嫌われ者

    807 :可愛い奥様 2019/04/16(火) 12:46:35 .net
    顔立ちは関係なかったな

    嫌われるのは相手が言って欲しくないことやカチンと来ることを言っちゃう子、
    「アタシ女子は苦手え~、男子と一緒にいる方があってるの~」と女子を馬鹿にして男子の集団に行ってクネクネしてる子、
    自分勝手で自分の主張が通らないとすぐにむくれたり泣き出したりしてみんなにごめんねと謝らせる子とかだったよ

    意地悪とかはしないけど、もしグループを作らなきゃいけないときに
    積極的に声は掛けたりはしない程度(これは仕方ないよね)
    その子が余ってて先生から入れてあげてといわれたら心を押し杀殳して入れてあげて、
    その行事の間は嫌なことを言われても、女子をディスられても、ご機嫌とらされても耐える苦行が続くだけ

    416 :名無しさん@HOME 2009/08/15(土) 21:31:34 0
    うちの姑も糞でご近所に嫌われている。

    今日食事に行ったとき、姑と同じくらいの年代の人が、
    娘さんと食事してるのに出くわした。
    姑「娘がいるといいわねー。以心伝心って言うか、
    家の嫁はほんとに気が回らないから10回言っても1回くらいしか
    家に来ないのよー。(中略)もう~ランチにもいけないじゃない」
    近所の人「友達つくればいいんじゃない?」

    近所の人も酷な事言うなと思った。

    416 :名無しさん@HOME 2009/08/15(土) 21:31:34 0
    うちの姑も糞でご近所に嫌われている。

    今日食事に行ったとき、姑と同じくらいの年代の人が、
    娘さんと食事してるのに出くわした。
    姑「娘がいるといいわねー。以心伝心って言うか、
    家の嫁はほんとに気が回らないから10回言っても1回くらいしか
    家に来ないのよー。(中略)もう~ランチにもいけないじゃない」
    近所の人「友達つくればいいんじゃない?」

    近所の人も酷な事言うなと思った。

    819 :名無しさん@おーぷん 2016/11/05(土) 11:48:02 ID:KoQ
    結婚すると親の知らない面が見えるようになると言うがまさにそれだった。
    俺27歳、嫁25歳で結婚し、実家から近距離のアパートに住んだ。
    そしたら嫁姑戦争が起こった。
    いびりじゃないんだが、おかんが一言多い性格なんだな。
    ウザイとこがあるのは知っていたので、そのたび母を「余計なこと言うな」とシメてた。
    そして嫁には「悪気はないんだ、ごめん」とフォローした。
    その頃俺は2chは見てたんだがν速やサッカーや車関係しか見ていなくて
    「悪気はない」が女にとって地雷のセリフだと知らなかった。
    その後嫁が妊娠し、3ヶ月だか4ヶ月で妊娠がわかり
    親に報告。
    しかし6ヶ月の時、嫁が実家に帰ってしまった。
    里帰りでなく、「お義母さんといると神経衰弱になる、離婚してもいい」と言われた。

    言い訳になるが、それまで俺は母を社交的な人だと思っていた。
    いつも友達と遊び回っていて家にいなかったし、ウザいが友達が多い明るい性格で
    皆と仲良くやれているのに、嫁だけが母とうまくいかないのはなぜだ?
    嫁がわがままなのか?と疑っていた。
    しかし嫁が実家に帰ってしまったと周囲に知れたとたん、
    親父も、妹も、近所の人も、母の友達だと思ってた人も、
    「なぜ嫁さんを守ってあげなかったのか」
    「(母)さんはああいう人だとわかっていただろうに」
    「(母)さんのことなんて放っておけばよかったのに」と責めてきた。
    母は社交的どころか、嫌われても出張っていく、ただのアグレッシブな嫌われ者だった。

    567 :1/2 2012/09/13(木) 19:20:45 ID:NSPXL968
    キチガイというか、ただの変人かもだけど
    以前から、立ち話してる人の輪に割り込んできては
    他人の悪口ばかりを言ってる、近所の嫌われ者ママが居る。
    このあいだの日曜、公園でお年寄りが倒れて
    近くにいた私たちが救急車を呼んで、ちょっとした騒ぎになった。
    そしたら、その嫌われ者が嬉しそうに走って来て
    「なに、なに、誰か怪我した?タヒんだの?」とか不謹慎な発言。
    みんなイラッとしたけど、いつもの事なのでほっといたら
    救急隊員が処置してるお年寄りの前に、自分の子供(保育園年長)を立たせ
    ポーズを付けさせて、携帯で写真撮ってる。

    このページのトップヘ