彼氏

    499 :可愛い奥様 2018/10/21(日) 21:54:53 ID:zDTxbK7F0.net
    豚切りすまんけど人を見杀殳しにしたことがある
    独身の頃彼氏と車でラブホに向かってたら道端に60がらみのおっさんが倒れてた
    彼に車停めてもらって大丈夫ですか?とか声かけてたんだけど
    ほっとけと彼に言われて通報もせず立ち去った
    その後亡くなったことを新聞で知った
    酒のにおいはなく急病の可能性.があるから救急車呼べば助かったかもしれない
    身なりもきれいな人だった
    おっさんごめんなさい

    895 :おさかなくわえた名無しさん 2017/12/29(金) 20:36:55 ID:PKAiHcn5.net
    DV彼氏が道端で私を殴った時、
    たまたま通りかかった女の人に腕をねじられて、プロレスの技みたいに地面に組み伏せられた時。
    「痛いよー!痛いよー!腕がもげる!もげる!ママーーー!」って騒いでおもらしした時。
    うわー、こいつ漏らしたって女の人(2人組)はドン引きしてた。
    女の人が離れてからも彼氏は地面に伏せたまましくしく泣いてた。
    彼氏があんまり騒ぐもんだから人だかりも出来ていた。
    ドン引きして彼氏を置いたまま私も家に帰った。その後どうなったかは知らない。

    692 :名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水) 10:17:39 ID:CVm
    男が前を歩いて、女は三歩後ろを歩け
    いつの時代の風習かは知らないけど、現代でもそういう風に思っているらしい元カレにドン引きして別れた
    改札口で電車のから降りた目の前に改札口があった時先に出ようとすれば首根っこ捕まえて「お前が先に出るとは何事か!俺の後から出ろ」と自分最優先
    これでその時まで何かおかしいなと思っていたのだが確信した
    デートでも横並びになることはなく、常に彼氏先頭、私後ろで手をつなぐことも無い
    横並びになろうとすると意地でも前に出たがる
    私が小物や洋服を見ようと立ち止まっても、スタスタと気がつけば50mは先に歩いていってる、引き返してくることは絶対にないで立ち止まってる
    食事時も私がオーダーしたものが先に来れば「俺が注文したものが来るまで待てよ」でも彼がオーダーしたものが先に来れば断りもいれず先にパクパク食べ始める
    私がまだ食べてるし、後からデザートがくる場合でも会系してサッサとお店を出る

    めんどくさくなり別れた、別れたときもスムーズで「男をたてない女に用はない」って返事がきてそれっきり

    216 :恋人は名無し 2014/11/12(水) 16:39:34 ID:sEPzvi6w0.net
    流れ切ってすいません。
    つい10分前の話。彼氏に料理腐らされた。長めすいません。

    彼氏 学生 一人暮らし 夜勤
    私 学生 実家暮らし 朝勤&夕勤

    奨学金が入るまで残金500円程度の彼氏に頼まれて作り置きのおかずを作った。別に料理得意では無いけれど美味しく出来るように頑張ったつもり。うちの毒親も何年ぶり?って思うくらい久しぶりに『きんぴらイイじゃん』と評価してくれた。
    おかずは奨学金入るまでの4日分。米はあるみたいだからおかずだけ3品渡して痛まない様に食べてくれと伝えて大学で渡した。4日経てば痛む物もあるだろうからとは思っていたけど
    奨学金が入った今日家に来て見たら3品全滅。半分or3分の1残して腐ってた。見えるところに腐さったおかず入りのタッパーがビニール袋にぐるぐる巻きにされてシンクの中にぶち込まれてた。
    美味しかった?と聞いても嘘か本当か美味しいかった!って彼氏は言う。気遣いかなと思いながら話してたら不味いおかず渡した事の恥ずかしさと腐った料理に申し訳なさで泣けてきた。彼氏は慰めてくれたけど『お風呂入るね』と言って消えた。

    もう意味わからん

    891 :おさかなくわえた名無しさん 2017/12/29(金) 19:46:50 ID:/uKvLBYO.net
    体重を聞かれて答えたら、デブじゃねーか痩せろと罵られたとき
    確かに私は160センチ55キロで、数字だけ見ればちょいぽちゃという人もいるかも
    でも実際は筋トレが趣味で腹筋は縦割れしてるし、3サイズはグラ/ビアの公称レベルの体型管理を徹底している
    これまで身体を褒めまくってたのはなんだったのか
    ブスと呼ばれるなら納得できた、事実ブスだから
    でもプライド持って努力してきたことを貶されるとダメだね

    何よりムカつくのはそれを言った元彼が175センチ90キロのデブだということ
    オタク気味であんまり女慣れしてないところが好きだったけど、目の前の彼女より2次元の数字を信じる男なんかいらん

    このページのトップヘ