小学生

    75 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 14:52:14 ID:QpQ7VZ29.net
    昔の知人や夫は知ってることだけどそれ以外の人には口が避けても言えない話。
    小学生の頃、同級生にカッターで斬りかかったことがある。
    小1から小6まで同じクラスだったとある男子Aが今で言う発達障/害で、なおかつ乱暴者だったのでクラス中に迷惑かけてた。
    Aの親はトラブルの度に息子を凄い剣幕で怒鳴るんだけど根本的な対処はしてくれない。
    教師陣も頭を抱えるような存在だった。
    付き合いの長さのせいか私は特にAのお気に入りで、椅子やランドセルを引いて転ばされたり、レンガブロックで殴られたりしてた。
    小6にもなると男女の力の差も出てきてこのままじゃ杀殳されると思ったので、私はカッターを隠し持つようになり、ある日の下校途中、馬乗りになって殴られてる最中に顔を斬りつけた。

    512 :名無しの心子知らず 2017/12/11(月) 15:30:07 ID:DSzCb6Rx.net
    友達の子がサンタさんにswitchお願いしたの!と言ってたんだけど親の都合でプレゼントはwiiにしたってその子の母は言ってて、Uの方でもなく!?とびっくりなのと、少し可哀想だなって思って
    旦那に話してたら旦那とケンカになっちゃってモヤモヤがモヤモヤになったまま

    40 :彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 13:12:39 ID:vxKbUI58.net
    初恋の人と握手できたこと。
    20年以上前にそこそこ売れていた芸能人で
    当時まだ小学生の私の初恋がその人だった。
    今はもう芸能活動はやっていないんだけど
    その人以上に好きな人が見つけられなくて
    兄がタヒんで辛かった時とか、同じ病気を何度も繰返して
    長時間の手術を4回やった時も、彼が心の支えだった。

    縁合ってその人に会うことができた時はものすごく嬉しかった。
    ただ、もう今は芸能人ではないし、ファンです、なんて言うのは失礼かな、と思ったんだけど
    一緒にいた友人が「この子、20年間ずっと貴方のファンなんですよ」と言ってくれて
    彼も驚いた顔して「もうファンなんて一人もいないと思ってましたよ。凄くうれしいです。ありがとう」と握手してくれて
    色んな感情がこみ上げてきて、思わず泣いてしまった。
    これからもずっと好きだと思う。

    851 :おさかなくわえた名無しさん 2017/11/09(木) 19:35:49 ID:TFuxsRtx.net
    小学生の頃気分屋というか気性.が激しいというかとにかく面倒臭い子だった自分
    宿題も気分がのればささっと終わらせるけどのらなければダラダラ~としてた
    そんな時母親に「仕方ないからこれを飲みなさい」と謎の白い液体を出された
    母いわく「元気が出る薬」で近所に住んでる知恵袋的なお婆ちゃん(顔馴染み)がくれたというもの
    「これ飲んだらやる気が出てなんでもできる」と言われてすごい!と思って飲んだ
    本当にやる気がみなぎってきて何もかもささっと終わった
    でも何となく「よそに触れ回ってはいけない」と感じてた
    薬は病院でもらうのと雰囲気が違うし、それを飲む時は寡黙な父も「よかったな、お薬すごいな」とやたら饒舌になった
    成長とともに飲まなくなってきたけど大人になってから「もしかして今で言う脱法ドラ○グの類だったのでは」と思った
    そのくらい元気が出たから

    そんで自分も母になった
    子供が私に似た気分屋でいつまでもお片付けなどしない
    愚痴りというか相談ついでに母に「あの時の薬って今もどこかで売ってるの?」と聞いてみたら
    「あれはただ小麦粉を溶いた水よwダメ元でやったら効いてびっくりしたwプラシーボ効果てすごい」

    他にも「算数が得意になる薬」とかもあってそれも覿面効いてたらしい
    最初は小麦粉溶いたり塩水にしたりしてたけど最後らへんはただの水でも効いてたと
    父が饒舌に感じたのは恐らく暗示のため?

    なんとなく後暗い過去として記憶してた自分にとっては衝撃的だった

    なんとなく後暗い

    360 :おさかなくわえた名無しさん 2018/11/06(火) 15:51:50 ID:pNUCKOEc.net
    超アホな話
    私の父はスーパーの雇われ店長だった
    県内ではそこそこ大きいグループのスーパーなので
    友達にも「うちのパパ〇〇(スーパー名)で働いてるんだよ」なんて自慢してた
    ただスーパーのお仕事というのは具体的に何をするのか分からず
    唯一レジは分かるけどああいうのはほぼパートのおばちゃんがしてた
    父はどこで何をしてるんだろう?
    買い物に行ってもほとんどいない
    運が良ければ売り場で会えることもあったけど何をしているのか子供には不明
    家で「どんなお仕事なの?」と聞けば「うーん…食べ物とかスーパーにあるものを売るお仕事だよ」となんだか曖昧
    (小さい頃はレジのおばちゃんが『売る』ように見えたから)
    小学校1年生くらいの時に家庭内調査みたいなプリントが渡され保護者が記入していくんだけど
    父の職業欄に「小売業」と書かれていた
    「えっ?パパは〇〇の店長なのになんで?!」とプチパニック
    「小売業」の意味が分からなくてその頃覚えたての国語辞典をひいてみたら
    「小売業 消費者へ直接販売する店。生活用品などを安く仕入れて高く売る」(うろ覚え)
    当たり前のことなのに子供すぎて「安く仕入れて高く売る」のフレーズか大ショック
    とても悪どい事に見えた
    半泣きで両親に猛抗議「酷い。おやつもパパのせいで高い!みんなが欲しいものを高く売るなんて!」
    父のことは「お金儲けしたい悪い人」という認識になりしばらく反抗期みたいになった
    さすがに3年くらいの頃になると僅かながら社会の仕組みが分かってきて父に対する酷い認識も消えた
    今となってはあの辞書は小売業に何か恨みでもあったのかと思う

    このページのトップヘ