189 :おさかなくわえた名無しさん 2009/08/05(水) 11:51:06 ID:MeMrsFVI
祖母のお葬式の時、
棺桶で寝ている祖母に花を手向けようと、棺桶の足元から近づいた瞬間、
手前2メートルくらいでつまづき、足がもつれたまま体勢を整える事が出来ず、棺桶の上に倒れ込みそうになった。
とっさに祖母に手を突くのだけは避けようと、手を広げて棺桶の両横板の上に片手ずつつき、
ちょうど祖母の上で腕立て伏せをするような体勢に。
その瞬間、ベリメリッという音とともに横板が両方とも、バラけてしまったではないですか。
もう家族・葬式業者ともども大慌てで、葬式まで時間がないから新しい箱は用意できず、
「とりあえずガムテープ用意しろ」
「ガムテープはないだろ、釘は無いのか」
「金属は焼いた時残るので困ります」
「ロープで縛れ」
「見た目がガムテープより悪いだろ」
「どうせすぐ焼くし」
「花で隠せ」
などと慌てふためく中、なるべく邪魔にならないように端っこで土下座してました。
結局、棺桶は裏側からガムテープで止め、式の間、寄り添う風に見せかけ支え、運ぶ際は家族が必タヒの形相で抑え合い、なんとか無事に終了。
息の合った家族の連携プレーに、きっとお婆ちゃんも喜んでると思う。
いや本当にごめんなさい。