76 :名無しさん@おーぷん 2018/01/09(火) 13:18:06 ID:s6P
無類の爬虫類好きな私。
小学1年生の頃、母に、下校時に見つけたきれいな蛇の脱け殻をおみやげと言って差し出した瞬間、顔の横をアイロンが高速通過し背後のガラス戸をぶち割った。
私はガラスの割れる音にびっくりして大泣き。ハッとした母にああぁぁごめんねごめんねと抱っこされ慰められた。

その後、蛇やトカゲはみんなが好きなわけではない、むしろ嫌いな人が多いからお友達に同じようなことしちゃダメだと諭されて衝撃で頭の中真っ白に。
うそだ!蛇もトカゲもこんなに可愛いのにそんなわけがない、と図鑑を見せながら熱弁するも理解を得られず。
納得できなかった私は次の日その蛇の脱け殻を持って学校へ。担任の教卓に自慢げに置いて見せた瞬間、悲鳴をあげられ、捨ててきなさい!!と大声で怒鳴られた。衝撃と恥ずかしさで泣きながら中庭の草むらに捨てた。
私の気持ちを誰にも理解してもらえなかったのがあの頃は衝撃だった。

ただクラスメイトの1人が惜しみながら一緒に捨てに行ってくれたのが救いだった。
その子に、蛇の脱け殻は財布に入れるとお金持ちになるんだ、とその時教えてもらったのも衝撃的だったw