彼女

    1 :名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水) 08:48:01 ID:k77
    職場で好きな後輩の女の子が出来ちまった
    付き合って5年になる今の彼女と別れたいんだが、
    どうしたらいい?

    161 :名無しさん@おーぷん 2017/08/11(金) 10:20:23 ID:???
    婆の息子がやっと本命らしき彼女を連れて帰省するって連絡あったの
    もう相手のご実家に挨拶に行って大歓迎されたから受けたのと同じだけ饗応してねと事後通告されたのが三日前
    お正月に帰省した時は何も言わなかったのに何だかこの事後報告は!と爺がむくれてたけど、いやそれ爺が今までやっときた事ですからと言ったら爺はびっくりしてた
    爺は爺婆を引き取り同居、一年で爺母の支配欲と過干渉に辟易して単身赴任を希望、ボケと病気で手に負えなくなった爺母の施設入所を断る、これ全て事後承諾だったわ
    婆が理と情を尽くして説明した事を理解できなかった、できないふりで押し通したくせに、自分が同じ事を考えされてびっくりするなんで本当にこっちがびっくりだわ

    474 :名無しさん@おーぷん 2014/08/15(金) 00:15:10 ID:???
    とある事故で今までのってた車が廃車になったので新しい車を購入。そして納車後デートで乗っていた。
    新車に変わってるのにもかかわらず何もコメントもしない、お世辞でもいいからかっこいいねの一つもいわない。
    車内で脂っこいものを食べようとするし、ドアは必要以上に強く閉めるしそれを悪いともなんとも思ってない。別に一言くらいあればいいけどさ。
    新品の消しゴムの角を問答無用で使われた気分を50000倍悪くなった感じ。

    さすがにむかついてきたから一言文句いったら、私は車に興味がないし違いもわからないって言われた。
    その後口論というほど強い口調ではないがお互い折れずに言い合っていて、流れで俺があの車(型落ちの軽推定10万くらい)と俺の車(IS)の違いくらいはさすがにわかるよねって聞いたら、それすらもわからんと言われた。それどころかベンツのSやLSを指差しても同じようなものでしょ?って言われた。

    価値観が違うとかそういうレベルじゃなくて脳に欠陥があるんじゃないかと思って思いっきり冷めたわ。
    例えばでかいベンツやフ工ラーリだったら万が一にでも傷つけたりぶつけたりすれば恐ろしい金額になるし、まともじゃない人の可能性も普通に比べたら高まるじゃん。
    だから普通なら車間あけたり駐車場なら離れたところにとめたりするものだと思うけどそういうことを何も考えず生きてるんだろうなと思うと怖いとさえ思った。

    1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/27(月) 01:24:01 ID:mrEBXwFH0.net
    結婚しなくてよかった
    ダメだわアイツ


    婚姻届を提出する為に役所に向かっていたんだ
    車内で彼女に「会社を首になった」と言ったらはじめは「冗談でしょ?」と笑ってだけど真剣な表情で「本当」って言ったら表情が変わった


    俺「会社が首になったけど○○と結婚したい」

    彼女「え?でも、仕事ないんでしょ?」

    俺「○○も仕事してるし、一緒に住んでからも仕事を探す!お前の事好きなんだよ」

    彼女「少し考えさせて」

    結局、その日は婚姻届を出さずに帰った
    次の日に彼女から結婚のお断りと恋人関係の清算だった
    ようは、フラれたの


    式場のキャンセル料が80万円近く掛かったけど彼女の本音が聞けたからやってよかったわ
    結婚してから、本当に職がなくなったらどんな仕打ちされていたか
    こいつと結婚しなくてよかったよ


    後日、友人との飲みの席でその話題を出したら、誰から流出したのか彼女から連絡が来て復縁したいと
    もちろん断った


    俺の対応って間違ってないよな?

    834 :名無しさん@おーぷん 2017/01/01(日) 18:09:41 ID:oyl
    去年の30日~2日まで彼女と3泊4日温泉旅行予定だったよw諸々のお祝いもあって旅費なんかは俺持ちで、前から計画してたんだよ。
    なのに当日の集合時間になっても来ないし、連絡しても出ないw30分経過しても音沙汰無しw昼食してから新幹線に乗ろうかって話してたから時間的余裕はあったけれど、内心イラっとしてたわ。
    前夜に新幹線の時間もあるし、絶対に遅れないように!って何度か言ったのになwもうこの時点で行く気が失せた。でもこのままキャンセルするのは旅館側にも迷惑だろと考えた。

    このページのトップヘ