小説

    19 :名無しさん@おーぷん 2017/10/06(金) 21:29:11 ID:ijp
    一ヶ月半ほど入院してたんだけど、個室だったし暇で暇で困ってたら義姉が見舞いに来てくれるっていうから
    お金払うから小説を5,6冊買ってきてほしいってお願いした。
    義姉はすごく本を読む人だからチョイスは任せた。
    漫画は読まない、雑誌はすぐ読み終わるので暇つぶしにならないから小説がいい、
    お義姉さんが面白かったと思うような読みやすいのがあればそれで、ってそんな感じで注文した。
    そしたら高橋克彦のドールズとか辻村深月のツナグとか福田和代のタワーリングとか色々買ってきてくれて
    どれもすごく読みやすくて面白くて一気に読み終えてしまった。
    で、一週間ぐらい経って「この間のどうだったー?」ってまた見舞いにきてくれた。
    「それですごく面白くて全部読み終えてしまった。もしまた来てくれるならその時またお願いしていい?」って
    図々しいお願いをしたら「だったらうちの本棚から持ってきてあげるよ」って言ってくれて
    翌々日にすぐ持ってきてくれたんだ。10冊ぐらい。
    その中に薄くて表紙が熊のリアルな絵の羆嵐って文庫があって、他のとなんか毛並みが違うなーと思いながら読んだら
    現実にあった事件がベースになってて怖くて夜眠れなかった上に、夢にまで見てガクブル。
    外の本はどれもこれも面白かったのに、あれだけは本当に怖かった。
    と言うことを後日義姉に言ったら「だべ?」とニヤリとされた。
    あの謎の微笑みはなんだったんだろう。
    でも義姉のおかげで久しぶりに一杯本を読めた。

    366 :名無しさん@おーぷん 2017/09/27(水) 17:51:18 ID:sxM
    友達が最近読書に嵌って、おすすめの本を聞いてきた。
    その時はなにも考えずに好きな作家のある小説を勧めたら
    それがすごく面白くて一気読みしたらしい。
    それで他にないか聞かれたので、その二度目の時は
    amazonとかで検索したら簡単なあらすじとレビューが載ってるから
    そこから面白そうだと思ったものを探したら?って。
    そしたら「それが面倒臭いから聞いてるの」って言われて
    まぁ正直って言えば正直なんだろうけど、デリカシーないなぁと思いつつ
    「本の好みってそれぞれ違うから、色々読んでみて自分の好みを探っていくのも楽しいよ」
    って言いながら、〇〇ってのも面白かったよって答えた。
    そしたら後日、その本を買って読んだけど嵌らなくて半分で挫折したんだって。
    その時に「本代無駄にした~」って言いながら「もっと面白いのない?」って。
    なんかムカッとしたから「天地明察」と「光圀伝」勧めたったw
    どっちもマジで面白かったけど、この人にはハードル高いだろうなぁと思って。
    最初にうっかり勧めたりするんじゃなかった。

    99 :名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木) 17:05:13 ID:eXH
    元彼の異性への距離感が違いすぎて無理だった

    付き合い当初から、異性との距離が近くてもやもやしてたけど、
    初めての彼氏だし…と思って付き合い続けてた。

    最近、小説を書くと言ってから一週間くらい連絡取ってない時期があって心配してたんだけど、
    その後はいつも通り連絡来たからちょっと奮発して夕飯とかを作ってた。
    書きあがった小説読ませてもらったら、彼女がいる作家(モロ本人)と後輩がヤるシーンがあって、
    どうしても気になってLINE見たら、内緒で女の後輩と部室に泊まってたwwwwww
    しかもその子と住んでるアパートが一緒で夜たまに呼んで二人で話したりとかしてるwww
    彼曰く小説を書く手伝いをしてもらってた(そもそも小説なんか一人で書けるだろ)と。
    そんなわけねーだろ!と問い詰めたら後輩の女の子に告白されたけど、タイプじゃないから断ったと言われた。

    その後輩とも知り合いだし私と彼が付き合ってるのも知ってたのに告白したのかとか、
    彼は彼で、彼女いるのに夜女の子と内緒で二人きりで話したり、部室泊まったり、
    挙句の果てに告白されたのにまだその後輩と普通に話に行ってるところとか
    なんかもうすべて信じられなくなった。
    彼氏と後輩いっぺんに失くした。
    ただ一線を越えたわけじゃないし私の心が狭いだけなのかとか、まだやっぱり好きな気持ちもあったりして
    なんかもうつらい。
    出家したい。

    434 :名無しさん@おーぷん
    彼に小説を貸したらメルカリで売られた
    「この前は小説ありがとう!面白かった!それで、あの本、定価より少し高く売れたよー!これでまた新しい本が買えるよ!」と、小説じゃなくて現金を返されて「???」状態
    なんで勝手に売ったのかと聞くと「だって、あの小説もう見たやつでしょ?ってことはもうしばらく読まないでしょ」と
    「好きな本だし、何度か読み返してるし、また読むけど…」と言うと
    「そうなんだ!俺は一度読んだら暫くは読まないかな?ずっと持ってても場所取るから、売って違う小説買うよ!また読みたくなったら中古で安く買い直せば良いし」とニコニコ

    小説をどう扱おうが人の自由だけど、私はそうじゃないんだから勝手に売らないでと伝えても「俺はー俺はー」で話にならないから、その日はとりあえず解散した
    後日話があると呼ばれて行くと「キンドルって知ってる?小説を残しておきたいタイプならこれにしなよ!場所取らないよ^^この前の本もダウンロードしておいたよ^^」とニコニコ
    そう言うことじゃないんだよ…
    キンドルタブレットは受け取らずにお別れして来た
    あんなにスーッと冷めたのは初めてだった

    このページのトップヘ