744 :名無しさん@おーぷん 2018/04/09(月) 23:48:26 ID:WOZ
    去年の夏の終わり頃の話。
    就寝後、なんだか騒がしくて目が覚めてしまった。
    時計を見るとちょうど丑三つ時。
    深夜なのに窓の外から人の声がする。
    寝ぼけ眼でカーテンの隙間から外を伺うと、家の裏手にあるアパートの駐車場で複数の男女が花火をしていた。
    ギャハギャハ笑いながら大声を上げ、花火を振り回しては駐車場を駆け回る痴態を晒す大人達に私はドン引き。
    家とアパートの境目であるフェンスをよじ登るそぶりさえ見えて、流石に声を掛けようとした時それは起きた。
    下の方から立て続けに鳴り響くけたたましい破裂音。女の悲鳴と男の叫び声。
    逃げ回るDQN達を2階の自室から眺めていた私だけど、ハッとして窓から顔を出して横を見たら、隣の部屋の窓から弟が無心に爆竹を投げ落としていた。
    ひとしきり爆竹の雨を降らせた弟は、DQN達が敗走したのを満足気に見届けた後、私にサムズアップして部屋に引っ込んでいった。
    翌日の朝、こっそり弟に「爆竹はマズイのでは」と話しかけると、「直接ぶつけていないからセーフ」と悪い顔をされた。
    厨二病怖い。

    241 :名無しさん@HOME 2013/04/28(日) 00:54:40 O
    思い出した
    うちは「出されたものは残さず食べろ」「好き嫌い言うな」で、私子は幸いアレなし好き嫌いなし
    弟嫁はそういう子育てをバカにする人、それは考えの違いだから気にしてない
    弟子は「基本出来合いの惣菜」「間食大量」のせいか「肉少し魚野菜食べず白米のみ食べる」な子になった
    それも弟夫婦がそう育てたんだから、別にいい
    でも「弟子が中々大きくならないッ」「私子が成長したとか言うなッ」(←何も言ってない)とかヒスられても困る
    因みに「成長させるな」とも言われたYO!
    そんなわけで、私と弟はこの5年ほど年賀状のみのお付き合いw

    246 :名無しさん@おーぷん 2018/04/27(金) 00:17:13 ID:YjK
    社会に出た事がない大学生の弟。
    いい大学に入ったもんだから俺は高卒で働いて片親の親父も助けるつもりで家に金を入れてたんだが
    最近の弟がウザい。
    仕事した事ない、アルバイト経験も無いのに俺と親父に上から目線で説教してくる。
    最初は親父と笑って流してたが、世間知らずも酷くて親父の仕事(公務員)に対して
    「もうちょっと目の前にいる人(納税者のこと)考えよ」って言い始めたり俺の仕事を
    「肉体労働は体壊すから早く転職するべき」と顔を合わせるたびに言ってくる。弟を食わせて
    大学卒業させるために上京までさせたのに、就活せずに今年卒業。
    実家に帰って来て、教師の資格を取ると言ってる。通ってた大学は全く違う分野。
    弟なら教員免許取れるかもしれないって期待と、大学卒業したのにまだ親父と兄貴辞められないのかって絶望がごちゃごちゃして悩む。

    • カテゴリ:
    547 :名無しさん@HOME 2009/12/12(土) 17:23:03 O
    早々弟から「年末年始は実家帰らないから」と連絡が母にあったらしい
    弟嫁は妊娠中、小さい子もいるし犬のいる実家には来るの大変だろうけどさ
    里帰り出産するらしいから、産むまで実家には近寄らないんだろうな。
    断り文句は「インフルエンザが心配だから」その割には嫁実家には年末年始に行くんだから母の怒りを買うんだよ。
    せめて玄関口で挨拶するだけでもすればいいのに。

    944 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/08/02(水) 23:58:24 .net
    たいして黒くないかもだけど…
    弟の親友が私のせいでタヒんだ。
    家庭教師してた時に惚れられて、美少年だったから最初は可愛くてちょっと遊んであげたりしてたんだけど、だんだん本気になられてしまい面倒になった。
    束縛しようとするし重たかったからプライベートでは邪険にし始めたら目の前でリスカしたり、シンナーもやり始めた。
    タヒんだ夜電話が来ていつも会ってた場所に呼び出されて泣きつかれたんだけど、シンナー臭かったから冷たい態度で突き放して帰った。
    その場所でタヒんでいたらしい。
    携帯に最後に残ってた番号だったから警察から色々聞かれたけど会った事は言わずに「遅いからまた明日ね」と言いました、と申告。
    人通りが全くない場所だったからバレなかった。
    タヒぬほどのことじゃないだろうと未だに思っているのはちょっと黒いのかも。

    このページのトップヘ