彼女

    344 :おさかなくわえた名無しさん 2014/02/12(水) 01:41:58 ID:snXuHvus
    30年彼女がいなくてキモデブの俺に彼女ができて喜んでたら
    普通に騙されてただけっだのが修羅場だね。
    付き合って2ヶ月なのにHナシっていうので薄々感付いてたけど認めたくなくて
    100万弱貢いだ挙句に急に俺の家(一人暮らし)に男が3人くらい来て「お前がス㋣ーカーか!」って言われて
    脅され意味が分からず半泣きにされてる所に彼女が来て「これで誤解が解ける!」と思ったのも束の間彼女が
    「こいつよ!こいつ!喋った事も無いのに彼女とか言われて超迷惑!」って最期の一撃くらって自杀殳寸前までいった
    そこから2年は家から1歩も出ない生活&ショックで1日1食しか胃が受け付けない生活でもう最悪でした。
    その後もアノ女が家に来て「精神的苦痛で~」で慰謝料よこせとか散々でした、俺は生きる価値無いのは分ってるけど
    やっぱタヒぬの怖かったから我慢して2年たってから頑張ってバイトから始め今は中堅の会社の勤めるまで精神が回復しました。

    293 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/23(日) 13:56:44 ID:V0tzpnIn.net
    27歳の時に付き合った同い年の彼女がいた。
    東京生まれの東北育ちで、
    色が白くてオシャレで本当に可愛かった。

    結婚を意識し始めた頃、彼女の地元のお祭りに行った。
    2人でプラプラ歩いていたら、白い車にクラクションを鳴らされた。
    振り返ると若い男が窓を開けておーいとこちらに👐を振っていた。
    「おー!○○~!なんだオメー久しぶりだなや~!」と彼女。
    「うわ!なんだオメーその頭!いぎなりハゲてっぺやー!」とまた彼女。
    「なんだオメー失礼だなや!」とその男性。
    会話を聞いてると同級生みたいだった。
    こんな感じで掛け合いがしばらく続いて男性はにこやかに去っていった。

    彼女もその男性も決してヤンキーではなかったけど、
    ○○なのや~、オメー、などの方言?にびっくりして、一瞬で冷めてしまった。

    407 :恋人は名無しさん 2016/01/05(火) 19:12:40 ID:S3RzVxjf0.net
    お互い大学生、彼女はいわゆるおっとりお嬢様みたいな感じで、天然なのでいじられたりもする
    で、昨日焼肉デートの約束してたんだけど彼女の様子がおかしくてどうしたのか聞いたら
    「○○くんが動画見せてきて…今日はお肉食べられない」(○○はよく彼女をからかってくる奴)と。
    その動画は牛?だか鳥だかをシメて肉にする動画だったそうで、相当ショックを受けたらしい
    そこまでは可哀想だったけど、それを言われたのは焼肉屋に入ってから。しかも食べ放題。
    勿論そんな彼女を前に肉も食べれないので仕方なしに野菜やデザート頼んだ。
    帰り焼肉屋出たら泣き出すし面倒くさいと思ってしまった
    でも自分の器が小さいのにもイラつく

    986 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 01:31:56 ID:b71VOZ82.net
    前の彼女はいい身体してたから、夏によく海やプール行ったなあ。
    俺が先にスライダーで降りてきてプールサイドで待っていたが、人大杉もあってなかなか次に降りてくるはずの彼女が現れない。
    プールサイドの反対側が騒ついているのに気づいて行ってみると、すぐに彼女を発見。
    目と耳に水が入ったのか、立ち止まって片足トントンしたり目を擦っている。
    しかし、水着の下を履いてなかった・・・
    周囲は彼女の股間を見ているだけで誰も声をかけないという異常な雰囲気。近づくにつれ「生えてない」「毛が全然ない」子供に「見ちゃダメ!」そんな声が聞こえてきた。俺は必タヒで人をかき分けて彼女の元へ。
    彼女は顔を真っ赤にして泣いてしまったが、泣き止むとサバサバして「見せてしまったものは仕方ない」とすぐ気持ちを切り替えた。
    帰りの更衣室でも彼女の下半身の話が聞こえてきた。幸せそうだった。
    彼女の大事なところを拝めた連中は一生分の運を使い果たしたと思う。

    177 :おさかなくわえた名無しさん 2018/05/18(金) 00:59:56 ID:RBn2Of7q.net
    フェイク入れつつ俺の衝撃話
    結婚前提にお付き合いしてた彼女がいて
    ある日家族で墓参り行く時に、家族への挨拶がてら彼女も来ることになった
    墓参りも終わり、父、母、俺、弟、妹、彼女の6人で和食料理屋へ
    代金は父と俺の折半という事になってた

    彼女はヒレカツ定食を頼んだんだけど、店員のオーダーミスでロースカツ定食が届いてしまった
    一同「ロースカツ?誰か頼んだ?」
    「あれ?ロースカツだっけ?ヒレカツじゃなかった?」と言ったら
    店員さんはすぐさま「申し訳ございません!すぐに作り直して参ります!」と言ったけど
    彼女は「いいよいいよ!作り直してたら手間だし、いいよ!同じお肉だし、お腹に入っちゃえばヒレカツもロースカツもいっ…しょ…うぅっ…うぅぅ」(涙ポロポロポロポロ)
    なんで泣くの!?20代後半の女性オーダー違いで泣くの!?と衝撃その1
    慌てふためく一同
    俺の家族も「じゃ、じゃあロースカツはみんなで食べて、ヒレカツは○○さん(彼女)用に頼みましょうよ!」とフォローしても
    彼女は「グスッ、いい…!もういいです…!うぅぅ」(涙ポロポロポロポロ)

    結局店長出てきて謝罪され、ヒレカツは作り直してくれた
    お代は結構ですと言われたけど、父がクレーマーみたいで嫌だから頼んだ分は払いますと申し出
    結果、間違えてオーダーとってしまったロースカツの分はサービスしてくれるということになり
    ロースカツはみんなで分けて食べた
    その場は「逆にラッキーだったねw」ということで治まった

    このページのトップヘ