意識不明

    550 :名無しさん@HOME 2017/01/24(火) 01:40:25 0.net
    25歳の頃、繁華顔を普通に歩いていて転んだ
    「アイタタ」と思って目を開けたら病院のベッドで寝ていた
    気づいたら身体が動かないし声も出ない
    私はパニクってしまったが、どこかで「転んで気絶して病院」と思ってはいた
    看護師がきて「あ!」と一言だけ言って部屋を駆け足で去っていった
    5分もしないうちに医者や他の看護師も3人ほど駆けつけてきた
    医者の話だと私は2年意識がなく遷延性意識障害と診断され
    この病院に移されたそうです。そこは私が住むところから車で5時間かかるところでした

    私は転んで後頭部を打ち気絶
    脳内出血で手術をしたが意識戻らず
    3ヶ月目で遷延性意識障害と診断され親戚(両親は鬼籍)に延命処置か安楽タヒか選択したら
    みんなが諦めて安楽タヒを選択したら妹だけが猛反対し延命処置になった
    これを聞いた時が自分の中の修羅場だった

    そして2年間妹が婚約者との縁談を断り私の介護をし続けていた
    妹は会社を辞めこの病院の食堂と清掃婦として働いていた
    慰謝からはなしを聞いて妹が駆けつけてきて手を握って「よかった!よかった!」と
    何度も囁いていた
    それからリハビリ受けて半年で退院
    生活に多少師匠はあるが一人で生活できるレベルにはなっていた
    私は妹の元婚約者のところに謝罪しに行った
    元婚約者は「元気になって良かったです」と言うと
    そのあと信じられない事を言った
    「もう一度妹さんにプロポーズします。妹さんを僕に下さい」と
    婚約者はずっと妹を待っていた。影でも妹にわからないように助けていた

    私は即答で「もちろんだ!妹をよろしくお願いします」と返した
    気づいたら号泣していた

    そして先月妹が式を挙げた
    妹は世界一綺麗な花嫁になった

    880 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 15:48:51 ID:SlTp1+WR.net
    中1の5月に事故に遭って、
    目が覚めたら中3の1月末だった時。
    目が覚めてしばらくは話せていたけど、
    今が中3の冬だと聞いたショックで1年程声が出せなくなったこと。

    43 :名無しさん@HOME 2015/07/09(木) 01:47:47 0.net
    義弟嫁、エセ代理ミュンヒハウゼン症候群。

    義弟子は小学校あがる前の女児なんだけど
    物凄いアレもちで、私が知ってるだけでも
    蜂蜜、蕎麦、ピーナッツ、牛乳製品、卵、鶏肉、牛肉、海老蟹貝、米ぬか、マンゴーとかパイナップルとか刺激の強い果物、ハウスダスト、犬猫、
    もっと他にもいっぱいあった
    食べていいのは、豆乳、豆腐、白菜、ほうれん草、キャベツ、りんご、根菜ときのこ、
    そんな子なので保育園にも幼稚園にも行っていない。

    で、数週間前に義弟嫁が事故で入院、短期間だけど意識不明だった。
    子供を預かるのに、義弟はアレルギーを把握してない「嫁の気のせいだから大丈夫」って言ってる
    何に反応するかも解らない、かかりつけの医者も解らないというので、
    病院でテストしてもらったら、  アレルギーなーーーーーーーーーーーーんにもなし
    今時珍しいくらい何に対しても反応なしの子でした。

    義理実家で、何度か食べさせてはいけない食品が食卓にあっただけで(子供には勧めていない)
    「子供が杀殳されるー!」って叫んで大騒ぎ、大暴れた事が何度かあった。
    じゃがいもは大丈夫なのでポテチあたえようとした時も、叫びながら泣いて帰って行ったのは何だったんだよ

    義弟子には「ママががんばってくれたから強い体になったから何を食べても大丈夫だし、ねこちゃんにもわんかんにもさわれるよ」って事は教えた
    でも、何を出しても「ママはいいって言った?」って聞いてくる。
    なんか、ママが怒られないようにびくびくしてる。
    発育が結構遅れてるから、義弟嫁の入院してる病院のケースワーカーさんに相談に乗ってもらってる

    義弟嫁の事はしらない。
    嘘がバレて切れてるらしいけど、嘘を嘘と指摘すると追いつめるから医者にまかせるらしいス。

    534 :名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日) 10:03:09 ID:???
    休憩中に彼女から連絡があった。「入院します。つきましては誠にすみませんが2日分の下着と~…」病院の面会時間はどーだったっけなと取り敢えず後回しにしようとしたら間髪入れずに着信。何だ何だと取り敢えず出る。「私○○病院看護師の~…」彼女が急変で意識失ったという連絡だった。慌てて上司に早退を申し出て病院に向かうと酸素マスク付けられてる彼女。もうショックで看護師や医師の説明なんて聞こえない。親御さんは飛行機の距離。あと何時間1人で彼女のこんな姿見りゃいいのかと気が狂いそうだった。
    2日くらい前から腰が痛い、熱が下がらないと言いつつ病院はまだ早いかなと解熱剤飲んで耐えてた。彼女後輩でまだ学生してるんだが、バイトも行ってた。朝、もうどうしようもないからちょっと病院行くって言ってた。体が弱くてしょっちゅう熱を出してたからいつものことだと見送った。もっと早く病院に行かせてればと後悔しまくったよ。このまま意識戻らなかったらと思うと泣けてきた。
    1週間意識戻らなかった。医師も原因が分からないと首を傾げていた。と思ったら彼女起きた。バチっといきなり起きた。ビビった。ぼーっとしてもいなくて、カスカスの声でいきなり「ポケモン!」って焦ったようにキョロキョロしだした。感動の目覚めとかじゃなくて、普通の寝起きみたいだった。親御さんも俺も涙なんか引っ込んだ。聞けば彼女はずっと暖かくて気持ちよいとこにいて、眠たいなと思っていたけど夜のアニメのポケモンを録画したか不安でこのまま寝るわけにはいかんと気合いで起きたら、大変な状況になってたらしい。それ聞いて腰が抜けた。さすがに1週間も意識不明だったからか飯も食えず点滴だけだったんだけど、それにも文句付けるくらい元気だった。いきなり元気になった。手も足も痺れてはいたが、口だけは細々した声の癖に一丁前で呆れた。そしてもう暫く入院して退院。夏休みにもろかぶりだったことが幸いして留年は免れた。
    そんな彼女は今もポケモンに夢中。俺も親御さんもいいとしこいて辞めろと言いたいが彼女をタヒの淵から救ったのがポケモンなだけに何も言えない。そして毎週録画にしたら、もしまた同じことがおきたときに安心してタヒなれそうで出来ない俺は多分ヘタレ。黄色いネズミのぬいぐるみが部屋を侵食しているが何も言えん。

    このページのトップヘ