966 :恋人は名無しさん 2011/10/21(金) 21:24:30 ID:GOTPH3sg0
    私 当時高校生
    彼男 当時20代半ば社会人

    彼男とは部活OBの紹介で知り合い申し込まれて付き合うことになった。
    彼は一人暮らしで、やたらと部屋デートに誘われてたけど、私は恋人が出来たのが初めてなので躊躇してた。
    呼ばれてほいほい行ったら軽いと思われるかなとか遠慮があった。
    自分の中で半年以上付き合ってからだなとか思ってた。
    デートの時に彼が忘れ物をしたから家へ取りに行くと言ったのでついて行ったけど、当然外で待ってた。
    やたらと部屋の中で待っててと言われたけど、自分の中で作ったルールに従って外で待ってた。
    すると彼のママンと遭遇。
    とりあえずこんにちははじめましてと挨拶して、簡単に自己紹介をした。
    すると私が高校生だと知った途端彼のママンが激昂。
    未成年相手だなんて犯罪よ!と言いだした。
    彼男が怒られちゃうなと心配してたら、
    「未成年のクセに社会人の男の子に手を出すなんて!一歩間違えたら犯罪でしょ!」
    え~?私が犯罪者?と軽くパニックになった。
    ちゃんと別れるのよと言いすてて彼ママンが行ってしまうまで、なぜか彼男は無口。

    55 :名無しさん@HOME 2012/04/18(水) 14:11:52 0
    吐きださせてください。

    結婚の約束してた彼氏が、妻子持ちでした。
    私、31歳。男35歳。
    3年つきあっていて、バレたきっかけは、彼の部屋にあった「扶養控除申請書」。
    私の部屋に転がり込み、掃除も料理も私にやらせておいて、実際は
    単身赴任だった、というオチでした。
    その場で問い詰め、窓ガラス割るぐらいの喧嘩しました。
    彼は逆ぎれして、そのまま「頭を冷やせ!」と出て行ったので、彼の荷物全部まとめて、
    実家(と聞いていた彼と奥さん子どもが暮らす家)に送りつけました。

    奥さんとも連絡とって話し合い、奥さんのところは再構築するそうなので、
    ちょっぴり慰謝料ももらいましたが、気は晴れません。

    892 :名無しさん@おーぷん 2014/09/04(木) 01:17:10 ID:xOnCm2mrM
    細かく書くと物凄く長くなったので簡潔に書きます。

    彼氏と喧嘩し別れ話に→私別れたくないと泣いて彼氏の腕に自分の腕を絡める(腕を組むカップルみたいな体制)→ビンタされ蹴飛ばされ鼻と口塞がれ彼氏が警察に通報「彼女に別れ話したら刃物持って暴れ出した!助けてくれ!家族の住所も知られててそっちにも危害加えると脅されてるんだ!」→私ポカーン→警察到着、私沢山の警察に囲まれる。彼氏事情聴取される→刃物は戸棚の中、彼は無傷、私は座ってポカーンのままで警官が彼氏に深く突っ込む→彼氏「別れ話に第三者入って欲しくて話盛りました」とゲロる→だが彼氏も負けず私が精神病で現在通院治療中であるコトを話す→もしかしたらガチで刃物振り回したり脅迫したんじゃね?と警官に疑わられ無理矢理最寄りの精神科に連れてかれ強制入院させられかける→4時間監禁されようやく解放。警官少し不満そう。→彼氏に土下座され再構築→私のメンヘラ度がフルスロットで悪化、パトカー恐怖症&変装しないと外に出るのが怖い&毎日10回以上下痢&お人形さんとお話出来るようになりました。
    多少フェイクも入れてますが、比較的最近あった修羅場です。

    707 :恋人は名無しさん 2018/09/03(月) 00:27:09 ID:LrPWOkrg0.net
    彼氏のシンママの女友達が嫁気取り・娘気取りでイライラしていて今日別れるつもりで彼氏に決着着けてきた
    一応反省してくれたけどシンママが本当に調子に乗っていて、娘がフラワーガールしてあげるとか言っててウザい

    744 :恋人は名無しさん 2009/08/06(木) 21:13:44 ID:0uZc6Xa90
    親友と結婚式の三次会で話した時の過去にあった修羅場。
    一部フェイク有り。


    私子…21歳。販売員。
    彼男…25歳。私子の彼氏。
    A子…21歳。中学からの親友。看護系職。
    B男…18歳。A子の彼氏。大学生。

    私子とA子は中学時代からの仲のいい親友で、それぞれ別々の学校や職について、マメに逢う機会はなくても
    電話したりメールしたり、久しぶりに逢えば一日中笑い合って過ごすような関係だった。
    彼男のこともA子に紹介して、服の趣味が合うA子と彼男も仲良くなり、三人でドライブに出かけたり、アウトドアや
    何かのイベント毎でも三人で遊ぶ事が多かった。2ヶ月に1回A子と逢うけどその半分は彼男も一緒ってくらいに。
    私子は彼男とは高校生の頃からの付き合いで、一通り喧嘩もしたし別れ話もあったけどそれらを経て仲良く交際中。

    A子とも彼男とも「いつも三人で、たまには二人で」な日が続いてたある日、学生時代の失恋が元でなかなか彼氏を
    作ろうとしなかったA子が、「年下の彼氏が出来た」と報告してくれた。
    恋愛に関しては学生時代の失恋の痛手をずっと引き摺っていたA子に彼氏が出来たことを、私子も彼男も自分の
    事のように喜んで、「後日紹介したい」と言ったA子に、こちらも喜んで紹介して欲しいと話していた。

    好みは違ってもA子の好きなブランドやメーカーは知っている私子、職業柄比較的安価だったり、早めに手に入ったり
    することがあるので、メールで聞いて買い置き、逢う時に渡す、ということが当たり前だった。A子がB男を紹介してくれる
    その日も、いつものように聞いて頼まれていた服を渡すつもりでいた私子と、受け取るつもりでいたA子。
    「荷物が多くて邪魔になるだろうから」と、A子はその日車を出してくれていた。A子が運転する車が駅まで着き、助手席
    から降りてきたB男に「A子の友達の私子です、初めまして」と挨拶したら……めっちゃ顔背けられた。あーそーすか、ども。
    みたいな返事は返ってきたものの、あからさまに無愛想。今時の若い子はそうなんだろうなーと思ってたから全然気にせずに、
    車に乗った後も(私子は後部座席で運転席の後ろにいた)、何かと話しかけてはみるものの適当な返事と態度のB男。

    続きます。

    このページのトップヘ