846 :名無しさん@おーぷん 2015/11/03(火) 18:44:10 ID:D0o
    私の中では黒い過去。
    四年付き合っていた年上の彼氏がいて、なんかセッ◯スもマンネリしてたし、結婚も考えてなさそうだし、潮時かな~と思ってた20代前半の頃の話。
    夕飯をちょっといいレストランに食べに行って、デザートに差し掛かった時のこと。彼がいきなり、「携帯電話を車に忘れてきたようだから取りに行って。」
    と私に言ってきた。真冬だったし、正直、(はぁ?なんで私が?寒いのにおめーがいけよカス。とってきてやるけど携帯叩きつけて別れよう。)
    と、別れを決心した。ところが私がレストランの外に出た途端、パァッとイルミネーションが光り輝いて、両脇からディズニーランドのようなダンサーたちがおどりでて、
    ポカーンとしてしばらくポーっとミュージカルを見ていたところ、後ろから彼が肩をポンと叩いて登場。途端に膝ま付き、
    指輪の入った小箱を開け、結婚してくださいとプロポーズ。なんか勢いというか雰囲気にまけ、号泣しながら頷く私w
    そんな成り行きで結婚してしまった私だけど、今年結婚15年で3人目がもうすぐ生まれます。別れようと思ってた矢先のプロポーズ受け入れが、
    墓場まで持っていくことになります。

    915 :1/2 2014/01/14(火) 23:22:51 ID:wsp0Ipow
    元彼を招いて手料理ごちそうした時
    最後のデザートに、キウイを持って来て食卓で皮をむこうとしたら
    「俺、キウイアレルギーなんだけど、言ったよね?」
    と不機嫌に言われた
    ごちそうすることが決まった時に
    「嫌いなものや、食べられないものない?」
    と聞いて、いくつか挙げられた中にキウイは入って無かった
    その時のメモも取ってあるのでそう言ったんだけど
    「いや、命に関わることだし言い忘れるはずがない。そっちがメモを取り忘れた」
    と言い張る
    そんな訳ない…と思ったけど、万が一という事もあるし、こんなので喧嘩するのも馬鹿馬鹿しいので
    「まあ、そうかも知れないね。じゃあ果物の代わりにアイスでも食べる?」
    と言って立ち上がり掛けたら彼は
    「ちょっと待て、それだけ?」
    と更に不機嫌に

    825 :恋人は名無しさん 2012/04/14(土) 03:57:37 ID:H+2xPnUCO
    私子
    彼子
    彼兄

    私子と彼子は女性だけど恋人。
    私子は同性.愛者ではないけど男性が苦手、
    彼子は性同一性障/害で中身は男の人。
    楽しく過ごしてました。
    ある日一人暮らしの彼子の家でいちゃついてたら彼兄が来た。
    軽く挨拶して奥に引っ込んでいた。
    それ以来何度も何度も彼兄が家に来るように。
    手土産を持参し「よかったら私子ちゃんにも」と
    私子が奥に引っ込んでいても出てくるまで待ち続ける。
    渋々出てきたらしつこく話しかけてきて、
    質問責めしてきたり仕事できるアピールや面白いアピールしてきたり。
    彼子を貶めながら私子を誉めてきたのが一番いらっときた。

    753 :恋人は名無しさん 2012/04/12(木) 22:28:07 ID:6BeUZ+CxO
    バカな元彼の話を投下。

    私子 20 普通 大学生
    彼男 24 普通 社会人
    A子 21 美人 社会人

    彼男とは、大学へ入学直後に告白され役二年程付き合っていて。
    お互い一人暮らしだったので半同棲見たいな感じだったので『浮気』の心配は全くしていなかった。

    けれどある日『別れて欲しい』と彼男に土下座をされた。
    理由は『浮気』をして、しかもその人に本気になってしまったと。泣かれた。

    正直泣かれた事は知らんがなとも思った。
    だけど二年付き合った手前どうしても
    『わかりました』と返事は出来なかった。

    243 :名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金) 18:32:42 ID:jx7
    久しぶりにスレ来て、上の方で「友人の婚約者に友人の黒い過去を暴露する手紙を~」みたいなの読んで思い出したんだが、
    私はこういう手紙を貰ったことがある側だった。

    同じ会社の男性と付き合って交際2年目で、きっちり婚約とまでは行かなかったが、お互いもう30歳前だしそろそろ~、
    子供好きだし、なんて話したことあるくらいまでは進んでた。

    そんな頃、ある日会社に私宛ての手紙が届いた。送り主は知らない会社の何某さんだった。
    こんな取引先あったっけかと思いながら開封すると、中には一枚便箋が入ってて、印字した字で
    『結婚する前に、彼の寝室の押し入れの中の段ボール箱を調べてみて』って書いてあった。
    その会社を調べてみたが、存在しない住所、社名だった。

    迷ったけど、数日後彼が一泊の出張行った機会に合鍵で部屋にお邪魔して、手紙の示す箱を探した。
    箱はあった。2箱あった。
    幼児ポル○の様々なビデオや同人誌や雑誌、生写真?が詰まってた。

    私は子供の頃変なおじさんに車に連れ込まれかけたりしたことがあって、「あー無理、絶対無理」となった。
    彼からよく「背が低くて可愛い」「20代に見えない、童顔で化粧しないと子供みたい」なんて言われたのも、
    「子供欲しい、子供可愛い」と彼が言ってたのも、何もかもがおぞましく思えた。

    箱は元通りにして、彼には「他に好きな人が出来た、ごめんなさい」と言い通して別れた。
    手紙を送った主については調べなかった。
    ただ私との交際前に、鍵を渡してた恋人がいたという話は聞いたことがあったのでその人かとも思う。

    彼を憎む誰かとか、彼との交際を妬む誰かとかの悪意による罠だったのかもとも別れる前に考えたこともあったが、
    何となくだが、やっぱり彼はそういう趣向の人なんだろうという気がした。
    そして私は穏やかで優しい彼にそういう一面があることを受け入れられない人間だから、やっぱり別れた方がお互いに幸せと思った。

    男はみんなロ○コンだから、とかいう人もいるが、目が完全にタヒんでてガリガリに痩せ細ってるネ果で亀○縛りされてる子の写真を、
    複数枚持ってる人はそうそういないだろうとも思う。
    黙って彼の家に合鍵で入って調べたり、手紙のことを言わず別れたりしたあたり、色々スレタイ。

    このページのトップヘ