欲情

    343 :名無しさん@おーぷん 2016/03/22(火) 18:49:55 ID:aPl
    私にとって衝撃だった体験。
    長く付き合っていてこの人と結婚しようと決めた人がいたのに、他に好きな人ができたこと。
    しかも好きになり方が、 におい だった。
    仕事中、なんとも官能的なにおいがしてふりむくとある同僚A。
    このにおい好き☆なんて可愛いものではなく、脳髄と下半身(下品ですみません)に直撃するもので、においを嗅ぐだけではっきりと慾情した。
    ちなみに、性格や顔、体などがさほど好みというわけでもない。(好きになった後好きになったけど)むしろ前彼の方が長身男前だった。

    忘れようとしても、Aといちゃつく夢を頻繁に見、冷めるポイントを探しても見つからない。むしろ性格や価値観に共通点が多く、どんどん好きになった。
    さらに、もともと淡白で生欲がほぼない人間だったのに、ムラムラして夜に一人でするようになった。恋人とするときも、最低だけどAのことが浮かんだ。

    なんだかんだあって距離を置いたけど、街中で会う予感がして実際にばったり会ったり連絡ないかなと思った日に連絡がきたり()

    567 :名無しさん@おーぷん
    昔、なんてのか忘れたけど兄妹の禁断の愛をテーマにしたアニメ(もしかしたらドラマだったかも)を姉と一緒に見てた時、
    「幼い頃から一緒だった身内に恋愛(欲情)できるのか?」っていう話になった。
    俺が「ねーちゃんに欲情するとか絶対にありえない」って言ったら、姉が「私結構脱いだらすごいのよ」と譲らず、
    いきなり「じゃあ姉のネ果見て欲情したら貯金半分渡せよ」と言い出して本当に脱いでしまった。

    俺は当時20才にして童貞で、ネットが普及していなかった当時、女のネ果はエ□雑誌でしか見たことなくて
    相手が姉であったとしても、期待してなかったと言えば嘘になる。
    だけど実際初めて目にした29歳の女のネ果は予想よりも綺麗じゃなくて(修正してないんだから当たり前)
    Hカップの胸も、目の前にあると「ぼるん」って感じの肉の塊にしか見えなくて気持ち悪かった。
    腹回りの肉にパンツが食い込んでたり。
    なんで性行為をするとき部屋を暗くするかわかった気がする。
    見てるうちに気持ち悪くなってその場で吐いた。
    ちなみに姉は普段から酒癖が悪いんだけど、このときも泥酔してた。
    吐いた俺を指さして笑ったあと寝てしまい、翌日も何事もなかったようにふるまってたから、多分記憶なくしてる。

    その後、俺は完全な女性恐怖症(正確にはネ果体恐怖症?)になってしまった。
    どんなに綺麗にしてても、服の下は肉の塊なんだと思うと気持ち悪くてたまらない。
    何故か当時「女嫌いは自動的にゲイになる」と思い込んでビビってたんだけど、幸いにして男には走らなかった。
    性欲はなくならなかったが、対象が生身の女から二次元に移った。
    そこから派生して、ドールやフィギュアを集めたりしてたんだけど、そのうち作る方にハマった。

    あるとき、ドール関係で知り合った女性が俺に好意を持ってくれたんだけど、無理だから断った。
    だけどこのままじゃいかんという危機感がこのとき出てきて、会社の産業医の紹介でカウンセリングに通い始めた。
    治療してる最中ドール製作のほうはお休みしてたんだが、その女性が「どうされたんですか」と連絡してきてくれたので
    「こういった事情で」と正直に話したんだけど、何故かその後からちょいちょい会いに来てくれるようになった。

    5年たったある日、何故か「今日はなんか行けるかも」と思ったので、「キスさせてください」と頼み込んでキスしたら
    全然平気だった。むしろ興奮した。
    そのまま押し倒して脱がしてみたんだけど、姉と大して変わらない肉付きなのに全然気持ち悪くなかった。
    というかずげー綺麗だなーと思って、30歳手前にしてようやく脱童貞。
    ここまで支えてくれた感謝とか愛情とか色んな感情が一気にわいてきて、その場でプロポーズして、半年後に入籍。


    先月が結婚から6年目の記念日だったんだけど、今日、ついさっき離婚届出してきました。
    不倫してたんだって。
    男から150万もらって、嫁には財産分与放棄して出て言ってもらったけど、なんか全然嬉しくない。
    俺の嫁は国産5ナンバーと同じ価格帯だったのかよと。
    「すみませんでした。2人で幸せになりますから許してください」ってなんだろうね。
    不幸になるから許してくださいの間違えじゃねーの?
    なんか今度こそ立ち直れる気がしない。

    このページのトップヘ