子供

    321 :名無しさん@おーぷん 2015/06/20(土) 08:18:28 ID:ht7
    出来れば笑い飛ばしたい過去の修羅場を1つ

    自分は40万かけて顔を整形済みの所謂サイボーグ女w
    もちろん自分で必タヒに貯めたお金です
    元は容姿のせいでクスクスされてきた根暗デブス女でしたwww
    十代終わりに好きな人に告白して「なにこれwドッキリ?www」と断わられたことをきっかけに、どこかふっきれ20kgのダイエット&整形費用を貯め整形
    わずか1年間の出来事でした

    これが前提

    整形後すごく明るくなって彼氏もでき、成人式には年上の彼氏に車で送り迎えしてもらってその後そのまま温泉旅行と人生で一番浮かれていた時期でしたw

    その彼氏に付き合って1ヶ月程経った時、急に夜に「今、出てこれる?」と呼び出されました
    車の中での訳のわからない重苦しい雰囲気にどうしたの?と尋ねると「今まで黙ってたことがある」と

    彼が30歳近いこともあって あれ?これもしかして私、不倫の片棒担がされてた? と不安になってたところ
    彼は実はバツイチで子供がいたそうです

    なんだーwそんなことかーwとほっとして、「そんなこと気にしないよw」と話が終わりそのまま2人でホテルへ

    すみません長いので一旦切ります

    543 :名無しさん@HOME 2013/01/08(火) 17:09:06 0
    結婚して四年経ってもこどもができず悩んでいた時期に
    義姉から突然の呼び出しがあって一対一で会うことになった
    開口一番「作らないの?できないの?できないなら原因は?性病?中絶?お祓いついていってあげようか?こどもいない夫婦なんて変よ」
    欲しいのにできないと義実家には言っていたのにこの言い草に
    頭真っ白になって気づいたら自宅のリビングで泣いてた
    相手も悪いと思うけどいきなり帰ったこちらも失礼だったと思い
    すいませんでしたと電話したら
    「こっちは本気で心配してるんだからしっかりしてください
    お祓い○日でいいかしら」と返ってきたので旦那に話して距離をおくことにした
    それからしばらく経ち義姉も結婚五年目を迎えたけどこどもが欲しいけどできないと聞いたので
    呼び出して「作らないの?以下略」をそっくりそのまま言ってやった
    なんてこと言うの!!恥を知りなさいと言われたので
    こっちは本気で心配してるんですよ!!お義姉さんこそしっかりしてください
    こどもいない夫婦なんておかしいですよ
    と言ってやった
    あっちはもう自分の言ったこと覚えてないみたいだったけどすごくスッキリした

    919 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 23:44:48 ID:eR2vyFv/.net
    子が産まれて最初に行ったとき

    祖母「何か必要なものがあったら言ってね」
    義母「大変なときはいつでもかけつけるから遠慮しないで頼ってね」
    母「いつでも預かるからね、無理しないでね」
    叔母「あんたに万が一のことがあったら私が育てるから安心してね」

    悪意があって言ったわけじゃないと思うが、万が一を願われているように感じて、叔母の発言にモヤッと

    109 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/03/05(木) 11:38:20 ID:EQcrFWES.net
    スーパーのトイレで女児が杀殳された事件からもう○年とかで
    先日テレビで取り上げられてたけど
    小さい子を1人でトイレに行かせる親ちっとも減らない
    そういうとこで掃除をしてるんだが
    その気になったら簡単にやれるなーと思う
    3歳児くらいならお掃除カートの中に入るし
    トイレ周りは監視カメラないし
    誰も掃除のおばちゃんなんか疑いもしないだろうし

    221 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 11:22:50 ID:GOceMhOW.net
    お勉強が出来たらお金を沢山稼ぐ事が出来る職業につきやすい
    お勉強出来なくてもお金を稼ぐ事が出来る人はいるけれど、その確率は凄く低い
    才能があればお金を稼ぐ事は出来るが、その才能を伸ばすためにはお勉強をしないといけない

    うちに遊びに来た子ども(1年生)の同級生が↑という内容を話ししたらしく
    勉強が苦手な兄(2年生)が凹んでいた
    「サッカー選手になりたいんだけど、勉強いるのかな」とか言い出した
    事実なんだけど、小1からこんな話しするかなー

    このページのトップヘ