207 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/07/13(水) 08:36:52 ID:kpPERFQx.net
    うちの娘、二歳なのにつるっぱげ。産まれてからほとんど変わらない長さ
    私はそれほど気にしてなかったのに、周りがうるさい
    剃ってるの?女の子なのに可哀想
    お姉ちゃんのお下がり?男の子なのにヲっ!女の子なの!?え?
    七五三の時可哀想だね。今からでもいいからケアすれば?
    はぁ。なんだよもう。イライラする
    剃ってないし可哀想でもないわ。七五三だって付け毛やウィッグがあるだろ
    うちの子の毛を心配するより自分の旦那の毛を心配しろよ

    352 :名無しさん@おーぷん 2020/07/30(木) 21:30:47 ID:li.2l.L2
    やっと生活が落ち着いたので投下。

    娘が小5の時に旦那の浮氣が発覚した。
    相手の女も家庭があって、相手の旦那さんの転勤で引っ越すのを機に別れるって言うから再構築を選んだ。
    なのに2年後に又別の女と浮氣。もう無理だ、離婚するって思った。
    でも前の浮氣の時もその時も、旦那には離婚する気はないと言う。
    男は浮氣をするもの、女房なら理解しろ、そう言う考え方。
    そんなの関係ない。私には受け付けられない考え方だと思ったし。離婚するって強く思った。
    が、娘が離婚しないでと泣いて頼んできた。
    片親なんて嫌だ、恥ずかしい、䖈められる、離婚するなら自杀殳するとまで言う。
    それで出来なかった。それからは完全な仮面夫婦。
    その後も旦那は私の知る限り2度目の女以外にも2人はいた。
    ATMと割り切れるほどドライな忄生格でもないし苦しかった。
    別れたいと何度も思ったけど、そのたびに私の胸の内を察するのか娘が涙を見せる。
    その娘の様子が変わったのは高校生になってから。
    彼氏ができたのはいいが、その彼氏がコロコロ変わるようになった。
    モテる自慢が始まり、ある日ついに朝帰りした。
    それで叱った時に「お父さんが浮氣する気持ちが分った。
    お母さんがつまんなかったからお父さんがああなった」っと言うようなことを言われた。
    娘が父親の浮氣を肯定する。こんな屈辱はなかった。
    もちろんそんな娘になってしまったのは、こんな両親を見てきたからだろう。
    私たちにも責任はある。そこは認める。
    結婚して、子供を産んで、働いて、私なりに妻として母としてやれることはやってきたつもりだったけど
    それでも浮氣されれば娘にこんなふうに言われてしまうのか。
    私は妻であり母親でもあるけど、その前に一個の人間なんだ。

    773 :1/7 2009/06/13(土) 00:50:26 O
    ようやく落ち着いたので吐き出し
    長文なので嫌な方はスルーして下さい

    結婚して一人前扱いされるようになってママン返りした元夫
    過保護でうざいお袋が、寂しがりやの可哀想なママンに変化した
    トメは嫌味な人で、私が姉妹で男兄弟がいない事を何かにつけて
    「男の子がいないなんてねぇw跡取りがいないなんて可哀想に
    嫁子実家は老後どうするのwうちに面倒は持ち込まないでねぇ」と
    言ってきてうざかった
    それでも、近距離とはいえ別居だし毎日の事ではないからと
    嫌味を言われても流していた。ほとんど義実家に呼ばれるのみで
    家に凸されたりはなかったので、時間をみて切り上げたり出来たから

    それが大きく変わったのが娘が産まれてから
    里帰りから戻ってくるなりトメの過干渉が始まった
    一日中居座り育児や家事に口出しまくり。もちろん口だけで何もしない

    58 :名無しさん@お腹いっぱい。 2020/08/08(土) 13:29:58 ID:ZD8BfVin00808.net
    高2の娘に誕生日プレゼントにヴィトンのスマホケースを買ってくれとおねだりされてしまった
    ハイブランド品が欲しくなる年頃なのかねぇ、俺にはわからん...

    828 :名無しさん@おーぷん 2016/02/24(水) 09:56:01 ID:???
    髪の毛の話で申し訳ないんだけど
    今春数年ぶりに娘と鼠ランドシーへ行くことになったんだ
    娘がお母さんと2人でいろんな物に乗りたいと楽しみにしてるんだけど
    私今カツラなんだよね
    薬で髪の毛全部抜けて、今伸びてきてる最中なんだけど、2cmくらいの長さ
    乗り物に乗ってカツラが脱げないか心配だ
    絶叫系とか脱いで乗った方がいいの?教えてカツラの人

    このページのトップヘ