742 :名無しの心子知らず 2010/09/16(木) 15:30:17 ID:uyh8plZF
    ありがとうございます。
    結構、長文。すみませぬ。

    今から二年程前、結婚して十年目の頃、私達夫婦に中々子供は授からずにいた。
    元々焦りは有ったが、その頃から年齢的な焦りが強くなり、
    その前から病院には行っていたが、この商品はいい、こうすると授かる、みたいな口コミ等は統べて試し、全滅。
    子供好きな旦那への罪悪感、親戚家族のプレッシャー、虐待ニュース等で鬱になった。

    鬱になって半年位経過、本屋でベビー手編みの本を見つけ、その近くの手芸屋で毛糸や道具を衝動買い。
    子供を迎える準備が出来てたら来てくれるかも知れない。

    おかしいと言われるかも知れないが、結構本気で編物を開始。

    せっせと編む内に、編物にはまり、ベビー関係以外の色んな物を編みはじめ、鬱も回復。
    鬱中、フォローしてくれた旦那を一番大切にしようという気持ちが芽生え、子供への想いも大分楽になった。

    ベビー用品の作品は、可愛いベビー用のケープやら帽子やら。
    苺やさくらんぼなどのモチーフなどつけたりして結構可愛く作れたつもり。

    お気に入りを自宅にあった白いクマのぬいぐるみ様にずっと着せて、後は大切にしまいました。

    104 :名無しさん@HOME 2017/12/07(木) 10:10:03 0.net
    義兄夫婦が離婚するに当り、自閉症の子供を捨てた。
    育てにくい子で義兄嫁は育児に疲れ果てていた。
    義兄は多忙をいいわけに一切育児に参加せず。
    三歳で知的障害を伴う自閉症と確定されて、義兄嫁に鬱病の診断がおりた。
    そして育児放棄をはじめた。
    子供が家から出て、さまよって保護されたことも数回あった。
    誰が通報したかわからないが、児童相談所が入って
    育児に適さないってことで、甥は施設に保護された。
    保護されたら光の速さで義兄夫婦は離婚した。
    二人は親権放棄したそうだよ。
    周りは障害児のたいへんな育児に疲れてた。
    気の毒だ。しょうがないね。と義兄嫁に同情的。

    最近さるところで元義兄嫁に遭遇した。
    我が家は子供がいない。元義兄嫁に自閉症は男性の遺伝だと
    言われている。子供はこの先も作らない方がいいよと言われた。
    そして声を潜めて、実は計画的に育児放棄した。
    愛情も無くなった男(義兄)の子供なのも嫌だし
    自閉症の子供を育てるのも嫌。たった一度の人生を犠牲にしたくない。
    そう思って鬱の振りをした。上手くいって親権放棄もできた。
    そう言ってにっこり笑って、あなたも子供はよく考えた方がいいよと言った。

    児童相談所が入ったときに、義両親もまだ50代だったし
    義両親か子供のいない我が家に引き取れないかと児童相談所から言われた。
    でも重度の自閉症で知的障害もある子を引き取る勇気は義両親も私達もなかった。
    元義兄嫁を責める資格はないなと思った。

    362 :本当にあった怖い名無し 2012/07/29(日) 17:22:34 ID:bfNQ78/s0
    自分も欝の“友人”を「頑張ろうよ!」と励まし続けてボロボロにしたよ。

    そいつとは長い付き合いだったんだけど、実はそいつには“親友”がいて
    私を二人で馬鹿にしまくってた。
    中学の時は秘密の打ち明け合いをやろうって言ってきて、私の秘密(身体的
    な●形)を聞き出したあと、どうでもよさげな事を打ち明けて、後で私の
    秘密を“親友”とやらにバラした。
    “親友”は別のいじめっ子に「体育の時に見たんだけど」とバラし、私は
    それをネタに徹底的にからかわれて登校拒否までした。

    高校の時はそいつが私に親身に接してきて悩みを聞き出し、“親友”経由で
    こっそり周りに広めまくった。
    恋愛絡みだったんだけど、嘘も織り交ぜてて(私が腐女子で男の子同士の
    カップリングを楽しんでる等。“友人”が腐女子だったので思いついたん
    だろう)、一部の男子からかなり酷い扱いを受けるようになった。
    そしてそれで悩んでる私に「私が打ち消してあげるから任せて!」と行動を
    制限させて状況を悪化させまくった。
    挙げ句の果てに、「告白して状況を打開しよう!誤解もきっと解けるよ!」
    と私に告白させ、もちろん玉砕した。
    後で知ったがその彼には“親友”経由で付きあっている子がいて、そこから
    私の事が無いこと無いこと吹きこまれていたらしい。

    このページのトップヘ