復讐

    519 :名無しさん@おーぷん 2019/10/03(木) 18:41:26 ID:WBd
    結論から言うと私と別の女の子で二股かけてた元カレからその女の子を奪って捨てた話
    元カレR太、二股先の女の子S香

    もうすぐで交際1周年になるって頃に、R太がS香とデートしてるとこを友人が目撃、報告してくれた
    S香のバイト先に通ってプライベートでおでかけできるくらい仲良くなる
    話していくうちにどうやらS香も二股かけられてるのは知らない様子だったのでS香への嫌がらせ計画は止める(バイト先の他の常連とも仲良くなったあと浮気女として騒ごうと思ってた)
    R太の話されたときは愚痴も惚気も程よく共感して決定的な否定はしない
    宝塚男役系の外見で学生時代いわゆるお姉様ポジションを築いたことがある私、女の子の扱いは得意なのでそういう立ち振舞いをして惚れてもらう
    S香は段々と「あれ?あの男よりこの人の方が私を大事にしてくれる」となりR太を振る
    振られて傷ついたプライドを慰めるためか、持て余した欲を慰めるためかしつこくなってきたR太を私も振る
    「そんなんだからS香ちゃんからも愛想尽かされるんだよ」と二股かけてたの知ってたんだからなアピールされて顔色が悪くなったのを見て気分すっきり

    全然そっちのケがなかったS香ちゃんは責任とって「あなたの気持ちは恋じゃないんだよ」と時間をかけて諭しながら、無事新しい誠実そうな彼氏さんができるまで面倒見てた
    今は普通に女友達としてたまに遊びに行ったりしてる

    907 :本当にあった怖い名無し 2013/06/26(水) 00:16:20 ID:kQQfNta70
    現在進行形というかこれから復讐してきます。

    私にはどうしても欲しいものがありました。
    興味のない方にとってはそこらに転がっている石ころのようなものなのですが、私にとってはまさに人生に大きな影響を及ぼすほどのものでした。
    様々な情報網を駆使し、ようやくある所にそれがあるという情報を手にいれました。
    意気揚々とその地にむかい、様々な苦労がありながらも「それ」をあつめていたのですが、残り一つが中々手に入りません。(言い忘れていましたが、私達コレクターにとっては複数個あつめてセットにしてこそ意味があるものでした。)

    一旦切ります。

    178 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/31(水) 01:09:04 ID:dxjdABSy0.net
    妻が浮気して私は離婚を切り出した
    毎日の妻の謝罪と子供の願いに根負けして再構築。妻は完全に許してもらったと勘違いしている
    2週間後にまた妻は同じ男と浮気をしたので今度こそ離婚と言ったら
    ベランダから飛び降りると脅してきた。私はもうこの生き物がなんなのかわからなくなった
    私は「飛び降りるならどうぞご自由に」と笑顔で言っていた
    妻も子供も驚いた顔していた。すぐに人でなし!白状者!と罵倒されたが私はもうこいつらが何を言っているのかわからなくなった
    また「ああ、わたしは人でなしかもしれないね」と笑顔で言ったあと泡を噴いて気を失った
    救急車で病院に運ばれ医者からは極度のストレスと過労と言われた。検査したら胃が凸凹の形をしていた
    1週間入院したがその間妻も子供も見舞いには来なかった
    看護師曰く入院して3日は意味不明なことを言っていたらしい
    退院して自宅には戻りたくないが帰るところはそこしかなかったので仕方なく帰った
    妻と子供はいなかったので一安心した。それから妻と子供を見ることはなかった
    ただ仕事もいかずに平穏な日々だった。何をしていたのか覚えていないがとても心地よかった
    だが3ヶ月ほど経った頃寝ていたら私を呼ぶ声がした

    437 :1/2 2006/02/13(月) 10:06:43
    姉が子宮外妊娠で入院、手術。
    卵管が破裂していて腹腔内に大量の出血があり、
    もう少し処置が遅れればタヒんでいたかもしれなかった。

    (元)義兄は前の晩からおなかを抱えて苦しんでいる姉を
    「友人も一緒でどうしてもキャンセルできないから」
    と言い訳しながら、早朝からゴルフに出かけてしまったらしい。
    姉は隣人に助けを求めて救急車を呼んでもらったそうだ。

    その経過だけでも噴飯ものだが
    子宮外妊娠の原因がクラミジア感染で、
    感染源が元義兄の風イ谷通いだと判明。
    それを姉から聞いて、温厚な父がぶちきれた。

    家族から見てもとにかく穏やかな人で、
    暴力はおろか声を荒げたのも記憶にないほどの父が
    怒りで蒼白になりながら背筋を伸ばして
    「…杀殳してやりたいね」と口にした。
    あの時の父の姿は忘れられない。

    190 :名無しさん@おーぷん 2016/10/10(月) 22:29:51 ID:6rZ
    旦那と結婚する前に付き合ってた人がDV男だった。
    外面がよく、見えないところを狙って殴るけるをする人だった。
    いつも赤で囲ったところの内側しか殴ったりけったりしなくて
    夏になると腕と太ももと足の赤で囲ったところは避けて
    胸から下の赤く囲ったところだけを狙うという念の入れよう。
    最初は逃げ出そうとしてたんだと思うんだけど、なんかもう気力がなくなって
    DV期とハネムーン期を繰り返してた。
    でもある日背中を思いっきり蹴られてその日から1週間くらい血尿が止まらなくて
    タヒぬんじゃないかと思ったら我慢できなくなってある日、元彼が眠ってる時に
    卵焼きを焼くフライパンでフライパンの柄が取れるまで殴り続けた。
    怖かったから足の先で元彼の頭をちょんちょんと蹴ったけど、
    頭がグラングランするだけで声をかけても返事がなかったので、
    警察に捕まる前に両親に会っておこうと思って実家に帰った。
    実家で2日ほどぶらぶらしてたんだけど、何かあったんだと親は思ったんだと思うけど、
    嫌なことがあったらいつでも帰っておいでと言われただけで、何も聞かれなかった。
    なんかこのまま逃げても逃げきれないし、親にも迷惑かけちゃうなと思ったから
    自首しようと思ってマンションに帰ると彼の荷物が無くなってて
    お前とは別れる。絶対に俺を探すな。って書いた紙がダイニングのテーブルの上に置いてあった。
    どれだけ怖かったのかわからないけど、わたしの通帳や貴重品や二人で貯めてた貯金箱は手つかずでそのままだった。
    私はその瞬間早く逃げなきゃと思ってそのマンションの大家に連絡を入れて
    契約を解約して余分にお金払って家財一切を処分してもらって引っ越しした。
    その後転職先で旦那と知り合って結婚した。
    旦那には人を杀殳しかけたこともDV男と付き合って一緒に住んでたことも隠しとおすつもり。




    このページのトップヘ