正社員

    821 :名無しさん@おーぷん 2017/09/14(木) 11:42:41 ID:HjT
    職場であったなりすまし?すりかえ?事件。
    30代半ばの男性Aが、うちの部署に中途入社してきた。
    私は当時31才で、そこの部署では6年くらいやっていた頃。
    私以外20代前半か40代後半以上しかいなかったから、年の近い人がやっと来てくれたと喜んでいた。
    自然と話す機会も増えて、ランチいったり仕事帰りに飲んだり、同僚としては仲の良い部類だったと思う。
    そしてAはどんなに残業しても飲んでも翌朝は早く来て仕事をバリバリやっていて、上司からも同僚からもかなり重宝されていた。
    一年以上たって、ちょっと大事な話があると仕事後に呼ばれた。
    いつもは一緒に会社を出て店まで行くけど、その日は何時にどこの店でと個室のついたちょっと静かな居酒屋を指定された。
    告白か?と思い、しばらく彼氏もいなかったし、悪い人じゃないしいいかなぁとか上から目線で思ってちょっとドキドキしていた私。
    待ち合わせ場所にいったら、Aがいて、なんか改まった感じ。
    年齢も年齢だし、結婚前提とか言われたらどうしようとかこのときも考えていたバカな私。
    もうわかってると思うけど、と切り出したところでAと同じ顔の男性が現れた。
    本当に髪型もほくろの位置も同じで、目がおかしくなったのかと思うくらい同じだった。
    そこで言われたのが、実はAは双子で、今まで会社にはAと弟のBで代わる代わる行っていた。
    常にボイスレコーダーを携帯して、引き継ぎをしていたから気づかれていないと思った。
    が、実はお前は気づいているよな?お願い黙っていてとのことだった。
    二人で共通の夢があり、それでも生活費のためには稼がなければいけない、アルバイトは賃金も安く効率が悪いから正社員になりたいが、二人の夢なので二人とも正社員になるのは無理だし、
    片方が正社員になるのも嫌だ、じゃあ半分ずつ負担しようということで、Aの名前で就職し、AとB交代で出勤という手を使ったとのこと。
    もしバレたらやめるしかないと懇願された。
    仕事には迷惑をかけていないし、それどころか実績も出している、むしろ辞められるのは会社も困ると思う。
    でもAとB二人で一人分として就労ってありなのか…?でも二人分給料ほしいとかいってるんじゃないし…とわけがわからなくなり、私は気づいてなかった、なにも聞かないことにするとしか言えなかった。
    その後は今日はAとBどちらなんだろう?となんだか怖くなってしまい、疎遠に。
    その後わりとすぐ、Aは退職した。
    ばれたのか、関係ないのかはわからない。
    でも今でもたまに、いろんな人を見て、この人は本当に一人か?と思ってしまう。

    105 :名無しさん@おーぷん 2018/05/12(土) 13:17:05 ID:wYd
    今月から職場に新人が2人配属されて、リーダーのAさんがまとめて指導してるんだけど
    このAさん、すごく無愛想でぶっきらぼうで教え方が上手いとはお世辞にも言えない人

    例えば新人が資材や道具の置き場をまだ覚えきれてなくて、棚の前でほんのちょっと迷っただけで
    「○○は上の段の左端。この前言ったでしょう」
    教えてからまだ2回目3回目くらいの作業で一瞬でも手間取ったり間違えたりしたら
    「そうじゃない」「これはこうやるって言ったよね?何でできないの?」
    間違ったことは言わないし怒鳴ったりはしないものの、新人に教わった事を思い出す時間を与えないし
    ミスする→自分でミスに気付いてやり直すってステップも許さないしで
    傍で見ててもこれはちょっと・・・って感じ
    あと新人が作業だけに集中できるように材料の補充は他の人がやってあげてて
    みんな「これ次に使ってね」とか「ここに置いておくね」って一声かけてるんだけど
    Aさんは無言で材料置いていって、新人が手元に集中してて気付かないとわざとらしくため息ついたりしてる

    新人達は「Aさんはなんか怖い」って完全に引いちゃってる
    うち1人は私が見る限り、ずっと見張られたり即座に口出しされたりすると緊張で萎縮しちゃって
    できることも上手くできなくなるタイプっぽくて、既に辞めたいオーラが出始めてる
    私や他の同僚達で相談に乗ってあげたり、出来るかぎりフォローはしてるけど
    Aさんはこの部署で唯一の正社員で最年長ということもあって、Aさんに何か言うってのは難しい
    Aさんの上の上司は滅多に顔を出さず、先輩の話では現場の事も生産数と時間効率しか気にしてないそうで
    この上司に言っても何も改善しないだろうとのこと

    どうしたものかなと思ってたら、昨日Aさんとたまたま2人になった時に新人指導のことでぼやかれた
    自分が新人達から敬遠されてる自覚はあって、他課の同期の人に相談したりして悩んでるそうなんだけど
    「若い子の指導って難しいわ、どうしたらいい?」って派遣の下っ端の私にきかれても困る
    注意の仕方をもう少し柔らかくしてみたらどうか、今のAさんの言い方だと新人さんは責められてると感じると思う
    ってなことをやんわり言ったら「別に責めてなんかいないけど!」ってムッとされた
    私が入った時は、今は別事業所のトップになってる人がすごく良い指導をしてくれてたから
    「その人に相談されてはどうですか~?」って言って逃げたけど
    来週出社するの気が重いわ

    5 :名無しさん@HOME 2010/10/06(水) 11:01:06 0
    妊娠して、子供が小さいうちは専業になることを決めた。
    小姑に「専業pgr」を散々された。

    下の子が幼稚園に入って時間に少し余裕が出来て、資格の勉強を始めた。
    2年かけてなんとか受かった。
    小姑に「無駄な努力pgr」を散々された。

    下の子が小学校に入って派遣を始めた。
    家庭に影響があまり出ないよう、週3~4日の残業なしで探したので苦労した。
    小姑に「非正規雇用pgr」を散々された。

    子供たちも夫も私も、私が働くことに慣れたので、正社員の誘いを受けることにした。
    小姑に「育児・家庭放棄pgr」を散々された。


    思わず笑い出してしまった。
    本当に何にでも文句つけるんですね、どういう状態ならお気に召すんですか?って、
    たぶんものすごく気に障るようなバカにした聞き方をしてしまったと思う。
    そのものの言い方に自分でも驚いたんだけど、なんだか止まらなくなった。
    私が出産して育児して、一応勉強して、派遣して、正社員になって、その間あなた何してたんですか?
    って続けちゃった。
    (小姑は正社員だけど新卒時からずっと年収250万くらいらしく、義実家に経済的に頼りきり。独身)
    返事はなく睨まれたけど、目を逸らさないでいたら小姑は無言のまま去っていった。
    なんかもう怖いものはない気分。
    でもいつも「か弱い妻を守らねば!」で燃えてる夫にはナイショにしておこうw

    827 :名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金) 12:14:52 ID:xj6
    会社の昼休みにて。
    まわりのデスクの子たちと、新しくできたお店にランチに行こうと先週から約束していた。
    「なに食べよう~」「××がおいしいんだって」と話していたら
    同僚の男性が
    「亭主が働いてるのに、女房は優雅にランチかあ~」
    とイヤミっぽく言って去っていった。
    皆ポカーン。

    いや私たちも働いてるし、だから今会社にいるわけだし
    同僚なんだから貴方もそれ知ってるよね?
    それに亭主だって昼休み働き通しじゃなく、普通にごはん食べるよ?と
    皆頭の中が「????」になってしまった。

    第一皆、自分が稼いだお金でランチ代を払っているのに
    彼の脳内で、どういう理屈になっているのか謎。
    ちなみに登場人物は全員、正社員です。

    906 :名無しさん@おーぷん
    ちょっと長いけど投下させてください

    私は短大を出て入社した会社で事務をしてきた
    異動もなく、勤務先近くに引越して長年働いて、その間、結婚し妊娠した
    事務の私以外は全員男性の営業マンという支社だった

    安定期に入った時点で、仲の良い上司(支社長)に相談し
    社内は男性ばかりで独身男性も多いので、
    お腹が目立ってきたらみんなに報告しようということになった

    6カ月になった頃、朝礼で発表した
    既婚者にいイクメンが多かったので、マタハラもなく祝福された
    私の産休期間は派遣社員さんを雇うことになった

    そして発表した翌日、Aさんという独身男性社員が欠勤した
    Aさんを駅で見たという人がいたので、
    会社のすぐ近くまで来て体調を崩したんだろうと推測した
    そしてAさんはその後一週間以上欠勤した

    Aさんは40歳前後のベテラン社員
    Aさんが長期で休むと、支社の業務に支障が出てきた
    支社長がAさんに連絡し、個人的に喫茶店で話して、
    驚きの欠勤理由が明らかになった
    Aさんの欠勤理由は、私の妊娠だった

    このページのトップヘ