感謝

    481 :名無しさん@おーぷん 2020/06/21(日) 08:22:49 ID:we.j8.L7
    結婚して10年記念に、旦那がダイヤの指輪を買ってくれた
    「なんでこんなに嫁が大好きなんだろう」と幸せそうにしみじみ言っていたけど
    多分それは私が独身時代にしてきた悪行のせいだと思う

    アスペ気味(当時はそんな言葉も知らず)で友人からも常に嫌われがちで、
    努力しても努力しても人間関係がうまくいかない
    友人より進んだ人間関係である恋人など一生持てないのではないかと焦った私は
    大学に入った18の時にスナックでバイトを始めた
    男女の関係を知るために荒療治したかったから
    そこでも空気が読めず一部のお客様にはタヒぬほど嫌われてヘルプでも席に着かせるなと言われたりした
    でもとある客に気に入られて付き合うようになった
    その客は新人食いの常習者で、私より年上の娘3人がいるおじさん
    スナック内でも立場がなかった私が、ママに
    「〇〇さんの彼女になれてよかったわね、すごいわ、毎日お店に連れてきてね」
    と煽てられてその気になってしまった
    初めての色恋にどハマりしたけど、その時に男の性.欲の強さや、不倫する男がどれだけ妻を裏で蔑ろにこき下ろしてるか
    男の人がどれだけズルくて体だけが目的で何でもできてしまうか身をもって知った
    皆がそうと言う訳ではないけど、実の父親さえわずかに垣間見せてきた男の性と行動原理がやっと理解できた
    20代になって結婚前提に付き合った男が見事なモラハラ男で
    1年間その対応策や自己愛、人格障/害について研究しまくったり
    彼女がいるけど口説かれて話だけきいていた男性が自杀殳してしまったり
    そんな経験から、
    「人を思いやれる人はすごく貴重な存在」
    「大事な人なら生きてるだけでありがたい、例え自分とうまくいかなくて離別しても、この世に存在するだけでいい」
    と思うようになった
    何でもない事でも思いやりには全て感謝して、でも加虐に繋がらない線引きをしっかりして、
    男の本能的なものを全部受け入れて、でも飽きられないよう努力して
    喧嘩しても嫌われて別れたとしてもあなたが生きててくれたらそれでいいというスタンスでいる
    そういうことの積み重ねが旦那の恋愛的な好意を繋いでいるのかなと思う
    スナックでの経験から男女関係に潔癖になったのも旦那としては安心できる要素らしい
    ちなみに18で不倫してたことやスナックで働いていた事とその理由も簡単に説明してる
    普通の人ならそんな経験せずに当たり前に理解できることが私にはできなかった

    427 :おさかなくわえた名無しさん 2017/12/06(水) 09:33:12 ID:n/phRqxs.net
    震災にあったとき、市役所に避難してた。
    道も壊れてしまっている中でとにかくいち早くと翌日すぐに駆けつけてくれた近隣県の水道局の方達がいて、
    思い出すだけで泣けてくるんだけど、その人たちは急いできたからと私たちにすみませんすみませんと何度も謝りながら飲料水にはできない水を供給してくれていた。
    当時とにかく水に困っていたし、とにかく水が欲しかった私としては有り難かった。
    何よりも駆けつけてくれた気持ちがうれしかった。
    ここからが神経わからん話なんだけど、
    自分たちがもらう番になったとき60代くらいのおじさんが突然割り込んできて職員さんたちに「飲料水じゃないのか!だったら来るな!帰れ!飲料水をもってこい!」と怒鳴りつけていった。
    職員さんたちは「本当にすみません。手洗いなどには使えるので必要な方はどうぞ」とずっと謝っていた。
    自分が求めるものじゃなかったからって罵倒していく神経がわからん。
    ずっと謝り倒している職員さんが不憫思えて泣けて来て、職員さんたちに謝らないでくださいと、ありがとうございますと言ってもらってきた。
    さらに翌日、その職員さんたちが「このお水は飲めますよ!」と私たちに声かけてくれていろいろと泣きそうになった。
    あの職員さんは今も元気だろうか。
    震災にあった家をこの度引っ越すことになったので記念にカキコ。

    745 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/24(火) 02:32:05 ID:Rh3lPOWm.net
    眠れないので書き逃げ。長文注意。もしかしたらよくあるかもしれない黒い話。
    結婚して12年目に夫に浮気された。
    それまでは喧嘩もそこそこするけど、楽しくて笑いの絶えない家庭だと思っていたのでビックリした。
    あなたはどうしたいの?と聞いたら、夫は「やっぱりお前と子供達が一番大事。離婚はしたくない」と言ってきた。
    実は私達夫婦は結婚前、浮気をしたら即離婚という約束をしていたので、夫は内心かなり動揺していた模様。
    しかし私は再構築を選んだ。
    その後も、そのことを特に蒸し返したりせず、いつも通り明るく笑顔で夫に接し、
    夫も私の態度を見て思い直したのか、浮気相手とはきっぱり別れて以前よりいっそう夫婦円満になった。
    照れ屋で中々素直に愛情表現してくれない人だった夫が、私の誕生日や結婚記念日などに手紙をくれるようになった。
    そのほかにも、二人で寝室で寝る前にぎこちなく「愛してるよ」と言ってくれたり、
    たまの休みにデートに連れて行ってくれたり、夫なりの精一杯、一生懸命の愛情を示してくれていた。
    20年目の結婚記念日には、「お前に悲しい思いをさせたこともあったけど、俺はお前と結婚して本当によかった。
    ありがとう、心底愛している」とも言ってくれた。

    835 :名無しさん@おーぷん 2016/11/06(日) 10:37:09 ID:CJW
    大学で口がキツい指導教官がいた。
    そいつに「おい舌打ちすんな」と言われた。
    自分じゃ舌打ちしてる自覚がなくて、チッと口を鳴らす感覚が気持ちいい?から
    別に不愉快じゃない時でもなんとなくチッチッってしてた(んだと思う)。
    「別に怒ってるわけじゃないです」と反論したんだが
    「お前の気持ちなんかどうでもいい、こっちが不愉快だからやめろ」と言われた。
    それ以来自分が舌打ちしてるかが気になってたまらなくなって
    舌打ちするたび「あ、俺今舌打ちしたな」って思うようになり、
    なんとなく回数が減った。
    指導教官はその後もうるさかった。
    「聞こえてるくせに「は?」って何回も訊き返すのやめろ」とか
    「食ってる時ハシをカチカチ鳴らすな」と言われた。
    どっちも無自覚にやっている事だったのでカチンときた。
    言われてから気づいたが、俺は「は?」と訊き返してる間に返事を考える癖があった。
    ハシをカチカチは単に音が好きだから。
    と反論すると「せめて「ごめん、聞こえなかったからもう一回言って」と言え」
    「おまえがその音を好きでも周囲は嫌なんだよ」と叱られた。
    うざいので言うとおりにした。
    あと「人を見る時横目で見るんじゃなく顔を向けろ」
    「人前で靴下脱いで足の指を掻くな」
    色々言われた。
    衝撃だったのは教官がうざいから従っているだけだったのに話しかけてくるやつが増えたこと。
    今は当然だとわかるが当時は衝撃だった。
    俺はとにかくしつけのなっていないやつだった。勉強さえできりゃいいって親だったから。
    今でもたぶんしつけはなっていないが、大分マシな人間にしてもらった。

    41 :おさかなくわえた名無しさん 2018/08/31(金) 11:08:43 ID:K4h9woDk.net
    兄からずっとデブとか豚とか言われて、私太っているんだなって小さい頃からずっと思っていた。小学生のときとかにちょっとダイエットっぽいこと(間食なしご飯少なめ)したら、「デブのくせに無理して笑」とか笑われた。
    大学になって遠方に一人暮らしして、減塩メニューとか健康的な食事に気を付けて、ささやかな運動(チャリ通や6階だろうが階段)もしていた。
    ある日友達の会話で、「私太っているからー笑」って笑いを取ろうとしたら、友達から「あなたは太ってない、むしろ痩せ過ぎ」と叱られた。
    健康診断もその子と一緒に受けたけど、ウエストサイズとか体重とかも言われて、160で40キロ代は数値的にも太っていないことを証明された。
    それからというもの、今までダボっとした体型が隠れる服装をしていたけど、スキニーとか足の形が出る服を着たら結構褒められた。というか、腕時計やウエストのベルトもほぼ小さい方に締めていたのに気が付かなかったのかと言われて恥ずかしかった。
    この間、帰省して兄から「デブが無理してそんな服着て笑」って言われたけど、「私がデブなら世の中の女は大抵デブになる。頭大丈夫?」って友達に言われたことを言い返した。
    二次元の女の子の身長体重が現実の女に当てはまると思っていた兄も、思い込みでずっと太っていると思っていた自分がスレタイ。今では服装を考えるのが楽しくて、友達には感謝しかない。

    このページのトップヘ