ベッドで過ごす為に顔が凄くむくんだり体調を崩したりしていました。
    母が病院で寝泊りしている間、私は父と2人で過ごしました。(兄は大学に行くために離れて暮らしていました)
    母がいないので色々と大変でした。肋間神経痛になったり髪がいっぱい抜けたりしました。
    そんな状況でもちゃんと朝食や夕食を作り洗濯等をしてくれた父には本当に感謝しています。父が出張の時に面倒を見てくれた親戚の人にも感謝でいっぱいです。
    そんな生活にも終わりが来ました。祖母がタヒんだからです。
    夜中に父に電話が来て、2人で病院にいきました。真夜中の病院って初めて見るなあなんて頭の隅で考えていました。
    それからはどたばたと時間が過ぎていきました。学校側から一週間も忌引きを貰ってそんなに貰えるのかとびっくりしました。(友人にも1週間休んだので色々と心配されました)
    祖母は外面はよかったので友人という人がいっぱい来ました。
    ほとんど泣きませんでした。泣いたのは祖母が亡くなった時と葬式の時に母に育ててもらったお礼を言えといわれたときだけですね。だって、好きじゃない、嫌いな人がタヒんだから。
    初七日とかも終わって落ち着いた頃に思ったのは「ああやっとみんな解放された。」でした。
    これでまた母と暮らせると思うと嬉しかったです。

    長いと怒られたので切ります。

    431 :名無しさん 2014/04/18(金) 14:46:49 ID:yYnZV7xGe
    私の修羅場。今でも泣きたくなる。年齢は私の修羅場当時のもの

    私→10歳 小学校4年生
    妹→7歳 小学校1年生
    母→28歳
    父→35歳 イギリス人。

    母は高校生のときにイギリス人の父と出会った。小さな美術館で父が母に一目ぼれして、程なくして二人は交際に発展。
    母の両親(以下、母祖父母)は本当に頑固で厳しく、裕福な家庭では無かったがまるでお嬢様にセレブのしきたりを教え込むような躾をしてきた。
    そんなんだから母は彼氏ができたことは両親に一切言わなかった。祖父母が厳しく選定し別れさせられるのがわかっていたから。
    とある日、母は17という若さで私を妊娠。1週間に2度たったの1時間の逢瀬で私を孕んでしまった。
    もちろん祖父母は大激怒。父の両親(こちらも私の祖父母。以下父祖父母)に抗議しようとしたが、イギリス本土に住んでいるし英語ができないので断念。
    母は勘当された。父は母を連れて駆け落ちした。 ここまでが前提。

    531 :名無しさん@HOME 2018/11/22(木) 23:42:06 0.net
    スレチだったらごめんなさい。
    あと、初めて投稿するから所々おかしいかもしれないです。

    私の両親は私が1歳半の時に離婚。
    父の浮氣と借金が原因だった。
    父は借金を残して浮氣相手と逃亡したんだが、その浮氣相手がマジキチだった。
    浮氣相手は私が4歳になる頃まで、当時住んでいた賃貸マンションの前で「〇〇~(母の名前)!オラァ!出てこいよ!」と明け方3時頃に怒鳴り散らしたり、
    母方の祖母家に電話を掛けてきて「おいババア!ふざけんじゃねぇ!」と言うだけ言ってガチャ切りしたり、母方の祖父が営む会社に「〇〇(私の名前)コロす」みたいなFAXを何枚も送ってきたり。
    母は3年ほどで、元父の借金を完済し、その後私たちはそこから15分程のマンションへ引っ越した。

    さすがに居場所がわからなくなったのか飽きたのかわからないが、小学校を卒業するころには嫌がらせも全くなくなり、母と穏やかに生活していた。

    589 :名無しさん@おーぷん 2015/11/13(金) 08:06:19 ID:oMI
    中学の時異母兄たちに氾された。
    長いうえに胸糞も胸糞なので閲覧注意。

    私は父の後妻の娘。
    前妻のところに二人子供がいることは知っていたけれど会ったことはなく、父がリストラされた後はローンや養育費を払うのが大変で母がフルタイムで働いて家計を支えていた。
    離婚の理由は知らなかった。

    私が中1になった時、家に見知らぬ男がいて「今日からいっしょに暮らすことになった」と父に言われたのが前妻の次男。(以下兄②)当時高1。
    母が再婚を考えていたものの、どうしても相手と折り合いが悪くて前妻から引き取ってくれと打診があったそう。

    突然のことに母も私も戸惑った。
    その当時の家は、再就職が見つからなかった父は就活をしながらコンビニでアルバイトをしていて、母は通院しながらのフルタイム。必然的に家事は一人っ子の私がやっていた。
    そこに高校生の男の子が入ってきた。
    第一印象は今風に言えば「チャラそう」
    母も私も難色を示したものの、父が「俺の息子なんだよ」と言ったから戸惑いつつ受け入れた。
    父は女しかいなかった家に男が増えたことを単純に喜んでいるようだった。
    母と再婚後はほとんど面会しなかったそうだから、息子に罪悪感でもあったのかもしれない。

    228 :名無しさん@おーぷん 2019/03/25(月) 17:37:10 ID:ShL
    母が亡くなった。涙なんか一粒も出なかった。
    最後の最後まで腹を割って話せなかった。亡くなった今もやっぱり母に対する憎しみが残ってる。
    リアルじゃ言えないので吐き出させてください。

    小学校の高学年ぐらいの頃から、時々フラッシュバックのように思い出す映像があった。
    2階建てのコーポに住んでて、玄関を入るとすぐ左側にお風呂とトイレがあって
    右側に台所、奥に和室が2つ、・・・ってところまで映像として覚えてて
    コーポの真ん前にある雑草だらけの空き地で近所の子供たちと缶蹴りして遊んでる。
    でもアルバムにはその頃らしい写真が一枚もない。
    母に聞いても戸建にしか住んだことは無いって言うし、父に聞いても「前世の記憶か?」って茶化される。
    なんだろうってずっと思いながら、中学卒業間近のある日。
    ひとりで田んぼのあぜ道を下校してる時に、不意に思い出した。
    そのコーポに母ではない女の人が住んでた。一緒にお風呂に入ったし、手作りのお菓子を食べた。
    そしてそこには父もいた。
    その瞬間、思い出してしまった。
    私、小学校に上がる前に父と、母じゃない女の人と、私と、3人で住んでた時期があった。
    そして叫ぶように泣きながら玄関を塞ぐ女の人を父が毆るように振り払って、
    父は私の腕を掴んで引っ張って玄関から出た。
    腕が痛くて痛くて泣きながら離して!って叫んでる自分。
    あの女の人はたぶん父の愛人。そしてあの記憶は多分ふたりが別れた時のものだ。
    まるでパズルが一瞬でピシッ!と完成したような感覚で思い出した。

    このページのトップヘ