彼氏

    440 :名無しさん@おーぷん 2017/11/10(金) 15:59:18 ID:kAZ
    5年程前の冷め話。
    会社のイベントで知り合った男性から告白され、交際することになった。
    電話やラインのやりとりが主だったが、ある日彼から食事に誘われ仕事の後で会うことに。
    「あっゴメン、財布わすれちゃった」
    彼の車に乗り込んで早々に謝罪され、財布を取りに彼の家に寄ることになった。
    この時点で少々冷めていたが、アパートの敷地に車を乗り入れたところで不信感がピークに。
    この時のやりとりが、
    財布取ってくる→部屋においでよ→メシはコンビニでいいじゃん→俺ダイエット中なんだよね
    彼から食事に誘ってきたのに、忘れた財布を口実に一発シケ込もうとする彼に冷めた。

    ちなみにこの後、お部屋デートを断られた彼がカーセッ○スを目論み襲ってきたが、空腹のあまりゴリラと化した私ともみ合いになり、激しい抵抗を受けて断念した。
    当然その場でお開きになり、後からラインで「今日は楽しかったね^ ^」「また今度遊ぼうよ^ ^」と寝言を送ってきたので、「バナナうめぇ」とだけ返信してブロックした。

    755 :おさかなくわえた名無しさん 2018/04/05(木) 07:16:36 ID:EcpZNIvu.net
    「俺、飲食店で働いてて調理師目指してたから料理にはうるさいよ」って常々言ってた元カレ
    私は料理そんなに好きじゃなくて手早く作りたいから市販の調味料使うし、調理器具もそれなりに使う
    彼氏はそれが気に入らないみたいで「出汁の取り方知らないの?」「皮むくのにピーラー使うなんて、包丁まともに扱えないから?」ってちょこちょこ台所に来て嫌味
    あなたが作ってって言ったら「今実家暮らしで毎日家族のご飯作ってるから嫌」って返された

    でも共通の友人から彼の飲食店経験は高校生のときにチェーンの焼肉屋で数ヶ月バイトしただけってきいてたんだよね
    バイトがするのは掃除と配膳、あとはキャベツ切るだけ
    見栄張りたい年頃なんだろうと思って本人には言わなかったけど

    付き合い始めて一年くらいたった頃、私がバイト変えて地元の弁当屋で働き始めた
    常連さんの中に毎日必ず夕方にお弁当4つ買いに来るおばさんがいて、しばらく経ってからその人が彼氏のお母さんだって知った
    休みの日は私の家にいて、平日は社食とお母さんが買ってきたお弁当
    問い詰めたらやっぱり料理なんてしたことなくてテレビ番組で観たうんちくを偉そうに語ってたことが分かって冷めた

    882 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 22:03:19 ID:39cPvbAI.net
    では学生の頃の小さな冷め話を

    高校生だった秋、他校の先輩と付き合う事になった
    価値観や家族旅行で行った先も似ており、肉体関係もなく、付き合ってて心地よかった
    それから初めてのクリスマスが迫り、一緒にカラオケ行こうかーとかショッピングモール行くのも良いねーなんて、学生にありがちな微笑ましい計画で盛り上がった

    クリスマス当日の朝、「用事があるからちょっと待ってて!またメールするね」と彼から連絡が入った
    ガッカリしながらも家で待機。夕方まで待ってようやく彼からメールが
    「年賀状書き終わったー!」の一文

    え、年賀状に負けた?と思いつつまあとりあえず会いに行くかと彼の地元のスーパーで落ち合う。その時既に18時

    もちろん楽しい訳もく、「年が明けたらショッピングセンター行こうねー^^」なんて言われたけど30分くらいで解散

    今までクリスマスにあそこ行こうと話し合ってたのは何だったんだろう、クリスマス一回無駄にしちゃった?
    と思い、年が明けて別れを告げました

    社会人になった今では年賀状の大切さが分かるけど、学生の時はクリスマス>>>年賀状だったのですーっと冷めた
    年賀状はお早めに

    805 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 01:10:27 ID:DhBYNbZS.net
    大学で知り合い、付き合って2ヶ月位たったある朝、一人暮らし中のマンションの前に彼がいた。
    驚く私にのほほんと「一緒に学校いこー」と言う。でも住所を彼に教えた覚えはない。
    互いに互いの最寄り駅しか知らないはずで、共通の友だちの中で住所を知る人もいない。
    なんでここに居るのか聞いたら、最初は言葉を濁したり、誤魔化してたけど、結局、大学から帰る私をつけてたと白状。
    オートロックなので部屋番号とかはわからなかったらしい。
    「どうしても気になっちゃってごめんごめん」と言いつつ「でもどうせ、いつかはお邪魔するんだし…」
    とヘラヘラしてる彼が心底気味悪く思えてしまった。
    知りたいなら直接聞くべきで、それはス㋣ーカー行為だ、ということをやんわり伝えたら不機嫌になり、ムキになって否定や言い訳をする所も嫌だった。
    初めての彼氏で、男の人はこういうものなのかもと思いかけたが、それを数回続けられていやおかしい、無理だと気づいた。

    別れが決まった時に「これから気をつけてね」というメールが来た。
    なのでもしス㋣ーカー行為等をしたら研究室と学生課にすぐ相談すると釘を刺し、
    念のため一駅前で降りたり、兄や友だちに泊まってもらったりもした。
    それが功を奏したのか嫌がらせは無かったけど、一応その年の契約更新で引っ越しはした。

    710 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 20:13:27 ID:1eWyzYbU.net
    職場が一緒だったので、通勤時間短縮と家賃節約のために同棲していた彼氏が、
    ペットボトルなどの飲み物を少量残した状態で放置する人だった。
    テーブルや座椅子の横にずっと置いてるので、様子見て飲んでないようなら
    「これ、すてるよ」と言うと、「良いよ~」と言うので、
    飲み残しを見つけたら私が捨てるというのを特に問題無く続けていたのだが、
    ある時私が実家の用事で1週間ほど家をあけて帰ると、
    飲み残しのペットボトルが家のいたるところに合計10本ほど放置されてるのを見て、なんか文字通り「ガーン!」となった。
    そして、この人との未来は無いな…と思った。
    その後私が会社を辞めることになったので同棲を解消するついでに別れた。

    このページのトップヘ