子供

    57 :おさかなくわえた名無しさん 2009/04/08(水) 17:05:59 ID:Sr6daZvL
    彼は赤ん坊や小さい子供がいると可愛いと言って相手をしに行き、
    ベビーカー押しながら子供に話しかける母親を見れば
    「ああいうのっていいね」とか言ってくる人
    私は赤ん坊や子供が苦手で、狭い所にベビーカーで来る母親なんかは舌打ち対象でしか無い
    ので何かとウザかったんだけど、彼の兄に子供が生まれデートの度に甥っ子の
    話ばかり、写メを見せてくる様になり我慢の限界が来て子供が好きじゃ無いからそういう事されても
    困る、と告げたら心底驚いた顔で、「女の子なのに赤ちゃん嫌いなの?」と言われ冷めた
    女だからって子供好きとは限らない、今子供作んない人も多いでしょと言うと
    「じゃあ俺と結婚しても子供欲しくないの?」と言われさらに激冷め
    だから子供嫌いだって言ってるじゃん!と言ったら喧嘩になった
    別れよっかな…

    56 :名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月) 19:24:08 ID:9gk
    流れを読まずにさっきあった事を書く。
    ・カップ麺に息子(2才)が興味を持つ
    ・俺、カップ麺の写真を指差し「このラーメンが入っているんだよ」と教える
    ・息子「わー!」俺「よし、作るか!」
    ・俺、お湯を入れる為にカップ麺の蓋を外す
    ・息子、中身を見て大泣き
    ・息子、お湯を入れた完成品を見て「おおお!」とテンションUP、泣き止む

    たぶん息子的には「お湯なんか入れずにすぐに食べよう!」ってノリだったんじゃないかな。
    蓋をあけた中身が乾燥した麺だからってショック受け過ぎだw
    嫁は「夕飯前に何してるの」と呆れてたw

    577 :おさかなくわえた名無しさん 2013/07/25(木) 16:10:26 ID:ipKWPCgv
    本屋で少し洋書も扱うところに勤務してる。
    夏休みの親子連れが酷い。本当に酷いとしか言えない。
    絵本汚す、飾りの雑貨持ち帰る(母親が)そして雑貨を壊す(子供が)
    んで買わない!!!
    ようやく現行犯注意すると「あ…これ子供がやったんで…」と言う母親もしくは父親。
    買い取りをお願いする(買い取りしようとする人はごくわずか)。
    雑貨やディスプレイの破損は弁償はお願いしてなかったんだけど
    最近弁償してもらう事になった。
    すると逆に怒られるんだ…
    子供がしたのに?子供がした事なのに弁償?! そして「ケチな店!!もう来ない」「潰してやる!!」
    まで言う親もいる。。
    絵本は立ち読みするタイプの本じゃない、子供と家で楽しめ!!

    759 :名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水) 11:59:29 ID:SB9
    娘の小学校の担任が、娘の名前を読めなかった衝撃話
    名前は翔子(しょうこ)←仮名です
    余裕で読める普通の名前なのに「なんで!?」と衝撃を受けた
    あとで理由聞いたら「あまりに凄い読み方のお子さんが多すぎて…深読みしてしまいました」と納得したw
    ビュロワ君とかシーズンちゃん(身バレこわいので漢字は創造して下さい) に囲まれたら翔子(仮)だって警戒するわなw
    それで間違えたら難読児の親に怒られるんだから担任も大変だわ


    606 :名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/12(土) 13:42:09 .net
    流れ読まずに書捨てていく。
    20年連れ添った。
    稼ぎ悪くても文句言わずにアレコレ工夫して子供の服つくってたりケーキ焼いたり
    ハム作ったりする嫁だった。
    子が増えてもオレの稼ぎは底辺。
    それでも文句言わずに嫁が昼夜働きだした。
    子がアレルギ体質だったり障害ちとあっても、一人でニコニコ切り盛りしてくれていた。
    そんな嫁が倒れた。
    倒れたけど、嫁の作りおきのおかずを駆使して、
    上の子が下の子の面倒は見てくれていた。
    子供が、上は下の世話をするのは当たり前だと思う。
    オレは大した事ないと、趣味のゲームや、スロと仕事で疲れたを言い訳に休みは昼寝三昧していた。
    子供が洗濯や風呂なんかも、上の子が下の子の面倒は見てくれていた。
    毎日学校帰りにお母さんのとこに寄ってメモもらってくるんだ!と、見せてもらった紙には料理の手順や、細かい指示?がされていた
    嫁は子の、しつけ?してるんだなとしか思わなかった。
    退院も来れる?と聞かれたが、近いんだから平気だろと放っておいた。

    このページのトップヘ