彼女

    875 :恋人は名無しさん 2016/01/04(月) 01:40:24 ID:FJnBpdqn0.net
    先日デート中後ろの車の40歳前後の男性にずっと後をつけられていて自分には心当たりがないので彼女に見てもらうとどうやら彼女の職場の上司
    職場で学生の彼氏と付き合ってると話した時に是非会ってみたいと言ってたらしいんで、偶然見かけて(彼女と上司の家近いので)あと追っかけてきてるのかなと言ってました
    それで目的地について駐車場に車止めると後ろから走ってきて自分たちの前に出て
    上司「よう○○じゃないか」(後つけてたくせに偶然装うのが腹たつ)
    彼女「上司さんこんにちは」
    俺「どうも(ぺこり)」
    その後上司さんは黙ってて(俺の自己紹介待ち?)
    彼女が俺のこと紹介するわけでもなく黙り少しの沈黙
    後付けられてデート邪魔されたのも不愉快だし、特にないならもういいやと思って自己紹介せず、お辞儀だけして彼女の手引っ張って上司さん置いて先に進み人混みにまじって巻きました。その後デート楽しんで帰って寝て、次の日彼女の携帯に上司さんから電話きて
    俺のことボロクソ言ってたらしいんです。あの挨拶できない男はなんだ、あんな奴とは別れたほうがいいって
    彼女もちゃんと挨拶してくれなかったをよく思ってなかってなかったらしく。なんでちゃんと挨拶してくれなかったの?と電話の後俺の事を責めました
    俺はあんな後つけられたら気分悪いし、自己紹介するにしても
    「付き合ってる○○君です」って彼女からの前振りがあってからその後俺が自己紹介するもんじゃないの?
    と彼女に逆に文句言うと、彼女が今まで見せた事ないような冷めた目をしてきて
    以降自分に対してなんか冷たいです。折角の正月休みなのに台無し

    頼りないと感じたのか、今まで付き合ってきた同年代の元彼達(自分は8歳下)なら挨拶してくれたのにとでも思われたんですかね
    後はみなに祝福されたいのに反対されたからとか

    今まで付き合ってきた彼女の上司と出くわした事もなければ、後付けられた事も経験なかったのであの状況でしっかり挨拶するには自分にはハードル高かったんですが
    やっぱこれ自分が悪いんですかね

    756 :恋人は名無しさん 2016/12/17(土) 00:06:23 ID:1g682FPD0.net
    クリスマスに4°Cのネックレスを23歳社会人の彼女に送ろうと思って買ったのですが、社会人に4°Cってのはダサいんですかね…?
    ネットとか見ると4°Cはありきたりすぎてダメとか高校生までとかかいてあって気になりました…一応3万円ほどしたちゃんとダイヤ使ってあるやつなんですけど…
    ちなみに自分は大学生なのであまりお金に余裕がなかったです

    380 :名無しさん@おーぷん 2017/12/21(木) 13:00:38 ID:???
    クリスマス直前なのにフラれた…
    俺が悪いんだけどさー
    いつも彼女ん家でメシ食ってたから、クリスマスも彼女ん家で過ごすんだと思ってて
    ケーキ作ってよ!唐揚げ作ってよ!ってリクエストしてたら、前から思ってたけどもう来ないでって言われた
    今から挽回できないもんかなー

    446 :名無しさん@おーぷん 2017/11/17(金) 13:45:34 ID:alU
    20代前半の頃、40代未亡人と付き合ていた。
    彼女はディスカウントショップで買った1Lで千円くらいの安い化粧水を
    風呂上りに全身くまなく塗っていて、全身すべすべでもちもちの美肌だった。
    顔とかは若い子と比べると確かに張りはないんだけど、30代前半に見える。
    彼女と別れた後、若い女と付き合ったかけれど、前カノの方が肌がきれいだった。
    ある日、姉の化粧品の中に彼女が使っている化粧水を発見
    値段を聞いたら、かなりの高級品だった。
    前カノの使っていたものの中味は1/5で価格は五倍、
    なのにお肌は親子ほども年下なのに・・・と思ってしまったら急激に冷めた。

    510 :恋人は名無しさん 2017/01/24(火) 13:42:19 ID:SoNzb+hx0.net
    俺の理不尽冷め話
    彼女とはネトゲで出会ってメル友期間の後に直接会う→交際した。
    彼女は可愛くて性格も優しく料理上手な理想の子だったんだけど高卒フリーターだった。
    のほほんとした話し方で俺が何しても「凄いね!」って言ってくれるから勝手にバカ可愛い系だと思いこんでた。
    正直彼女を見下して俺のプライドを保ってたと思う。
    二年付き合ってそろそろ結婚…と思ったから彼女の実家に挨拶に行ったんだけど家についた時点で嫌な予感がした。
    まず家がデカい。
    豪邸ってほどじゃないけどガレージにはベンツとポルシェがあって薔薇の花の鉢が沢山ある。
    高そうな家具とシャンデリアのある居間には小さい頃の彼女がバイオリンとフルートを弾いてる写真が飾られてた。
    楽器やってたって聞いたことはあるけどせいぜいピアノ程度だと思ってた。
    ご両親は優しかったけど話の流れで父親が某大企業のお偉いさんだってことが分かった。
    後で彼女に聞いてみたら父親は京大出身、母親も慶應出身。
    彼女も高卒だけど、蓋開けてみれば偏差値は70の高校だった。
    彼女と話してて一度もイライラしたことがない理由が分かった。
    学歴はないけどバカ女じゃなくて地頭は俺の数倍良いんだろう。
    俺の給料を20代なのに頑張ってて凄い!って褒めてたけど彼女の身内にはもっと高級取りばかりいるんだろう。
    そう思うと今まで感じてた優越感なんて消し飛んで彼女と顔合わせるだけで恥ずかしくなった。
    別れを告げた時も何か全部悟ったような顔して「分かった」ってすんなり別れた。
    人間としての器も俺とは段違いだったんだろうな。

    このページのトップヘ