小児科

    152 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/09/20(水) 14:06:34 ID:DG0SuBX/.net
    子供の4ヶ月検診で母子手帳を見た医師から「予防接種をたくさん受けてるんだねー。まだ小さいのに」という言葉にイライラした
    低体重で生まれて今も発育曲線の下線より少し下なこともあり、重症化したら怖いので定期接種も任意接種もすべて受けてるだけなんだけどね
    何でそんな事を言うんだろう。しかも小児科の医師で70歳以上の高齢なら経験豊富なはずなのに

    283 :名無しの心子知らず 2013/09/04(水) 11:10:23 ID:hnaetNNh
    さっき行ってきた病院で起きた事。
    一応子連れだったっぽいのでこっちに投下します。
    文才も無いし、キチママ成分は普通かもしれませんがお付き合いください。

    自分は喘息が酷くて定期的に病院に通ってる。
    そこの病院は呼吸器内科のあるフロアに小児科もあるけど、
    待合室で待ってたらいきなり小児科の方から女性の大声が聞こえた。
    聞き取れた範囲で書き込むと、
    ・何故医者として女が出てくるのか。
    ・女の医者などいるはずがない。
    ・これは経歴詐称(ハッキリ聞こえた)だ。
    こんな感じの事を叫んでた。
    ずっと叫んでたり(姿は見てない)、ビビった子供達が泣いたりでカオスだったけど、
    その間に自分の番が来ていつも通り診察を受けた。
    担当の人が「たまにあぁいう人は来るんですが…」って苦笑い状態だった。
    診察終わった時もまだ騒いでたけど、そのまま帰ったので結末は不明。

    たしかに女性の医者はまだ少ないと思うけど、
    女性の医者がいるはずがないって頭の中身が古すぎるんじゃないかと。
    以前も小児科に変なのが出たけど、小児科ってそういうのが集まってしまうのかな、と偏見を持ってしまった。

    以上です。

    587 :名無しの心子知らず 2017/11/22(水) 11:48:55 ID:R+aTgtMa.net
    インフルエンザの予防接種をどこの小児科で受けたか毎年聞いてくるママさんがいるんだが
    ○○で受けたと言うと「えー、あんな高い所選ぶんだー」みたいに毎年毎年言われる
    高めの所で気にせず受けたってのも自慢みたいに取られるのかな、気をつけようと思い
    今年は「□□が安かったけど予約取れなくて○○で受けた」みたいな言い方に変えてみた
    そしたら「えww安いっても数百円でしょ?w」みたいに小馬鹿にされたのが解せなくてモヤモヤする
    いつもは人あたり良いママさんなのに、何故インフル予防接種の話の時だけ感じ悪くなるのか謎すぎてそれもモヤモヤする

    847 :1/2 2007/11/26(月) 17:17:34 ID:jTqlhsgq
    やっと通常生活に戻れたのでカキコ

    1ヶ月ほど前に持病が悪化し眩暈でフラフラになりながらかかりつけの病院へ。
    総合病院の耳鼻科なんだけど、隣は小児科。風邪が流行りだした頃だったので
    小児科待合いは大混雑でした。耳鼻科は比較的空いていたし、眩暈が酷く座っている
    だけでも辛かったので三人掛けの椅子の1番端に座り柱にもたれかかる様にしていた。

    そこへ1歳くらいの小さな子どもを抱いた母親が来て、「ここ開けて下さい」と話しかけられた。
    三人掛けの椅子に座ってるのは私だけで、十分に座れると思ったので「空いてますからどうぞ」
    と言ったら「そうじゃなくて、付き添いの父親も来るから3人で座れるようにどいて欲しいんです。
    耳鼻科なら立っていられない程具合悪くないでしょ?」と言われ呆然。普段なら言い返したい
    所だけどそんな元気も無いので「具合が悪いので無理です。座ってるのも辛いくらいです。」
    とだけ返して後は何を言われもひたすら無視。父親も登場して色々喚いてた(仮病だとか、
    耳鼻科に受診する程度では病気とは言えないとか)所で具合悪さがピークに達して戻しそう
    になったので席を立ち洗面所へ向かった。当然親子は椅子に並んで座り、父親が私に
    「立って歩けるほど元気ならグタグタ言われる前にさっさと立てよ、バカ」と怒鳴りつけた。

    132 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/09/13(水) 11:21:45 ID:KfNhm2Rw.net
    小児科にパジャマで来てる子がいた
    6歳か7歳くらい
    親が汚い金髪だったからそれも込みでちょっとうわぁ…って思った
    まぁどうでもいいんだけど

    このページのトップヘ