彼氏

    760 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/03(火) 03:47:21 ID:G7hLMRxd.net
    付き合った途端「掃除してー」とか「モーニングコールしてー」と言った男とは、
    すぐに適当に理由つけて別れた。

    付き合っても無いのに「掃除してー」「ご飯作ってー」の男は
    すぐに着信拒否にした。

    お母さんじゃねーよ。日本の男はこんなの多い。うぜぇ・・・。足手まとい。

    だから自立してる欧米人としか付き合わない。

    974 :名無しさん@おーぷん 2015/10/03(土) 05:34:34 ID:pWb
    私には密かな憧れがあった。トレンディドラマ(古いw)に出てくるような綺麗な夜景を見ながら彼氏と二人楽しく過ごすというもの。
    そして昔すごく好きになった人が居た。社会人5年目くらいのころ。
    付き合って半年くらいして私の誕生日が来て、
    リクエストを聞かれたから「プレゼントは要らないから綺麗な夜景を見ながら食事したいな」ってリクエストした。
    そしたら東京タワーが目の前の2階席のレストランに連れていかれた。東京タワーは目の前過ぎて全然見えなかった。
    「ここすっごく調べたんだよ~料理がめちゃ美味しいらしくてさ!雰囲気もいいでしょ!」
    (違う…そうじゃない、そうじゃないんだ…!)と思いながら、確かに食事も店内雰囲気も良かったし、調べてくれたのが嬉しかったから何も言わなかった。確かに料理も店内の雰囲気も良かった。
    その翌年の私の誕生日、またリクエストを聞かれたから、
    「東京の夜景が一望できるようなところにあるお店で楽しみたいな。憧れがあるんだよね」みたいな感じで再度伝えた。憧れの話も少しした。
    そしたら豪華な会員制っぽいレストランに連れていかれた。ただしホテル内部で窓なし。勿論夜景なし。
    高級そう過ぎてその時も文句言えなかった。(普段のデートでそんな高そうなところ行かないから余計に)
    それからまた次の年、私の誕生日が来て、「まただけど…」と前置きして再度リクエストした。綺麗なところじゃなくていい、夜景を見ながら楽しく食事がしたい。前年の時は夜景がなくて少し悲しかったと伝えた。
    当日、「今度は大丈夫だから!」と連れていかれたのが確かに最上階にある、夜景を売りにしているレストラン。
    「おお!」と思ったら、食事席は何と一番フロアど真ん中、もちろん夜景は一切見れない。
    「ここ夜景綺麗なんだよー」と言いながら、真冬なのにテラスに出始めた彼氏。私は薄手ワンピースだから寒い寒い。
    結局夜景はちょっとしか見れないままレストランを後にした。

    私はただ綺麗な夜景を好きな彼氏と二人で見て楽しみたかったんだ…。
    それ以外にもずれたところがあって、それが結局彼が自身の理解する範囲を超えようとしない、相手を慮ろうとしないところだと気づいたとき、何かすーっと冷めた。

    友達からは「夜景ちょっと見れたんだったらいいじゃん」「心狭い」とか散々言われたけど
    私にとっては大きな要素だったんだよ…。
    大きな要素であることを伝えても実現されなかったところに、意思疎通できない宇宙人的な怖さを感じてしまったんだよ…。

    124 :恋人は名無しさん 2016/01/26(火) 00:50:24 ID:Rc32U2WO0.net
    女性の体重事情について彼氏の理解がなさすぎてイラッとする。
    もともとスレンダーが好きなのは知ってるけど身長が何cmだろうが50kg以上はぽっちゃり!ありえない!といつも言ってくる。
    そんな言葉をきいているので私も(169cm)ジム通ったり食事に気を使ったりなどしてやっと48kgまで落とせた。
    それを嬉々として報告したら「適正体重だね!」って……はぁ?骨と皮になればいいの?女性に夢みすぎだよ……

    147 :人を呪わば 2015/09/20(日) 22:30:05 ID:9i7
    長いので2つに分けます。
    本当に自己満足の復讐なので、読まれた方が気分を害されるようであれば申し訳ありません。
    また、文章を書くのが苦手なので、皆さまの目が滑るようであれば申し訳ありません。


    数年同棲していた彼が、突然別れを切り出し、焦るように家を出て行った。
    その一連の流れが余りにも不自然で、物凄く怪しかった。
    三十路を迎えるまで結婚をチラつかせて囲っておきながら
    あっさり無責任に捨てられた私は何か大事なものがプッツーンと切れたらしい。
    男を見る目が無いのは、そりゃもう立ち直れないくらい凹んだけれど、しっかり自覚することにした。
    更に、もうとっくに適齢期過ぎているし貰い手もどうせ居ないだろうと考え
    何ヶ月、何年掛かろうが構わない。何が何でも絶対に復讐する!と心に誓った。

    元彼は阿呆なのか、円満な別れと思っているのか私との連絡を絶つ事も無く、同じ最寄り駅の範囲に引っ越しをした。
    たまに連絡を取りつつ半年ほど泳がせてみたら、共通の知人である鬼女とプリっていた証拠が次から次へと出てきたため
    隙をみてその証拠を少しずつ確保していき、タイミングを見計らって証拠の一部を元彼に見せつけながら
    「コレを鬼女の旦那に送り付けて慰謝料発生からの借金生活、会社バレして社会的な制裁も受け
    当然友人の大半も失い、更に最悪その鬼女と子供が転がり込んできて養う羽目になるが
    (邪魔くさいし面倒くさい粘着質な)私とスッパリ縁を切れるのと
    『結婚』なんて責任を取らせるつもりは無い。あなたを愛して止まない(途方もなく馬鹿な)私と
    以前のように何とな~く、ただ一緒にまったり日々を過ごすのとどちらがいい?」と二者択一。
    元彼は言い逃れようもない証拠を前にパニックに陥っていたため、冷静では無かった。
    その場ですぐ“よりダメージが少なさそう”にみえる後者を選んだ。

    (続きます)

    849 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 23:13:55 ID:zATIf0Zq.net
    6年近く付き合ってた彼氏がいた。
    お互いゲーム好きだったんで、私が好きなゲームを彼に「面白いよ」って初めて勧めてみたら、彼「それやる奴みんなキチ外」と…。
    しつこく勧めてなんかないのに、いきなり自分まで否定された気分になったし、
    そもそもそのゲーム、ギネス記録出すくらい売れた。彼が言うには、3000万人以上の人間がキチ外らしい。

    ドン引きするくらい冷めて、同時に彼の何もかもが嫌になった。
    人の好きなものを貶すなんて信じられないね。私は一度だって、彼の好きなもの否定したことなかったのに。
    失礼しました。

    このページのトップヘ