宗教

    690 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 15:00:57 ID:doPb8Ej6.net
    スレ違いかも?

    相手の彼は社交的で人との付き合い方がとてもうまかった。しかも初対面の人とも臆することなく話して、すぐに気に入られるような人。
    礼儀作法もきちんとしていたし、細かなところまで気遣いができる人だった。
    「すごいなぁ、私もこんな風になれたらいいな」と思ってた。尊敬できるところばかりだったし。
    でも何年も付き合っていたのに、彼に秘密にされていたことがあった。始めの頃は凄く気になってたけど、尋ねても言葉を濁されてたし「まあ、浮気じゃなさそうだしいいか」と考えるようになってた。
    そしてある日、彼に「今まで秘密にしてたんだけど.....」と言われた。そして教えてもらった。
    彼の家はとある新興宗教にどっぷりハマっているという内容だった。
    きっかけは父親が病気だったときにその宗教にであい.....だそうで、そこから母親、祖父母、彼の兄弟....と。
    上に兄が2人、下に弟と妹がいた彼。もちろん皆さん生まれたときから2世になることが決まっていたらしい。特に上2人は青年部から運営?の方に誘われてそこで働いているとか。
    彼自身も青年部に入っているとのこと。
    人付き合いがうまいのは、子どもの頃から知らない人や初対面の人と話す機会が多かったから身についたものだということらしい。

    つまり彼のこの性.格は宗教活動によって身についたものだったと気付いた。
    それを打ち明けてくれたのはとても勇気が必要だったと思うし、嬉しかった。でも月日が経つにつれて「宗教かあ.......」と考える日が増えていった。もし結婚するとなると私も入信しないといけないのか、そうなると子どもは?とか悩むようになっていった。
    そう考えると、もうダメだった。
    何を考えるにしても、宗教がチラついてくるようになっていった。

    127 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 16:56:13 ID:RYfh04Ck.net
    流れをぶった切ってしまう気もするけど空気読まずに投稿。

    義姉の友人のAさんは産婦人系の病気で子どもが望めなかった。
    Aさんと私には共通の趣味があって、義姉も交えて3人でよく遊んでいた。
    A旦那さんは「子どもなんかいなくても大好きな嫁さえいればいい」って日ごろから口にしていて、
    素敵な人だなあと思ってた。

    だけど結婚してから1年くらいたった頃に、Aさんが泣きながら私の家にやって来た。
    聞けば旦那さんが飼っていた猫を山に捨ててきてしまったらしい。
    Aさんは独身時代から飼っていた猫をとっても可愛がっていて、
    A旦那さんも動物が大好きでAさん宅はちょっとした動物園みたいになっていた。
    急いで義姉に連絡して、A旦那さんに凸ると「猫は不妊の元だと○○先生がおっしゃっていたから捨ててきた」って平気な顔で言ったよ。

    その先生っていうのが、A旦那さんが数が月前から信仰し始めた新興宗教団体の創始者みたいな人。
    A旦那さん曰く、猫は目の色が左右で違っていたんだけど、それが呪いの元だから処分しないと大変なことになる、って先生に言われたんだって。
    だから素直にそれに従った、これで嫁の不妊は治る!ってドヤ顔で宣言するA旦那さんは私の知っている人じゃないように思えた。

    さらにA旦那さんを問い詰めると「猫も鳥も魚も亀もハムスターもみんな捨てたし、犬は先生にあげたよ」なんて言いやがった。
    私絶句、義姉激怒、Aさん気絶。
    その後Aさん夫婦は離婚して、Aさんは先生からやっとの思いで取り返したワンちゃんと二人で暮らしてる。

    Aさんは元旦那がそんな宗教に入団?したことさえ知らなかったらしい。
    アブナイ宗教って人を狂わすんだなあ。

    661 :名無しさん@おーぷん 2017/08/28(月) 09:01:51 ID:OEq
    古くさい名前といえば、自分の子どもが6歳だけど、産まれた時に
    義父が新興宗教のトップに名前を付けてもらうと言いはった
    新興宗教といってもそこそこ歴史あって信者も多くて人畜無害っぽいところ
    子の名前にはそれほど思い入れがなかったので、サトシとかマサユキとか、普通っぽくてよかったのだが
    もらってきたのがもっとおじさんっぽい名前だった
    「正男」「光夫」みたいな感じ
    いや、キラキラネームより一億倍良いし、普通にいい名前ではあるが、
    でもしかし現代の子なんだよ…って絶句した
    義実家との絶縁覚悟ですったもんだして何とか回避
    なんとか義父の一文字を使うってことで納得させて「正宗」みたいな四文字名前に落ち着いた

    そのことはずっと心の中でモヤモヤが残っていたわけだが一旦は収まった
    先日、その宗教にお参りにいったら、着物で正装した母親と3歳くらいの男児が歩いていて
    子どもの靴をふと見たらかかとに名前が書いてあった
    その名前をみて衝撃
    私の子どもに提案された名前だった

    847 :名無しさん@おーぷん 2017/08/21(月) 12:33:34 ID:OGN
    気分悪くなる書き込みなので読むときは注意してください

    私の祖母は35歳で癌で亡くなったらしく、母と祖父二人で生きてきたそうです
    今みたいに高額医療費の設定がしっかりしていたわけではなく、祖母の治療費で家計は火の車だったそうです
    母は高卒で働きに出て、二十歳で結婚しました

    私の父は私が生まれてすぐ宗教にはまり、人が変わってしまい、私は毎日正座して祝詞を唱えさせられたり、罰と称して殴られていました
    しかも出家するため離職したうえ、500万の借金をしたので、祖父が母と私を連れて逃げてくれました
    4歳の頃です
    田舎の方だったのでまだシングルマザーに対する風当たりは強く、私は外に出るたび近所のおばさんたちから嫌がらせを受けました
    借金取りもなぜか我が家にまで来て、何度も引越ししました
    何度めかの引っ越しのあと、借金取りがパタリとこなくなりました
    生活は安泰でしたが、数年後のリーマンショックで祖父と母が相次いで無職になりました
    高齢の祖父は再就職なんかなくて、交通整理の仕事に
    母も家庭より仕事を優先して働いてました
    二人共子供がお金の心配をする必要が無いと勉強は十分させてくれて、私も学費の安い文系の国立大なら出られました
    高校の頃は理系でしたが、理系の学費が文系と比べて100万ほど高く、選択できませんでした

    大学を出たあとは就職できましたが、その頃から祖父の変な言動が目立つようになりました
    認知症でした
    母が病院へ連れて行く最中、後ろから車に追突され、母は首の神経をやられて体に軽く麻痺が残りました
    日常生活に支障が出て、車を運転できなくなっても、障/害者手帳は出ませんでした
    母に祖父の介護は難しく、施設に空きが出るまで私が介護離職しなくてはならなくなりました
    加害者保険との裁判、市役所への相談、事故の手続きのために警察署の呼び出しや通院のための母や祖父の足も私がやらなければならず、とても働きながらできる状態ではありませんでした

    今日弁護士に相談するため、弁護士事務所に予約して行ったところ、受付が高校の頃の同級生でした
    相手はすぐに私だと気づき、親しげに話しかけてくれました
    同級生はとても身奇麗で、弁護士の人と結婚したそうです
    他にも高校の頃の同級生の話をしてくれて、皆当たり前のように結婚して働いて家庭を築いてるそうです
    私の事故の話を聞いて本気で心配してくれました
    でも、私は惨めで仕方なかった
    私も彼氏はいたけど、母が事故に巻き込まれたときに彼氏の母から「これだから片親は」と罵倒されて別れさせられた
    こんな現状で結婚ができるなんて夢見るほどお花畑でもない
    普通の家庭が欲しかった

    904 :おさかなくわえた名無しさん 2012/03/04(日) 19:34:18 ID:kDhpv9hK
    大学時代、高校のときに仲が良かった女の子から手紙が来た。
    可愛らしいが、賢くて、なかなかいい奴だった。
    高校時代は仲良かったけど、当時は帰省したときに会ったり、たまに手紙や電話するくらい。

    で、その手紙があからさまに分厚い。開けてみたら、便箋と一緒に自己啓発セミナーのチラシ。
    手紙の内容はいつもの大学の話じゃなく、「セミナーを受けた」「すごく新しい発見が」とか。
    見た瞬間に「うわあああああああああ」ってなって、手紙を引き出しに放り込んだ。

    そしたらその晩電話が。
    「手紙、着いた?」「えええ、いや、特に」ついつい嘘をついた。
    内容は延々と「セミナーを受けた」「新しい発見が」とかそんな感じ。全部「お、おう・・・」みたいに聞いてたが、
    「今お金が足りないなら、私が貸してあげる」って言葉に愕然とした。お金関係は特にしっかりした子だったのに。

    翌日も宅電に電話が来たが、ついつい電話に出るのをためらってしまい、留守電に切り替わる。
    留守電メッセージが流れたとき、向こうの話し声が聞こえるのな。
    「もしもーし…」聴こえる彼女の声。すると、

    「チッ・・・いねーのかよ・・・つかえねえ」

    と、いつもの想像も付かない言葉に凍りついた。
    自己啓発セミナーってなんなんだろうなホント。

    このページのトップヘ