子供

    137 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/15(日) 10:12:10 .net
    俺のオカンが2週間ぶりに電話してきたらヒスった

    もうそんなに嫌わないでくれよ

    そりゃ、前はしつこかったしれない
    今は向こうだって我慢してた事はわかるだろ?

    484 :名無しさん@おーぷん 2016/02/14(日) 15:11:39 ID:Zit
    妹の神経が分からない。
    私は30代後半、妹は30代前半。私は既婚で子供あり、妹は独身で実家住まい。
    私は遠方に越している。

    妹は人の容姿の美醜を異常に気にする。
    もちろん自分の見た目にも凄く気を遣ってはいる。
    私たち姉妹は元々の顔は似ていて、平安美人顔だった。地味顔で目が腫れぼったい感じ。
    ただ、妹は背も高くスタイルいいので目立ってはいた。

    妹は二十歳の時、こんな地味顔嫌だと二重に整形した。両親はアイプチで何とかしろと言ってたけど。
    それからは、付け睫やカラコン等を駆使し、私とは似ても似つかない感じに。
    お姉ギャルみたいな雰囲気。
    私は地味顔続行。

    二重整形も濃いメイクも、本人が選んだ道だし私は特に何も言わなかった。
    ただ、たまに他人に「(私)さんの妹さんギャルっぽいけど美人!あんまり似てないね」と言われると、ちょこっと悲しかったりはした。

    何年も経って…
    三十路間近になって、私の目が二重瞼になった。
    最初は左だけ(この時作ったパスポートは両目の大きさが違う)、次は右目。で、三十代前半で両目とも二重瞼になった。二重になった分、ちょっと目が大きく見えるようになった。

    このせいなのかしらないが、もともと人の容姿にうるさい妹だったのが更にうるさくなった。
    (昔からあの人不細工~、あの芸能人メイクが変~とかよく言う妹だった)

    「二重の幅、なんか違うよ?(苦笑」→元々の二重じゃないし仕方ないじゃん
    「目、腫れてない?眠そう~プッ」→元々、アンタも私も腫れぼったい目だったじゃん
    「本当にうすぼんやりした顔だよね」→知ってる
    「腕ふっとい!デブがひどくなったね」→子供担ぎ上げてれば太くもなるよ

    遠方だからたまにしか帰省しないけど、毎回こんな調子でうんざり。
    テレビ見りゃ「この顔絶対整形~」「目のこの辺が不自然」って、それしか話題がないのか。

    207 :名無しさん@HOME 2006/04/21(金) 11:43:48
    私が出会った梨子も、最初は気さくな感じでした。
    しばらくしておかしいな・・・と感じてきましたが。
    ママ友の子A君を小1から小3まで、ママ友が仕事のある土日(月に2~3回)
    預かっていました。
    しばらくして、梨子から誘われて会った時に「来週からパートに出ることが決まったの。
    土曜日も仕事になりそう。あなたはA君の面倒みてるんだから、うちの子のことも
    みれるよね!」と言われました。
    当然「みれないよ」と言いましたが。
    梨子は「えええ~!!じゃあ、なんでA君のことはみているの!?」と驚いていました。
    勝手にあてにしていたようです。うちは、無料の託児所か?と腹立たしい思いをしました。

    101 :名無しの心子知らず 2018/12/05(水) 16:22:39 ID:6ZhjZaUY.net
    夫が出張で不在なんだけど、今朝子供(4歳)に、パパが大好きだからパパにずっといてほしい、ママはタヒんでいいよ、早くタヒんで!と言われた
    なぜか怒りも悲しみもわかず、何も言えなかった
    私がタヒんでいなくなったら、優しい夫が仕事行かずにずっとそばにいてくれると思ってるのかな?
    私がタヒんだら義母に預けられるか、夫が再婚して継母に育てられるかになるだけだろうに
    子供に厳しすぎたのかな?虚しいな

    82 :名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日) 17:01:52 ID:Ap7
    下の子が今月で一歳。そろそろ家族旅行したい!と思い立つ

    乗り気でない夫に、ネットで調べた「赤ちゃんウェルカムのお宿」などを含めた旅行プランをプレゼンする。

    夫乗り気になる。近距離別居してるウトメも連れて行きたいと言い出す。ウトメ好きの上の息子(2歳)も喜ぶ。
    私、渋々承諾する。

    ウトメも喜び、一緒に行くことになる。旅行予定日決まる。

    旅行前前日になって、下の子が風邪引く。私、旅行の延期を提案する。却下される。

    ウトメと夫と上の子、今朝旅行に出発。 ←今ココ

    このページのトップヘ