子供

    732 :名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土) 17:12:39 ID:???
    子供が風邪ひいて高熱→看病→私も感染→私も高熱、ふらふらになりながら看病
    →子供は先に治る、私まだふらふら→子供は構って欲しくて不機嫌→宥めながらやり過ごす
    →やっと私も治る→子供がまた風邪ひいて高熱→

    このループを幼稚園入園した4月からずーっと繰り返してる
    子供はすぐ元気になるけど、なんか徐々に私の体力が削れてる気がする
    子供からうつされる頻度もうつった時の症状も酷くなってるし治りにくくなってる
    疲れた…

    360 :おさかなくわえた名無しさん 2018/11/06(火) 15:51:50 ID:pNUCKOEc.net
    超アホな話
    私の父はスーパーの雇われ店長だった
    県内ではそこそこ大きいグループのスーパーなので
    友達にも「うちのパパ〇〇(スーパー名)で働いてるんだよ」なんて自慢してた
    ただスーパーのお仕事というのは具体的に何をするのか分からず
    唯一レジは分かるけどああいうのはほぼパートのおばちゃんがしてた
    父はどこで何をしてるんだろう?
    買い物に行ってもほとんどいない
    運が良ければ売り場で会えることもあったけど何をしているのか子供には不明
    家で「どんなお仕事なの?」と聞けば「うーん…食べ物とかスーパーにあるものを売るお仕事だよ」となんだか曖昧
    (小さい頃はレジのおばちゃんが『売る』ように見えたから)
    小学校1年生くらいの時に家庭内調査みたいなプリントが渡され保護者が記入していくんだけど
    父の職業欄に「小売業」と書かれていた
    「えっ?パパは〇〇の店長なのになんで?!」とプチパニック
    「小売業」の意味が分からなくてその頃覚えたての国語辞典をひいてみたら
    「小売業 消費者へ直接販売する店。生活用品などを安く仕入れて高く売る」(うろ覚え)
    当たり前のことなのに子供すぎて「安く仕入れて高く売る」のフレーズか大ショック
    とても悪どい事に見えた
    半泣きで両親に猛抗議「酷い。おやつもパパのせいで高い!みんなが欲しいものを高く売るなんて!」
    父のことは「お金儲けしたい悪い人」という認識になりしばらく反抗期みたいになった
    さすがに3年くらいの頃になると僅かながら社会の仕組みが分かってきて父に対する酷い認識も消えた
    今となってはあの辞書は小売業に何か恨みでもあったのかと思う

    303 :名無しの心子知らず 2012/04/23(月) 16:32:27 ID:h9q75l4F
    これは基地なんだろうか?
    なんか変な母親がいたので投下

    今日の朝、雨がやんでるうちに…と子どもとバタバタ近所のスーパーに買い物に行った
    子どもは1歳過ぎで、最近バイバイがブームらしく店員さんやお客さん問わず目が合うとバイバイしまくる

    今日もレジで店員さんに熱烈バイバイをしてたら後ろにいた同じく子連れの母親が
    「ほら!◯◯君もバイバイして!出来るよね!ほら!バイバーイって!」
    と対抗?してきた
    ただ、その子どもは何度母親が言ってもバイバイしなかった

    私の会計が終わり、袋詰めをしてると向こうも会計が終わってこっちに来た
    そして母親がバーッと寄ってきて
    「たかが手振るぐらいでいい気になるな!バーカ!」
    と暴言を吐いて去って行った
    一体何だったんだろう…

    397 :名無しさん@HOME 2012/05/01(火) 19:34:58 0
    昔育児板で
    三歳の子供がお父さんの職業(薬剤師))が上手く言えなくて
    「ボクのパパ、ヤ●ザ。お薬売る仕事だよ」
    と触れ回ってあせったってのあったなぁ

    231 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 00:30:51 ID:kSM+bcpF.net
    公園でよく息子が同年代の同じ子にシャボン玉を借りるんだけど、ママさんにどう話しかければ良いのか戸惑ってばかりでいつも話せない

    シャボン玉を借りる時は他にもお友達らしき子が何人かいて、いつのまにか息子が混じってるという感じ

    感じの良さそうなママさんだからお友達になりたい…と思って子持ちの友人に相談してみたら、
    砂場おもちゃを借りるならまだしも、消費するシャボン玉をいつも借りて何のコミュニケーションも取ってないのはアウトと言われた…

    今から挽回って無理なのかな、シャボン玉位なら…と思ってた自分を今猛烈に恥じてる…

    このページのトップヘ