嫁いびり

    456 :名無しさん@HOME 2010/11/13(土) 21:43:26 0
    大晦日に、姑さんに、「大掃除したいから手伝って」って言われて手伝っていた。
    廊下や柱、障子の桟を雑巾かけするように言われて、夫やちょうど顔出しに来ていた
    夫兄さんんと雑巾でふいた後、バケツに水汲んでかわるがわるゆすいでいた。
    顔出した姑さんが「そんな冷たいこと私さんにさせれば良いのに、わざわざ
    お兄ちゃんがしなくても、2人ともコタツに入っておいで」って声をかけた。
    とたんに「母ちゃんそれいびりやぞ!俺たちの家を掃除するのは俺たちの仕事だけど、
    私さんが手伝ってくれるのは好意やぞ!私さんコタツ入っておいで」ってお兄さんが
    怒り出した。以来大晦日の掃除を手伝えって言われたことない。

    851 :名無しさん@HOME 2014/03/14(金) 22:53:29 0
    私は直接関係なく義兄夫婦の話だけど
    微妙に学歴話もあるので注意

    私はパート、旦那はサラリーマンの普通の家庭で遠距離だが年に2~3回は
    孫の顔を見せに義実家に行っていた。
    テンプレのはあったけど、毒親育ちで家事を任されるのは嫌いじゃなかったし、
    旦那もウトも何度も〆てくれるので、軽くスルーしてた

    でも義兄とは義実家の帰省時期がよく被って顔を合わせていたが、
    義兄嫁とは結婚式以来会ったことなかった。
    義兄曰く、義兄嫁は医師(麻酔科)で忙しくそんな暇はないそう(義兄はサラリーマン)

    882 :名無しさん@HOME 2012/08/09(木) 14:54:56 0
    遠距離なのでウトメと会うのは年に1回。汚屋敷なので義実家には泊まらず
    ホテルを取ってもらっている。
    ウトメにとっても、ちょっとしたリゾート気分になるらしい。
    一人1万円程度なので、たっぷり年金を貰っているウトメのお財布には厳しく
    ないはずだし、こちらもガソリン代+義実家その他へのお土産を計算すれば
    とんとんか、気分的にはマイナス。
    普段からイヤゲ物を寄越す人たちで、会えば無神経な発言多いので結婚当初
    から苦手だった。

    その年は、ウトメは私の「ともこ」という名前から「トンコちゃん」という
    妙なあだ名を捻りだし、やたらと豚鼻(指で鼻の頭を押し上げてブヒブヒと
    言う)をやったり、温泉に行こうとした私に「お風呂場でウ○チしないで
    ネ!」と他のお客さんに聞こえるように叫んだり。
    食事時も「ほらっトンコちゃん、沢山食べなさい」「太れば高く売れるから
    なww」というウトメのコンビネーション技。

    他人からどう見えるかはわからないけれど、仕事は営業だったし社外向けの
    イベントでは受付をやったりもしていたから、それほど不快な容姿ではない
    と思う。体重も標準体重の下だし。

    ウトメと別れ、夫と自分たちの部屋に戻って自分の親の行動をどう思うのか、
    私は不愉快だからやめて欲しいと話しても「二人とも嫁子が可愛くて、久し
    ぶりに会うから舞い上がってるんだよ」とななめ上。
    「イヤならそう言えばいいじゃん」と言われたので、翌朝の食事時に決行。

    続きます

    761 :名無しさん@HOME 2010/12/03(金) 22:37:01 0
    トメはヨメに対してはまさに何にでも文句を言う人。
    孫の成績が良ければ「勉強ばっかりさせて!いつもガミガミ無理強いしてるんでしょう!」
    悪ければ「教育は母親の責任よ!恥ずかしいと思わないの!」とどっちにしろヒステリー。

    私はそういう人がすごく苦手で、けっこう今までも衝突があり、現在ではかなり疎遠。
    それに比べて義弟ヨメさんはいつも笑顔でおっとりしててある意味トメのお気に入り。
    (可愛がったりしてるわけでは決してなく、イビリターゲットとして)
    しょっちゅう義弟夫婦を呼びつけたり押しかけたりしてるらしい。

    義実家にちょっとした集まりがあって夫だけ派遣したんだけど、最近のトメはもう
    人前でも堂々と義弟ヨメさんにくどくどと文句を言うようになってしまったらしい。
    見かねた親戚が「いくらなんでも品がない!」と一喝してやっと黙ったんだとか。
    まだぐちぐち言ってるトメにあきれた夫が義弟ヨメさんに謝りつつ義弟を怒りつつ、
    「母は強いものには弱いんです。大人しくしてるとつけあがるだけだから、
    もっと怒ったりしてください」と言うも彼女は「本当に平気なんですよ~」と笑うのみ。
    親戚のおじさんが「いやはや菩薩のようだね、なんだってそんなに我慢できるんだい」
    と茶化したら、義弟ヨメさんは相変わらずニコニコしながら

    「だって、どうでもいいですから」

    と笑ったらしい。
    場は静まり返り、明らかに微妙な空気が流れてるのに、やっぱりニコニコ笑ってたそう。
    「リングの上で義弟ヨメさんのはりぼて相手にトメが必タヒに闘ってて、はるか上のVIP席で
    ニコニコそれを見てる義弟ヨメさんの図」が頭に浮かんだ、と夫が言っていた。
    いびってると思ってたのに実は見下されてた、と悟ったトメはマジで顔が赤くなってたそう。
    その夜、血圧の上がりすぎで具合を悪くしたらしい。

    同じリングに上がって真正面から闘ってしまっていた自分は小者だったんだな・・。

    35 :名無しさん@HOME 2014/09/29(月) 20:52:09.62 0.net
    しょぼいDQN返しですが

    義実家に手伝いに来いと言われると50回に1回は行ってあげる優しいヨメの私。
    私が拭き掃除をしている尻を蹴って来たり、目の前でゴミをぶちまけたり、
    階段掃き掃除してる時に突き落とそうとしたりと
    テンプレこれ限り無し!我が障碍に一点の悔い無し!なトメ。

    でもトメの言うように嫁はバカですから、あったところに物をしまうことなんてできません。
    だから普段使いの食器や鍋を屋根裏にしまってはしごをついうっかり折ってしまったり
    あまーい柿の皮(剥いて差し出せとトメ命令)を玄関先の靴箱の中に突っ込んで放置してしまったり
    庭の草むしりの時にポケットの中からミントの種をこぼしたり
    トメ宝物の大島紬の着物を数着洗濯機で漂白剤一本ぶっ込んでつけ置き洗いしてしまったり
    オーブントースターの発熱部分にキッチンペーパーうっかり落としてしまったりしたけど
    嫁おっちょこちょいだから、トメに報告忘れましたわ

    毎回毎回これだけのことしてるのに、まだ呼び出すトメも相当根性悪いね
    そろそろ寒天とふえるわかめちゃんの出番かしら

    80 :名無しさん@おーぷん
    お化けの話じゃないかもだけど、義実家に泊まったときに用意してもらった
    布団、とても爽やかなにおいがした。クールミントみたいな。
    ミント嫌いじゃないし香り付けしてくれたのかな?って思ったんだ。
    で、翌朝、布団からミントのにおいがしたけどどういう風に香りをつけたのか
    聞いたら、義祖父が亡くなった時にご遺体を寝かしてた布団だったそうな。
    よくわからんけど遺体の防腐処理?におい隠し?みたいな。
    ゲって思ったけど、その布団で寝たとき義祖父の夢見たんだよね。義祖父のこと
    2回ほどあっただけでほとんど挨拶くらいしかしたことなかったのに。

    945 :名無しさん@おーぷん
    元夫の転勤で引っ越した先で、近所のおばさんにやたら気に入られて粘着された。
    「あなたがうちの子のお嫁さんだったらよかったのに〜」って
    毎日顔を合わせるたび言われ、人の出入りをチェックされ
    スーパーへ出かけるにもいちいち付いて来られ、
    買い物してる最中べったりくっつかれて「あれ買え、これは買うな」と指示された。
    おばさんの息子は既婚で本物のお嫁さんがおり、同居でした。
    でも本物のお嫁さんのことは気に入らなかったみたいで
    「あなたの方がいい、うちの子のお嫁さんになって」連発。
    たぶん嫁いびりの一環というか、私はあてつけのための道具だったんだと思う。
    お嫁さんに比べて特に私の方が優れている点はなかったし。
    でもお嫁さんに恨まれて睨まれるし
    おばさんの粘着は迷惑でしかなかったし
    おばさんの息子が、おばさんに影響されたか馴れ馴れしく話しかけてきたりして
    本当に嫌だった。
    元夫はあてにならなかった。
    私がおばさんの息子とどうこうっていうのは全く疑わないでいてくれたけど
    「俺にそういう話をされても何もできないし、迷惑」とはっきり言われた。
    おばさんの付きまといがエスカレートして交番のお世話になった時は
    おまわりさんが帰ったあと、
    ため息つかれて「なんでお前は俺に迷惑ばかりかけるの?そういうことして楽しい?」
    と言われた。
    最終的に私はノイローゼっぽくなって実家に帰った。
    1週間くらいして夫の浮気相手から「メンタル弱すぎw妻失格w」と電話が来た。
    今は離婚してその町を離れて
    粘着おばさんとも夫とも縁が切れたけど
    不幸に片足を突っ込むと色んな不幸が一気に襲ってくるって
    ああいう状態のことを言うんだろうなあと今になって思う。

    86 :名無しさん@おーぷん
    ※良い嫁キャンペーン終了のお知らせ

    三年前に結婚。入籍した同年に舅、病気によりタヒ去。姑が1人じゃ寂しいというので、同居。同時、新築のために土地を探していたが、姑がスネていたので仕方なくの同居。
    最初はいい姑だったけど、段々と本性を出して来た。じわじわと嫁いびりが始まったのは同居して半年くらいたったころかな。やたらと私を太ってる太ってると言う。(身長171、体重53キロ)
    姑曰く、50キロ以上は女として終わってるそうだ。当の本人は、身長154の体重42キロ。確かに痩せてるかもしれないけど、骨と皮みたいで老けて見える。
    「あなたはMサイズは入らないでしょう?」や、「でかいわねぇー」と言われるのが精神的にきつかった。食事も、「あなたは太ってるからドレッシングは、かけないほうがいいわよ!」と味のしないサラダを食べさせられた。
    そんなことが積み重なって、体重が50キロきってガリガリな見た目になった時に

    このページのトップヘ