40 :名無しさん@おーぷん 2014/10/29(水) 23:42:35 ID:x8NQkShwl
    もう時効だから書く。修羅場は私が中2のときに起こった。
    その日は友達との約束の時間に遅れそうで焦ってた。
    急いで着替えてMDプレイヤーのヘッドホンを着けて待ち合わせまで全力疾走した。
    家を出たところで隣に住む幼馴染みとすれ違ったんだけど、すれ違ったあとで幼馴染みが何か言いながら追いかけてくる。
    運動神経自慢の私に対して幼馴染みは大の運動音痴。追い付くはずもないんだけど、なんだろうと立ち止まった。
    大きなお腹を揺らして一生懸命よたよた駆けてくる彼の様子を見守ってたら唐突に気付いた。
    私はズボンを穿いてなかった。
    気付いた瞬間すべてが終わったと感じて呆然とした。今さら隠してもムダだったけど
    追い付いた幼馴染みが私の腰に自分のシャツを巻いてくれた。
    恥ずかしさが限界を超えて彼にしがみついて「ごめんね汚いもの見せてごめんね」と泣きながら謝り続けて
    彼は「全然汚くないよ。きれいだよ。むしろ見ちゃってごめんね」と励ましてくれた。

    彼は今では私の旦那ですと言いたいけれど、幼馴染みは初恋相手と結ばれて結婚までしてしまった。
    正直応援したことを少し後悔した。

    539 :名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木) 08:41:17 ID:vEA
    理不尽だし100年の恋でもないんだけど、

    ファミレスに行った時の話。
    自分の席から少し離れたところに同じくらいの歳の男の子二人が居て、片方の人が結構好みだった。
    んで、トイレに席をたった時に彼らのテーブルの横を通るから、高めのヒールを履いていたので、綺麗な歩き方を意識してツカツカ歩いてみた。
    しかし雪も降る季節で、店内の床が滑りやすくなっており、歩いてる途中でツルっといってしまった。
    持ち前の運動神経で彼らの席のテーブルを両手でバンっと叩いて転ばずに済んだが(ドラマとかで教師が怒る時とかにする感じ)、足はまだ不安定で数秒の間バタ足するようにツルツル滑らせてた。
    もちろん平静を装うために真顔。
    5秒もなかったと思うが、突然思いっきり机を叩かれて真顔でバタ足してる女が現れた彼らはかなりビビってたと思う。
    体制を立て直した私は、無表情のままトイレに行き、トイレの中でいっそ自分も流してくれ…と思った。
    にしても、大丈夫?の一言もないなんて、全然優しくないし、気もきかない男たちだ。
    当時はそう思うようにしてたが、5年以上たった今でも思い出すと胸が熱くなる…やばい

    586 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/25(水) 21:57:45 ID:lVSEqorx.net
    >>583
    680: 素敵な旦那様 2006/02/03(金) 23:14:37
    何年か前、私はスキンヘッドに憧れていたが、女なので簡単に剃り上げるわけにも行かず 悶々としていた。
    ふと、小学校の頃、ちぎった新聞を水溶き糊にひたし、風船に貼って、張子を作ったのを思い出した。
     
    これでカツラが作れるのではないか、と急にワクワクした私は、善は急げとばかりに文房具屋で糊と風船と半紙(新聞の後、半紙で表面を仕上げる)と絵具を買った。鏡を見ながら頭と同じくらいの大きさまで風船を膨らまし、ちぎった新聞をペタリペタリと風船に貼った。
     
    一層目ではまだまだだった風船カツラが、層を重ねるごとに本格的になり、しっかりとしてある程度の加工に耐えられるレベルになった頃、いよいよだな、と半紙を貼って仕上げに入った。ここまでに半月かかった。
     
    十分乾燥させ、頭の形を想定しながら張子をカットし、絵具で自分の肌の色を観察しながら色を作り、最後にニスを塗ってテカテカにした。完成品をかぶってみたら、多少いびつなでこぼこはあるものの、かなり本気くさいスキン ヘッドが鏡の向こうからこちらを見ていた。
    あんまりうれしくて、写真を何枚も撮り、カツラも捨てるのが惜しくて大事に取っておいた。

    結婚して5年。子供が忘れたはずのカツラをかぶっていた。ぶかぶかだった。
    慌てて自分の部屋へ行くと、夫がカツラの内部に保管していた写真を見て爆笑していた。
    そのまま飛び出して3時間ほど近所の河原を放浪していたら、血相を変えた父親に発見され、家に連れ戻された。玄関でくしゃくしゃな泣き顔の夫が「ごめん、本当にごめん」と謝っていて、蒼白な顔の私の両親が「何があったかしらんが、とにかく話し合いなさい」と言った。

    カツラにまつわる過去の全てが恥ずかしくて飛び出したのに、さらに大事に発展してて全ての事情を説明するのも、その場に存在するのも恥ずかしくてタヒにそうだった。

    282 :可愛い奥様 2012/01/31(火) 18:21:20 ID:1iQ89pDAO
    小学生の頃、礼宮さまご成婚当時に紀子様フィーバーがあって、私は一目惚れ状態で紀子様ファンになった。

    そして、「紀子様と友達になりたい!」という(如何にも子供の発想…orz)気持ちが強すぎて、「紀子様と友達になって仲良くなるには礼宮さまの兄弟と結婚すればいいんだ!」とトンデモ発想をして宮内庁宛てに手紙出した。

    「わたしは皇太子さまが好きです。皇太子さまのお嫁さんになるにはどうしたらいいですか?」みたいな内容(子供なりに、「紀子様と友達になりたいから皇太子さまのお嫁さんにして下さい」と書くのはマイナスだと判断したw)。


    後日、宮内庁から達筆な手紙(返事)が来て親がぶったまげてた。


    中身は「両親・祖父母・先生など、周りの大人の言うことをよく聞いて、お友達を大切にして、勉強や習い事を頑張って下さい、笑顔で明るく元気に挨拶をすることも大切です。
    色々な場所へ公務行くので、食べ物の好き嫌いをなくすことも大事です」とか無難な内容(しかし、「殿下のお嫁さんになれるように頑張って」みたいなのは書かれてなかった)だった。


    手紙もらう=お嫁さんになれる!と勘違いした私は、その日から手紙に書いてあることを実行し、お手振りや会釈、姿勢を正したり歩き方の練習までしてた。



    今思い出すと恥ずかしくてタヒにたくなる……。

    949 :名無しさん@おーぷん 2017/08/21(月) 03:58:00 ID:AuB
    身内の恥な話なんだけど
    妹夫婦が「子供にそうめんを洗わずに食べさせた」という理由で救急車を呼んだ。
    乾麺のままスープに入れて茹でる所を目撃した旦那が
    そうめんは洗って毒を流さないとダメなんだ!と怒ったそうで
    お昼にお味噌汁で茹でたそうめん食べさせちゃったって妹が言ったら
    早く病院行かないとタヒぬ!とか騒いで救急車を呼んだらしい。
    ちなみにこの人達40過ぎてる。本当に意味わからん。

    このページのトップヘ