忘年会

    72 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/15(土) 15:24:40 ID:Af3WWNVi.net
    当時自分が働いてた部署では金曜の夜なんとなく人が集まって飲みに行くことが多かった。
    自由参加だけど、自分は飲むのが嫌いではなかったので大抵参加していた。
    ただ面倒だったのが飲み会の後、帰りの電車が部長と一緒で1時間弱部長の愚痴を聞き続けなければいけないことだった。
    大体会社への愚痴。制度が云々、社宅が云々、給料が云々ととにかく止まらない。
    その中でもひどかったのが役員達への文句。
    あいつら仕事してない、さっさと居なくなれ。
    俺はあいつらの隣で酒を飲んでもお酌しないでずっと隣に座ってやるwどうだかっこいいだろwwなどと誇らしげに言ってきた。
    同意求められても困るので話を逸らそうとしても、さっきの話だがと話を戻される。
    声もでかいし口悪いし車内の人もいい気はしなかったと思う。

    そんなことが続いたある日、新人Aが職場に入ってきた。帰る方向が同じだったため飲み会後の愚痴を聞くメンバーに入った。
    部長は相変わらずだったけど、Aは「へーそうなんですか」と嫌な顔せず聞いていた。
    年末近くになり新人達が幹事で会社全体の忘年会をやることになった。
    もちろん役員も呼ぶことになるが、部長はいつもの愚痴の中でAに、役員のアイツは呼ぶなよとか冗談交じりに言ってた。
    「そういうわけにはいきませんよwwあっでも部長の席からは離しておきますから」とあしらってた。

    885 :おさかなくわえた名無しさん 2011/12/23(金) 01:02:24 ID:0rKwyyW+
    インド料理店で忘年会をした。
    その店はマトンカレーが美味しいので、常のように注文しようとすると
    隣の人に「○○ちゃん、マトンは結構癖あるよ、食べられるの?」と聞かれた。
    美味しいし、好きだからと注文していざ食べようとすると「待って。
    本当に美味しいなら試してみたい。一口ちょうだい。」と言われたので
    快くカレーの中の肉一切れを彼女の取り皿に移してあげたら早速頬張った。
    しかし次の瞬間には「うっぷ、やっぱ駄目だった!」と水をがぶ飲みして流し込んでいた。
    羊肉は好みが別れるからねと慰めれば、こう言われた。
    「高校の修学旅行でラム肉食べたとき、臭いわ固いわでゲロりかけた。
    ○○ちゃんは、これはマトンだけど美味しいと言うから信じて食べたけど
    やっぱり結果は同じ。ラムにしろマトンにしろ、羊肉が美味しいという人の
    味覚は信用ならない!」
    確かに私はグルメなんかじゃないが、味音痴だと大声で言われて凹みまくった。

    5 :名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/03(金) 12:35:34 .net
    過去に「愛してる」と言った(叫んだ?)話でもよかろうか…
    昨日預かりクリーニングから取ってきたコート見て思い出したのだが…

    562 :名無しさん@おーぷん 2018/01/04(木) 17:18:03 ID:kFZ
    12月中旬に職場で忘年会。付き合っている彼氏は余興担当になった。
    みんなそれなりに酒が入ってきた中、にゃんこスターのネタや、先輩が説教をしている中スマホを見る後輩に先輩がビール瓶を振り上げるネタなどで盛り上がった。
    締めの彼が出番のちょっと前に別室へ向かい、戻ってくるとお盆で股間を隠す以外全ネ果でアキラ100%のネタをやると言い出した。
    余興の練習はしていないと聞いていたので心配だったが、案の定ポ□リ。前張りも何もしていないので座敷に女性社員の悲鳴が続いた後、一気に空気が冷え込んで、初めて二次会なしでのお開きになった。
    これだけでも彼に冷めていつ別れを切り出そうかと考えていたのに、本家も同じようにミスした時から「ほら見たか!」と自慢してきたので、「もう無理」とだけLINEを返してブロックした。
    明日が仕事始めだけどなんかもう憂鬱。

    681 :名無しさん@HOME 2007/12/03(月) 09:55:53 0
    昔、忘年会で酔ったふりしてセクハラ上司に「スダレハゲ~みっともね~」等
    頭ぺちぺち叩きながら暴言吐いた事ならある。
    次の日に酔いが覚めたふりをして奥さんのところに行って
    「普段セクハラまがいされて鬱憤たまってたから、つい心にもない事を言ってしまいました」って
    菓子折り持っていった。
    何が起きたかは判らないけど年明けからセクハラ一切なくなった。
    スレチスマソ

    このページのトップヘ