857: 愛とタヒの名無しさん 2011/06/05(日) 07:26:45.32
    娘の結婚式に、母親が何も言わず突然チマチョゴリを着てきて、
    破談になった話なら知ってる。
    今とは違って韓流もハシりで一般的ではなく、新郎側の親戚が
    チマチョゴリの中年女性が新婦の母親と知って騒然としたらしく、
    そのまま式は中止、お食事会へ。
    新婦が在日ではない、母親の趣味だと必タヒに説明したが、そもそも
    娘のハレの日にチマチョゴリを着てくる神経がおかしい、しかもそれが
    新婦の母親ということで結局破談。

    426:愛とタヒの名無しさん2011/12/21(水) 12:36:29.47
    妹の披露宴にて
    田舎ということもあり会場は町の公民館、受付は発起人
    (結婚式の手伝いしてくれる人)にお願い

    受付が終わったらみんな自分の持ち場に戻ることが多いから、受付はからっぽ
    そんな状況で出席者も300人超え、たぶん部外者が入っても「親類の人か」でスルー

    で、自分がトイレに行くのに席を立ったら、会場入り口に小汚いババアがいるのを発見

    母だった
    母は母が原因で(書くと長くなるので割愛)家を追い出されて、ひとり暮らしをしている(と思う)
    たぶん可愛い娘の晴れ姿を見たかったんだろうと思うが
    白髪ばっかの髪に、セシールで買ったような安っぽいワンピースですごく場違い

    地元の人は母が家を追い出された事情を知っているので
    席を立つと「あそこに○○さんの母さんいる…」「えwなんでいるの?」
    とヒソヒソしてるのがたまに聞こえてきた

    母がいると知った父が倒れそうになったこと以外は何事もなくお開きになったが

    もうおめえあぼんしたことになってんだから空気嫁やと思った>母

    18 :名無しさん@おーぷん 2017/10/31(火) 19:47:45 ID:TcY
    ついに実家にオレオレ詐欺の電話が来た
    たまたま帰っていて居間でのほほんとTV見てた
    最初は全然気にしてなかったけど話が揉めてる?っぽい感じがして耳を傾けてたら詐欺だと確信した
    うちの母はおそらく一番面倒なまともそうだけどボケてる状態
    受け答えはちゃんとできるし会話も問題ないが記憶力が弱くて同じ話を何度もする
    詐欺だと確信したものの電話の段階では母が騙されても騙されなくてもどっちでもいいと思ったのでどうなるか様子を見ていたというか聞いていた
    (騙されて金の用意でもしようものなら警察に連絡すればいいしと考えてた)
    相手は父のつもりで電話しているらしいが全然父とは違うらしくちょいちょい母が誰?だの声が違うだの言っていたもののやや流された形で内容は金額の話になった

    母「・・・そんでいくら必要なの?」
    詐「」
    母「150万!?そんなお金ないよ!」
    ガシャン!

    ・・・我が実家の経済状況は思ったよりもヤバイかもしれない
    子供の世話にはならんと豪語してるが親の老人ホーム資金大丈夫か心配になったぜ

    730 :名無しさん@おーぷん 2014/11/30(日) 19:58:20 ID:???
    兄から母に来たメール。

    「500万貸して欲しいんだよね。2,3日中振り込んでもらえる?
    いつもの口座に宜しく(お辞儀してる絵文字)」


    母は悩んでいたけど、私が許さなかった。
    なぜなら既に一度貸しているから。
    しかも、その分の返済も止まってる。
    前のと合わせたら、800万円になる。。。

    実家から母の通帳と印鑑を出させ、私の自宅に持ち帰った。
    自分の年収以上の借金なんて返せるはずがない。
    今回貸しても焼け石に水。
    メール1通で済ませようとする図太さ。
    そして返済計画もなし。

    結局貸さなかったので、どうお金を工面したのかはわからない。
    自分はこうならないようにしよう、と固く心に誓いました。

    65 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/08/12(火) 09:23:54 ID:bhU7r856.net
    グロ?





    今まで、男児持ちの母親が「いつまでも恋人でいてね☆」とか言ってるのを見てふーん、そんなもんかぁと思っていたけど、今日電車の中で見た親子は気持ち悪かった...
    子供は恐らく小学校低学年か中学年。
    母親が息子の肩に手を回して髪、頬を撫でまわす。膝に手をやり、さすって太もももんで...書いてて気持ち悪くなってきた。
    女児持ちにはわからない感情なのかな。この嫌悪感なんだろう。ってか電車でやることか?発情期の中高生カップルを見てるようだった。

    899 :名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月) 08:49:24 ID:TJK

    姉に育ててもらったのに、その姉の夫を好きになってしまったのが修羅場。
    墓の中にまで持っていかなければならないことなので吐き出したくて来ました。
    私=男。
    注意ゲイネタ。

    元々母子家庭だったが私が七歳のときに恋人ができたらしく母親が蒸発。
    専門学校に通っていた当時十九歳の姉が私と兄(当時十二歳)を育ててくれた。
    母方の祖父母もいたけど、年金暮らしの高齢者で金銭的には頼れなかったから姉は学校を辞めて昼は事務、夜は居酒屋で働いていた。

    浮いた話のなかった姉が結婚したのは私が高校生になった時。その頃には祖父母は亡くなっていて、兄は高卒で家を出ていたから姉と二人暮らしだった。
    当時の私は自分のセクシャルを自覚する前で、姉のご主人に男の理想象からか憧れた。
    実際姉と同世代の人だったからとても大人で、姉夫に父親を求めたのかもしれない。
    気が付いたら姉夫を好きになっていた。

    それからは毎日自分の中で修羅場だった。
    苦労ばかりしていた姉がやっと幸せになったって、最初は嬉しかったはずが段々姉が憎たらしくなっていった。
    姉に無意味に突っかかったり、せっかく作ってくれた弁当をわざと持って行かなかったりと、今思うと幼稚な反抗を繰り返した。
    何より、自分の感情が恋だって認めるまで時間がかかったし、認めてからはどうしていいかわからなくなった。

    姉が原因の不妊だとわかったとき、心の中で「ヤッター」って思った自分を糸交めこ○したくなった。不妊が原因で別れるんじゃないかと期待した。
    女だってだけで姉夫と結婚できた姉が妬ましかった。
    ただ、姉夫を誘惑する度胸はなかった。

    当時の私は姉に対する罪悪感と嫉妬で半分基地外になっていたと思う。
    姉と姉夫は反抗期だと思っていたみたいだったけど、姉と一緒に出掛けるたびに「階段から突き落とせば」とか、「姉がタヒねば姉夫さんは私を見てくれる」とか、基地スレにいそうな思考回路をしていた。
    高卒で家を出た兄は地元の工場に就職して一人暮らしをしていた。このまま家にいたら何をするかわからないと自分が自分で怖くなって兄のところに転がり込んだ。
    最初は追い出そうとした兄だけど、追い出そうとすると私がヒステリーを起こして暴れるからそのうち何も言わなくなった。
    兄とは殴り合いのケンカになることも珍しくなかった。
    何も言わずに家出同然で兄のところに行ったから、姉夫婦にも随分心配をかけた。
    誰にも相談できなくて毎日が辛かった。

    たいしたことじゃないかもしれないけど、あのときの自分の基地ぶりが修羅場。
    いまだに女性に興味を持てなくて、恋人を作っても全員同性。
    姉夫婦とは飛行機の距離に暮らしているから年単位で会ってないが、たまに電話がかかってきてそろそろ結婚しないの?って聞かれるのが地味に痛い。
    育ててもらった恩を忘れて姉不孝ばっかりしているから。
    姉夫を好きだったことも、同性愛者だってことも、カミングアウトできないから墓まで持っていくつもりでいる。

    37 :名無しさん@おーぷん 2017/07/05(水) 12:34:48 ID:ga3
    常々「あんたが結婚して肩の荷が下りたら離婚する」と言っていた母が本当に実行したこと。
    俺の結婚式=入籍の5日後に離婚届を出し、2日後に県外に引越し済みだったこと。
    それを直接じゃなく妹を介して知らされたこと。
    母が今後も俺と父に電話番号や住所を教える気がないこと。

    父は一言多い性格で、30分一緒にいると親子でもムカつく人ではあるんだが
    両親とも60過ぎたしここまで来たら離婚なんかしないだろと思い込んでいた。
    離婚届は事前に記入もらってたらしい。
    父も多分本当に出すと思ってなかったんじゃないかな。
    父は「馬鹿なヤツだ」としかコメントしない。
    妹は離婚に賛成だったらしい。
    俺に連絡先を教えないのは「あの子の幸せに水をさしたくない」が建前
    「あの子は説教するから嫌だ」「訪ねて来そうだから嫌だ」
    「嫁姑付き合いが嫌だ」が本音らしい。
    いい年して何してんの?と言いたい。
    家出した女子高生かよ。

    912 :名無しの心子知らず 2009/04/21(火) 16:43:34 ID:7MU0+4Xx
    >>906
    谷村乙

    ついさっきの話。
    母がパートをしているスーパーに買い物に行った。
    店の入り口に、見切り品の商品が陳列されていて、その棚に勢いよくぶつかって、転んでいる女性を見つけた。
    その女性、お腹が大きくて、
    「大丈夫ですかー!!?」
    「誰か来てくださーい!!」と叫んで駆け寄った。
    女性の顔が真っ青で、流産とか嫌な事しか思いつかなくて、とりあえずレジに走って人を呼んだ。
    母の手を引っ張って入り口へと走った。

    女性は足をひねったのか、その場にうずくまっていた。
    さっきまでポッコリしていたお腹がへこんでいて「???」となった私。
    「やっと見つけたよ!アンタこっち来な!!」と母。
    ますます「?????」となった私。
    先に帰ってろと母に言われ帰宅。
    後で母に聞くと
    「あの女、毎回入り口でこけるんだ。
    いつもお腹大きくて、いっこうに生まれる気配が無いから怪しいと母ちゃんは睨んでいた。
    たぶん、転んだすきに服の中に商品詰め込んで、逃げてたんだろうよ。
    だけど、今回は本当に怪我して動けなかったみたいだね。
    アンタ(私)の無駄に大きい声も、たまには役に立つじゃん。」
    との事。
    「どこにママが?」と言われそうなので
    事情聴取の後に身元引き取りに旦那と息子が来た
    という事でなにとぞ。

    942 :おさかなくわえた名無しさん 2013/11/02(土) 11:27:56 ID:QD6wLqGH
    高校を卒業する頃、母と姉と私で笑い話してたら三兄妹の誕生逸話の話になった
    一人ずつ順番に話していき、末っ子の私の番が来た
    母「いや~、長兄と長女を出産したから子作り終了のつもりだったのよね~(しみじみ」
    姉「んじゃ何で(私)いんのよw?」
    私「そーだそーだwどゆことよw」
    母「ゴムつけてたのよ?でも出来たんだもん」
    姉「へw?」私「…え?」
    母「あのゴム穴が空いてたんだよねー信じられんわ!」
    母と姉は爆笑してたが私は…こんなとき、どんな顔したらいいのか分からないの…

    ということで自分の生誕理由が避妊具不良だった事
    ちなみに後日、母は妹夫婦に問題のゴムを「穴空いてるけど使う?」とプレゼントしたら
    「は!?そんなもんいらんわ!」と真っ当な反応で断られたそうだ

    356 :名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木) 19:56:15 ID:yMy
    >>264に便乗。
    うちの兄の、母親の言うことまにうけて帝王切開は楽でナマケだと思ってた。
    母は、親としては普通の愛情深い母だけど、姑としてはクソトメ。

    兄は義姉が入院中、ハズレをひいたとかナマケ嫁とか言いまくり
    退院後も、夜泣きを「うるせえ!黙らせろ!!」
    「こんな泣き方するのは異常だ!本当に俺の子なのか!うちの家系にかたわはいない!」
    ↑は全部母の入れ知恵で
    「毎晩しつこく夜泣きするなんておかしい」
    「お兄ちゃんの子じゃないんじゃないの、うちにかたわはいない」
    と吹き込んでいたから。
    このあたりの事情はあとでわかった。

    698 :可愛い奥様 2008/06/21(土) 20:04:44 ID:5C1QypEB0
    うちの母の歳の離れた叔母(母の妹)は15歳の時から10年くらい、
    うちの父と不倫というか遊んでたらしい。
    それを知ると、叔母と私達に暴力の八つ当たりをするも父には黙認。
    叔母は結婚後もうちの父と続き、流産(父のこかもしれない)、
    借金から逃げるように旦那と上京。
    その後の父の性のターゲットは姉(実の娘)と姪(父の実弟の娘)
    母はそれを10年以上黙認。それどころか姉と姪が父をたぶらかした発言。
    くだらない弟がいるんだが、そいつが父そっくりのことをしでかしてた。
    それを最近知る事となり、因果ってあるんだなと思った。
    叔母は40歳の時駅で倒れそのままタヒ亡、父は58歳でタヒ亡。
    弟もろくなタヒに方しないだろう。

    723 :おさかなくわえた名無しさん 2013/10/06(日) 23:54:30 ID:6rk3QbI6
    2年くらい前、俺の実家にオレオレ詐欺の電話がよく掛かってきていたようだ。
    今ごろになってお袋が俺に伝えてきた。
    お袋に言わせると「心配させるといけないから、当時は言えなかった」らしい。
    しかし、お袋から聞かされたオレオレ詐欺への対応に驚いたわ。

    詐欺師「オレオレ」
    お袋「誰?誰?」
    詐欺師「…オレオレ」
    お袋「誰?誰?」
    を、相手が懲りるまで繰り返したようだw
    大抵の詐欺師はそこでさっさと諦めたようだが、中にはしつこく「オレオレ」を繰り返す奴もいたようだ。
    はたから見たら意地の張り合いだろうな。
    そしてそんなしつこい詐欺師には、お袋は「あっ、ひろし?」と言ったようだ。
    そして相手が「そうだよ、母さん、ひろしだよ」と言ったら、
    「あっ間違えた。うちの子は、たけしだった」とか、
    超テキトーでありながら破壊力ある返しをしていたらしい。

    なんか色々と衝撃的だったわ。

    749 :可愛い奥様 2009/09/16(水) 02:55:43 ID:UJMTNuHaO
    高校生のとき、母が事故でタヒんだ。父はだいぶショックを受けていて、葬儀のあった夜、
    客人達を見送ったり雑用をこなした私がうちに入ってきたのを見て、
    母さんが帰ってきた!と叫んだほどだった。
    その後も朝から私を母と間違えたり、私のことを母の名前で呼んだりしてた。
    私自身も母をなくして辛かったから、ある日父に向かって、
    お母さんはタヒんだんだ、もう帰ってこないし私はお母さんじゃないと怒鳴って、泣きながら家を飛び出した。

    おば(母の妹)の家に行ってそんな話を聞いてもらっていたら、
    おばから、私は母に似ているから、みたいなことを言われた。
    だけど私はずっとうちの中では父親似だって言われたし、
    母もことあるごとに、私は何から何まで父にそっくりだって言って笑ってたから、びっくりした。
    でも幸いなことに父はだんだんそういう状態から抜け出していって、
    仕事にも復帰して家事も半分こして、二人暮らしで大学も出してもらった。

    554 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 03:06:16.99 ID:kBY58PZT.net
    自分がまだ幼稚園児だった頃のこと

    私の記憶は、夜寝ていたときに突然誰かに足を踏まれ、痛くて起きてぎゃーぎゃー泣いたことと、誰かが誰かに殴りかかっている姿をぼんやり覚えている程度
    しかし、大きくなってから父になにかの流れでその話をすると、全く知らなかった真相を聞かされた
    殴りかかっていたのは父で、その相手は母の妹である叔母だった
    叔母は私と弟2人を寝かしつけ、一緒に寝てしまったたところを、父が母と勘違いし思わず殴ってしまったそうだ
    父は飲み会帰りでかなり酔っていたことと、母の不倫に気づき悩んでいたことが重なって、そういう行動に出てしまったらしい
    ちなみに母はそのとき、叔母に私達兄弟を預けて不倫相手に会いに行っていたんだと…
    よく見もせずに酔った勢いで人を殴る父も父だし、母の不倫を知っていながら黙って私達を預かって、結果的に不倫の手助けをしていた叔母も叔母だし、そもそも不倫なんかする母も母だ

    そんなことが自分の家で起こっていたことも衝撃だったし、幼かったとはいえ自分がほとんど何も覚えていないことも衝撃だった

    373 :名無しさん@おーぷん
    私が小学1年生の頃、母が出ていった。私は母が制服着た男の子と(たぶん高校生)と浮気しているのを知っていたので、母に不信感を常に持っていた。
    父は「どうして学生なんかと・・・」と涙していた。私を抱きしめ、「母ちゃんがいなくても、お前は立派な人間に育てるからな。楽しい所も連れていってやるからな。」と言ってくれた。

    私は21歳のときに結婚し、その二年後に父が死去。32歳のときにマイホームを建てた。このときまだ子供はいない。
    そんなときに母が私に接触してきた。どこからどのように情報を仕入れたかわからないが、マイホームに凸。
    旦那は困惑、私は激怒。だって、浮気相手の高校生の両親に無理矢理別れさせられ、勤め先の上司の息子に手を出し解雇、その後介護職に就いたが、鬱病を発症して仕事をしていないから養えだと。
    その日はとりあえずお引き取り頂いた。

    6 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/22(日) 04:51:59.87 ID:c7Y6S/hM0.net
    ネグレクト気味でほとんどを祖父母の家で過ごした幼少期
    共働きで母親だけが家にいるときは大体癇癪をおこしてサンドバッグにされていた
    中でもよくされたのが事故にみせかけて階段から突き落とすというもの
    当時は小学校低学年で体重もあまりなかったため軽傷だったが、今でも階段はなにかに捕まらないと恐くてのぼりおりできない
    なので、復讐として夏休みの絵日記と称して暴行を受けた記録をかいて提出した
    その後も中学を卒業するまでずっと暴行を受けた記録を作文やらなにやらで提出し続けた
    授業参観など来たことがない親だったので、知る由もないが、周りの家庭からはドン引きされていた
    復讐というよりは自爆テロみたいなもんですね

    365 :名無しさん@おーぷん
    小学生の時に田舎の祖父の家に夏休み遊びに行って、熱射病になった。

    庭で遊んでたら急に汗がザーッとひいて、目眩みたいな感じで、頭痛も始まり気持ちが悪くなった。

    家の中に居た祖母と母に「気持ちが悪い」と訴えると二人とも「食べすぎだよ!」と叫んで、体を冷やさずに寝てなさい!と、クーラー切った部屋で毛布までかけられて寝かされた。

    気持ち悪いのに水分摂るなんてとんでもない!
    寒気がしてきた?風邪よ!(布団を追加される)

    結局三日くらいふらつきながら病院行くこともなく、なんとか自力で治った。

    運動部とかじゃなかったから気がつかなかったけど、大人になってからアレは熱射病?と思うように、なった。

    薬局に就職して知識は身に付いたけど、いまだに母と祖母は「風邪や下痢の時は水分摂ってはダメ」教信者。

    このページのトップヘ