852 :名無しさん@おーぷん 2014/06/18(水) 13:36:47 ID:2kBrURN3v

    1人の男のせいで婚約破棄された話。

    5年ほど前、私には婚約者がいた。優しくて私の仕事に理解があって(学童の主任)
    病気になったら必タヒに看病してくれるし、決してイケメンではなかったが本当にいい男だった。
    私はそんな彼が大好きで、同棲中は凝った料理を作ったりマッサージの勉強をしたりととにかく尽くした。
    同棲2年目に婚約し、お互いの両親に挨拶。幸せいっぱいだった。
    しかし急に彼が籍を入れるのを躊躇うようになった。もう婚約指輪も貰ったし早く結婚したい!と思っていた私は理由を聞くが、
    「ごめん、時間頂戴」と言うだけ。私の両親も彼の両親も不思議がってたので、彼両親が彼に訳を聞いてくれることになった。
    翌日に彼母から電話があり、彼に理由を聞いてくれたとの事なので聞いてみると・・・

    ・彼の上司の男性が結婚はやめた方がいいと言って来た

    ・上司は離婚暦2回のの53歳。最初の嫁も2回目の嫁も交際中は尽くして努力してくれたが、結婚した途端ダラけた。

    ・給料をしっかりと管理され自由に使えない。そのくせ自分は友人と豪華ランチ(2人とも)

    ・ほっそりしていたのにぶくぶく太って、とてもじゃないが抱く気にはなれなくなった。

    ・・・という事を上司に吹き込まれたらしい。彼母は、私ちゃんはそんなことないと説得してくれていたようだが
    彼は婚約破棄の意思を呟いていたという。彼母は、泣きながらごめんなさいと謝ってきたが、彼母は悪くない。
    上司という女運の無い男たった一人の言葉に流された彼に怒りが募った。もちろん上司にも。
    その日、彼は帰ってこなかった。「明日○○のカフェに来て。」とメールが来ただけ。
    あ、こりゃ婚約破棄を言い渡されるわと思ってわんわん泣いた。そんなときに母と彼母が部屋を訪ねてきた。
    私と彼のことで心配してくれて、母同士でどうにかならないか話し合ったらしい。それで2人で部屋を訪ねてきた。
    彼が帰ってこないことを告げると、彼母が彼に連絡を取ろうと試みたが、一切応じなかった。

    496 :名無しさん@おーぷん 2014/08/24(日) 02:16:21 ID:hi2LCDTHj
    昔やった復讐

    元彼Aと27歳から3年間付き合ってた
    付き合って1年後(私28)に浮気発覚
    それから2年目(私29)になるまで1年悩んで、復讐を目論んだ

    Aの浮気相手は私と付き合う前に付き合ってたAの元カノ
    要はダラダラと切れてなかっただけ
    だけど土日や連休は毎週末私と泊まり
    クリスマスもAの誕生日も私と過ごし
    A元カノは平日仕事が終わった後だけ会っていた模様
    完全に日向の彼女(私)と日蔭の彼女(A元カノ)

    A元カノと別れるように頼んでも
    「ただの友達」「はいはい、もう会わない」とのらりくらり
    いざとなったら結婚なんてできるし、責任のない気楽な独身貴族で
    自分と結婚したい女2人に愛されちゃってる罪な俺様に酔っていたみたい

    正直Aはスペックがよかったので私も当時は結婚したかったし
    自分が日向で優遇されてるとはいえ、悩んだ1年ですごく痩せた
    そろそろ29歳という頃、Aと付き合う前に付き合っていた元彼Bから連絡があった
    Bのお父さんの訃報だった

    292 :名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月) 18:46:21 ID:2Hk
    お互い結婚も考えて付き合ってた
    将来についてもこういう家に住みたいとか、こんな環境がいいとか、2人でよく話してた
    そしたら母が良くない病気だと判明した
    そのことを話したら、何故か彼はうろたえ、その日を境に私から逃げた
    着信拒否、アパートも留守でいつの間にか引っ越してた
    バイト先も辞めていた
    悲しかった
    彼の実家も知ってたが、遠いし行っても嫌な思いをするだけだと思った
    もう彼のことは無理やり忘れて病気の母の心配だけすることにした

    293 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 13:33:41 ID:8xGFurht.net
    20も歳上だったので、何も知らない私を見ていると何も言わずにはいられなかったんだと思う
    何をするにも、お前のためだ、こうしろああしろ、それじゃダメだ等といって、先へ先へと先導する
    それがずっと積み重なり、ある出来事をきっかけに、そういう事ばかりでは疲れる、窮屈に感じる、と言い返した
    そうしたら、そのある出来事についての反論をするばかりで、どうして窮屈に感じるまでに思い至ったかが全く理解されなかった
    俺は正論を言っている、お前のためだ、お前は自由というものを履き違えている、みたいなことを繰り返すばかりだった
    確かに正論だし、年の功があるのも解る
    でも、あぁ、この人と私は無理なんだと思った
    本当に好きだったから自分がそれについていけないのが悲しかった
    とにかくずっとその人の顔色伺いながら過ごすのに疲れた

    163 :名無しさん@おーぷん 2017/03/26(日) 17:37:04 ID:3KC
    最近3年付き合った彼と結婚についての話をするようになったんだけど、その時に営業職だと言っていた彼がホストだったことを知った
    付き合う前から友人たちと完璧に口裏合わせてたみたいで全く気づかなかった
    勤務が深夜の2時から朝までらしくて私は爆睡中か身支度に忙しい時間だし
    ホストっぽいところが微塵もなかったから気づかなかった
    彼は結婚してもホストを辞める気はないみたい。この世界で輝きたいみたい。
    その意思自体は批判しないけど、見せてくれた給料明細は初期の方なんかマイナス表記になってて
    お客さんが飲み代を払わなくて、それを回収できなかったら給料から引かれるだなんだ言ってて全然意味がわからない
    というか6年も輝く気でいた割に昼職の私の方が稼いでる
    お客さんのさじ加減で給料がマイナス数十万になるなんて怖すぎるし、身体と心にも悪そうだし
    彼が心配で気が気じゃなかったのでちゃんとした仕事をしてほしいと言ったけど本人にその気無し
    ドン引きして冷めたというより諦めの気持ちで冷めた…

    このページのトップヘ