213 :名無しさん@HOME 2018/02/06(火) 08:34:29 0.net
    私の連れで息子がいるんだけど、同居しろってうるさいから11月か同居してみたんだけどどうも息子が気に入らないみたい。
    そんなの最初から分かってたし「本当の孫じゃないから愛せない」

    344 :名無しさん@HOME 2007/11/28(水) 12:07:46 0
    今朝、義両親宅に呼ばれていってきた。
    二世帯住宅を購入しようと言う話だった。その理由が、コトメが来年結婚するから
    新しい家から送り出してやりたいから。
    新築の家に、義両親+コトメで最初住み、コトメが嫁いだ後に私たちが引っ越せばいいじゃないかと。
    はぁ?アホらし。
    「トメさん、ウチには子供が生まれたときや初節句、七五三とイベントごとに
    嫁の実家が用意するものよ!って言っていたんだから
    コトメちゃんが結婚したら当然、こっちの実家でいろいろなもの用意するんでしょ?
    家も自分たちだけで買えないのに、お付き合いできるんですか~?
    毎回、ウチの実家にいいものをね!って催促の電話してた位ですから、
    急に今は略式でねなんて自分の番になったら出し惜しみなんてみっともないですよ」と言ってやった。

    トメ「んま~!」と凄い顔をしていたが、そんな電話をウチの実家にしていたと知らなかったウトは
    恥ずかしいを連発。トメを〆ていた。
    家を購入もトメが勝手に言い出したらしいが、止めなかったウト・コトメもどうかしてるわ。
    呆れてサッサと帰ってきた。
    それにウチは、ウトメにナイショで家を建築中。当然、和室、余分な部屋なしで来年に引越し予定w。


    108 :名無しさん@HOME 2012/07/30(月) 11:49:10 0
    上で議論されてる内容だとスレチ判定されそうですが、ここ以外に当てはまりそうにないので投下します。

    10代のときに若気の至りで同い年の旦那と結婚しました。
    私も旦那も会社員で、田舎でしたのでふたり合わせれば生活は充分できましたが、何分若かったもので、同居を条件に結婚を許されました。
    私の親は反対しましたが、父がやや毒、母がエネ気味だったので振り切って結婚しました。

    370 :名無しさん@HOME 2014/08/20(水) 11:57:42 0.net
    豚切りごめん。
    同居トメに「そこまで私のことがお嫌いなのにどうして一緒に暮らそうなんて思ったんですか?
    一緒に暮らしていてもお互いストレスが溜まるだけですよね。出ていきますから。」って
    言った。トメ、びっくりしてポカン顔になってた。

    今部屋に戻って別居の準備中。トメはグジグジ泣きながら親戚に嫁にイビられて可哀想な私演出の
    電話中。
    もう知らん。午後から仕事だし、荷物も少ないし、さっさと片付けて出ていきます。
    とにかく言ってやってスカッとした。

    経緯。同居三ヶ月、実家落とし、嫌味、実家に嫌がらせ電話、家族じゃないから出てけ発言、
    近所、親戚に嫁子の悪口言いまくり、一通りやられた。
    今日も朝食、旦那のお弁当作り、後片付け、洗濯掃除など朝の家事を終わらせ、ダイニングテーブル
    でパートに出る前の朝ごはんを一人で食べていたら「そこ家族の席だからどいて。」
    ムカついたので「それではどこで食べろと?」と聞いたら「さあねえ。家族じゃないんだから
    あんたのことなんか知らないわよ。勝手に庭ででも食べれば?」そう言いながら私の茶碗を
    ひったくって床に叩きつけた。
    割れた茶碗を見ながら「あんたが来てから茶碗が欠けるのよねえ。」
    その後お決まりの実親の悪口。もう親の悪口も聞きたくなかったし、家族じゃないから発言にも
    ウンザリ。それで冒頭の発言に。
    私は出て行く。夫がどうするのかは夫が決めればいい。
    「同居するからには何があっても君を守るから。君の味方になるから。」とお願いされて同居
    したけど、今まで一度もかばってくれたことなんかなかった。
    「おふくろは照れてるんだ」とかボケ発言をかましたっきり。
    もう夫も知らん。

    946 :名無しさん@HOME 2017/11/17(金) 04:30:40 0.net
    トメ友が息子の家に遊びに行くときいちいち嫁さんに確認されるから気軽に行けないって愚痴ってたって
    旦那と「そんなのおかしいよねー」
    って行ってたけど住んでる人の了解得るの当たり前だろ
    「それは聞いてもらえないと困ります」って言ったら「えーー息子の家だよ?」
    息子の家はお前の別荘じゃねえよ

    707 :名無しさん@HOME 2008/11/18(火) 12:35:21 0
    数年前ですが、同居してた義母が亡くなりました。
    義父は既に鬼籍に入っていたので、夫、私、息子の
    3人で義母の最後を看取りました。
    生前の義母ですが元気な時は、積極的に私をいびり
    殴る、蹴る等の直接暴力を振るわれた事も何度か。
    当時の私は、家族が丸く収まるためには私が我慢し
    ていればいいと思っていました。
    義母が階段を踏み外し、腰の骨を骨折して寝たきり
    になってからは、直接的な暴力は無くなったのです
    が、汚く言葉で私を罵り、ヘルパーさんには私から
    虐待を受けている等を吹き込み、警察を呼ばれたり
    と毎日が大変でした。
    義母が腰が痛いと言うので、病院に行ったところ
    腰の所に動脈瘤が見つかってそのまま入院となり
    ました。
    義母がいよいよ危ないと言う時に、病院に呼び出さ
    れた私達家族。
    私には散々な仕打ちをしていても、孫は可愛かった
    のか、孫には優しかった義母。
    そんな大好きな孫に向って「ばーちゃん、もうすぐ
    天国に行っちゃうけど、天国で○○君の事はずっと
    見守ってるからね」と言い、うっすら涙を浮かべま
    した。

    154 :名無しの心子知らず 2017/11/26(日) 12:16:52 ID:0beOmd8X.net
    もうやだ消えたい。

    二歳の誕生日にサプライズしたくて影ながらこつこつ準備してたのに、昨日義母から突然呼び出しがかかり行ったら
    「孫くん、少し早いけどお誕生日おめでとう!!2歳だね!産まれてきてくれてありがとう!!」ってやられた…
    飾り付けも子の大好きなトーマスやらカーズやら派手派手で、プレゼントも私が買おうとしてたトーマスシリーズ。
    盛大な飾り付けやプレゼントに子はびっくりした後に目をキラキラさせて今まで見たことないような表情して大はしゃぎ。
    それ、私が誕生日当日に1番たのしみにしてたことなのに、その日の為にトーマスのキャラとか夜な夜な制作してたのに、全部先にやられて本当に悔しい。

    890 :名無しさん@HOME 2012/02/12(日) 01:03:37 0
    プチだけど。

    ストーカーの様に私に張り付き、やることなすことチクチク言う趣味無し・友人無しトメ。
    トメに邪魔されずゆっくり夫にあげるチョコをつくる時間が欲しかったので
    全員揃った夕食の場で、寡黙で甘い物好きな舅に
    「そういえばお義母さんが、お義父さんに滅多に売ってない超高級チョコを買うそうですよ。
     なんでも普段は市販されていないバレンタインバージョンですって!
     スイートとビターどっちが良いか聞いてくれ、って言われてたの忘れてたわ☆テヘ☆」
    と言うと滅多に笑わない舅が、ニッコリして
    「へえ。楽しみだね。どっちかと言うとスイートが良いな」
    舅にべた惚れのトメはしどろもどろになりながらも、調子を併せていた。

    高級チョコを求めて1日近所を探し回ったようですが、田舎のスーパーにはそんな物は無く
    車の運転が出来ないトメは、電車に乗って隣の市まで行くようです。1日掛かるなw
    でも嫁子は知っている、隣の市の中心街は既に幹線道路沿いに移っている。
    駅周辺はほとんど店など無くなっているし、当然高級チョコも売っていない。
    トメは友人もおらず、ネットも出来ないので情報網もないので今隣の市の中心がどこかも知らないはず。
    見栄っ張りだから、息子に泣きつて調べて貰うことも出来ない。

    DQNなのは、雪が降る中トメをさまよわせている事。
    それと舅に言った条件を満たしたチョコを舅用に買ってある事。
    トメが苦労してそれなりなチョコを見つけてきても、このチョコには敵わないって事。

    93 :1/2 2017/12/18(月) 02:52:07 ID:ZTUSUNN3.net
    2年くらい前になるんだけど
    姑がなくなった時
    当然のように遺産を全てもらえると主張した小姑の神経が分からなかった

    小姑(夫の妹)は10年前に離婚して子供三人を連れて義実家に戻った
    双方に問題ありの離婚だったらしく、慰謝料はなしで養育費を一括で貰っての離婚だった
    小姑は子供たちを姑に預けてパート開始
    …だったんだけど8か月後くらいに再婚(同時に妊娠)
    再婚相手の男性はパート先のバイトの人でお金がないということで義実家に同居
    義実家はそこそこ裕福だったんで、まぁこれもアリなのかな…と思った矢先、小姑が再び離婚
    (再婚してから2年後)
    子供四人+小姑は義実家に面倒を見て貰って暮らしてた
    そんな中、舅が脳溢血でポックリタヒ亡
    残された姑もすぐあとに病気になってしまい、入院することになった
    入院の手続き、見舞い、手術の立ち会い…すべて小姑は何もやらず
    留守中に姑の口座から勝手に預金を下ろしたり、姑のために取っておいたお金
    (病院内の売店で何かを買ったりするためのお金・我が家が用意してちょっとの間姑の箪笥に入れて置いた)
    まで持って行ったりとやりたい放題
    姑が1年の闘病後に亡くなった時も葬式に関することすべてノータッチ

    そんな小姑のことを「育て方間違えた」と悔やんでた姑は、生前に遺言状を残してた
    残してたこととその内容の大まかなことは夫と小姑にも伝えてあった
    葬儀が落ち着いて、法律の専門家と親戚立ち会いのもとその遺言を改めて見直そうということになった
    内容は
    ・現金数百万を児童養護施設に(姑の元勤務先)
    ・家、土地はすべて換金し、残った現金とともに兄妹で分配する
     ただし、兄の方は入院などで手間をかけたので100万円程多く
    という至極まともな内容

    437 :名無しさん@おーぷん 2015/09/08(火) 20:45:55 ID:OoL
    兄が結婚したお嫁さんのお母さんがすごい人だった。
    両実家の距離が元々近くて、兄夫婦もその中間くらいのところに新居を借りて住んでる。
    こないだの夏休みにあちらの実家から、一度こちらにも兄実家の皆さんで遊びに来てーと言われて行ったんだけど、買い物の仕方がすごかった。

    夕方お暇する前に、夕飯を食べていってね、と言ってくれたので、
    自分含む女性陣(私と母と、お嫁さんとお姑さん)で新しくできたという大型スーパーに買い物に行った。

    お姑さん得意のアジのフライを作るということで鮮魚コーナーに寄ったんだけど、
    アジがいっぱい入ったパックを吟味したお姑さんが店員さんに調理をお願いした。
    無料で腸抜きとか三枚とかにしてくれるあのサービスね。

    少しして店員さんがフライ用に頭を落としてスライスしてくれたのを持ってきてくれたんだけど、
    それを見たお姑さんが一言
    「フライでお願いしたんだけれど?」と言い出した。

    その場にいた全員が?状態でフリーズしてたら、
    店員さんが「はい、フライ用に処理しましたが・・・」と口を開いたんだけど、
    次のお姑さんの発言にビックリ。
    「ですから、アジフライをお願いしたのよ?これは生でしょ?揚げてくださらない?」
    と言ったことで、あー、そういうことか!と把握。

    どうやら生魚から完成品を作れという要求だったらしいんだけど、
    当然お店も「申し訳ありませんがそれは致しかねます」という返事、当たり前だね。

    でもお姑さんは引かずに「だって書いてあるじゃない」と『調理承ります』のパネルを指差して再度要求。
    そこからお姑さんと店員さんが
    「この調理というのはお料理用の下ごしらえのことでして・・・」
    「ならどうして調理って書いてあるの?作ってくださると勘違いするじゃない」
    「アジフライでしたら揚げ物コーナーにございますので、そちらで・・・」
    「そういう話をしているのではないの!」
    とやりだした。

    それを見かねたお嫁さんがパックを受け取って店員さんにお礼を言って、
    引きずるようにお姑さんを鮮魚コーナーから引っ張っていった。

    スレタイはその後先方実家に戻ってからのお姑さんの発言。
    やらかした内容をお嫁さんから叱られたお姑さんが、
    「そんなに怒らないで、意味くらいお母さんだって分かってるわよー。でも新しいお店はああやって一度言っておけば、これから使うときに色々便宜を計ってくれることもあるから、試しただけなのー」
    と笑顔で言い放った。

    帰りの車中で両親と「すごい人だったね、、」と話したけど、
    私からは遠いとはいえ、親族にお姑さんみたいな人が増えたことにプチショック。
    お嫁さんはしっかりした人だから大丈夫だと思うけど、
    今後の兄が少し心配になったという独女アラサーの個人的衝撃体験。

    876 :名無しさん@HOME 2012/02/07(火) 16:56:53 0
    旦那が、寝ていた息子@中学生(旦那よりまだまだ体格が劣る)がなかなか起きなかったので、
    腹蹴ってつばかけて起こした。
    「お前の親に、それが当たり前かどうか聞いてみろっ!」と私が激怒したら、
    旦那が電話で姑に聞いた、その答え。
    「情況によったら腹を蹴ってもつばかけてもいい」だって。
    息子が大学出たら離婚してやるから、
    馬鹿息子と一緒に暮らせ、そして、唾ひっかけられて腹蹴られてタヒね。

    486 :可愛い奥様 2012/07/04(水) 21:47:44 ID:INuA+QwpO
    私、明日帝王切開で赤ちゃん産みます。
    一応病院に夫、娘、実両親と実妹以外の人は面会謝絶にしてほしいと頼んだけど、あの無神経で図々しい婆のことなので受付で無理矢理押し問答とかしてズカズカ入って来ないか超不安。
    頼むから今は赤ちゃん産むことだけを考えさせてって感じなのに、あの婆のせいで余計な神経使ってこの所ほとんど寝ていない私。
    つわりは気のせいとか言うし、今回は男の子が産まれると言ったらガッカリとか言うし、私は逆子でも下から産んだのに何で!?帝王切開は出産とは言わない、産まれてくる子供が可哀想!とか言うし!!!
    ああ~思い出すだけで腹が立つ。他にもムカつくことは沢山あるが、奴とは妊娠・出産に関して絶対関わりたくない!!本当に同じ女性かってくらい無神経だから!

    709 :名無しさん@おーぷん 2017/12/22(金) 08:00:11 ID:6MR
    もうどうしようもない愚痴なんだけど
    名作と思える作品ほど完結して全部揃えてからしか読めない
    高校生の頃までは小説の新刊を待ちわびて何度も読み返したりしながら待ったものだけど
    大学生になってバイトしてためたお金で漫画を読み始めてから、中途半端なところで終わる漫画が多いためか、
    続きが気になって新刊が待ちきれず、フラストレーションが溜まって仕方ない
    だから基本完結してからしか読まないんだけど、大人買いすると出費が痛いから
    気になる漫画は新刊が出たり、古~い作品は古本で見つけるたびチョクチョク買って読まずに保管してた
    そしたら家の人の理解が得られず、「あんたは買ったら満足するんだからもう要らないでしょ!」と姑と小姑二人に溜め込んでた漫画全部処分されてしまったorz
    夫婦の部屋で夫の邪魔にならないように段ボール箱に詰めてクローゼットの奥に置いといたから、
    仕事行ってる間に小姑の男友達呼んで段ボール箱ごと運び出して、帰ってきたら未読の漫画数百冊消えてた
    欲しい漫画があったら手伝ってくれた友達が持っていって、残りは絶版のものもブックオフに持っていったって
    ショックだったな・・
    夫とは二人でルール決めて、読み終えたあと気に入った作品以外は売るって決めて、実際殆どの本は読み終えたあと処分して本棚も八割方まだあけてたのに
    姑も小姑たちも私が溜め込みグセの悪癖があるって思い込んでたみたい
    せめて一言言ってくれたらよかったのに、夫婦のことだから口出しできなかったって
    口出しできないから手を出すっておかしくないですか・・・
    夫も夫婦の部屋に見知らぬ男たちがドカドカ踏み込んだこと、人の持ち物を盗んだことを何度も何度も叱ってくれたけど、三人から出るのは口先の謝罪だけ
    これが原因で別居したけど、今でも定期的に盗まれた漫画本の喪失感が襲ってきて辛い
    他人からしたら単なる未読の漫画本だけど、私からしたら10年間コツコツ貯めた楽しみの結晶みたいなものだったのに
    苦労してバイトしながら月2000円と決めて漫画選別して買い溜めたり
    絶版本なんか夫も一緒になって探してくれたりしたのに
    そのときの苦労も喜びも思い出も全部捨てられてしまったわ

    688 :可愛い奥様 2012/07/11(水) 18:19:58 ID:7HHguWOw0
    夫が「来月、お袋と旅行行っていい??」と言い難そうに切り出してきた。
    私は絶賛絶縁中。
    まさか子供もつれて??と切れかけたが、よく聞くと、トメと夫と二人で
    行くとの事。
    「親孝行だと思ってさ」とか言うので、子供たちをつれまわさないなら
    どうぞどうぞいくらでも旅行行っちゃって~って感じなんだが、トメも
    そこまでして40過ぎた息子と旅行したいものなんだろうか。
    きっと、「ヨメ子には負けないわよ!」の一環なんだろうが、気持ち悪くて
    しょうがない。
    夫よ、そういう親孝行は結婚する前に終わらせておいてください。

    708 :名無しさん@HOME 2007/05/25(金) 17:21:28
    トメが勝手に私達の家に入り、勝手に掃除とかする。
    (けして汚宅ではない)どんなに旦那が〆てもやめない。
    カギを変えても、大家から貰ったりしてる。
    だから、
    トメを私の奴隷と認識することにしました。
    昼間、私がいない間家に入るトメ、
    そこで会社から電話し
    「あ、トメさーん、アイロンかけたまってるから、お願いね」
    とか、
    階段の雑巾がけとか、兎に角命令。
    少しでもサボったり、掃除の仕方が気に食わないと
    トメの携帯に電話。
    「ちょっと、どういうこと!」
    と責める、責める、責める、責める。
    夕飯の味付けが悪いとか、イヤゲモノをけなすとか、
    トメイビリはエスカレート。
    で、トメ鬱病になりました。wwww
    心療内科医から「お嫁さんには近づかないで」と言われたそうで、
    ドクターストップで絶縁。
    ざまーミロ馬鹿。wwww.

    38 :名無しさん@おーぷん 2015/11/22(日) 06:57:30 ID:9IF
    どこかに書きたくて書きます。
    不備あったらすいません。

    我が家は完全同居。言ってしまえば夫の実家に寄生していると思う。
    家賃光熱費無し、食費のみ姑に月五万渡して、夕飯作って貰っている。
    舅と姑は家庭内別居で、お互い自分の食事は自分で用意して各自食べているし、そもそも姑は自分の作った食事は食べないし、ずっと酒を飲んでいる。
    食事は完全に我々家族(共働き私夫婦と子供2歳)の為だけ作ってもらっている。
    そして五万で一ヶ月毎余った分は取っておいて、それで蟹食べに行こう、という話になっており、ついに蟹旅行間際になった。
    (余ったお金は姑に好きに使ってくださいと言っているけど固辞されたので、姑の好きな蟹でお礼をすしたつもりだった)

    しかし旅行三週間前に、姑が腰を痛めた。かなり痛がり、旅行いけるかな、としきりに言っていた。都度、気遣ってムリそうなら辞めましょうかという話はしていたが、姑はなんとか行くとの事だった。

    実は今日これから出発なのだが、一昨日の朝も同じやりとりがあり、姑からはキャンセル料もかかるし、行くわ、と言われ、そこまでしんどいならまた今度にしますか?キャンセル料気にするなら、親子三人で行ってきますよ、とは話した記憶がある。
    姑は、圧迫骨折しても旅行に言った話をし、大丈夫と言っていた。
    腰痛めて旅行なんてしんどいと思うけど、本人が大丈夫ならまあいいかと話を終わった記憶がある。

    問題発生は昨晩、私は昨日仕事で、夫が迎えにきていた。夫から、お前の失敗について話があると切り出され、姑が怒っている、旅行に行きたくないといっている、と切り出してきた。
    聞けば、親子三人で旅行に行くと言われた、私(姑)は最初から邪魔者だったのか、もう行きたくないし、あんたたちの食事も作りたくない、孫の面倒もみない、等発言しているとのことだった。
    そして夫はこう続けた。
    お前の不用意な発言で姑がこう言っているけど、お前は姑がこう思うことまでちゃんと想定した上で考えて発言してるんだよな?姑がこう受けとるか考えたんだよな?と。
    知るかボケ。こっちもよかれと思って気遣ったつもりだ、毎日腰痛いと言ってる老人無理に旅行連れ出せないだろうが、キャンセル料きにすんなという意味で発言したつもりだ、受け取り方までわかるかボケ、とうい旨は夫に言った。
    夫は、ひとまず、今から帰宅するけどお前絶対顔に出すなよ、この話は聞いてないってふりをしろよ、できるか?という。
    なら話すなよこのアホが。とおもいつつ、帰宅後朗らかに旅行楽しみですねーという話をふり、姑も楽しみだねーという猿芝居を繰り広げた。
    満足そうな夫。まじでむかつくわ。

    そんな感じで今から旅行行ってきますよ。
    本音を言うと、そら姑と旅行面倒くさいし蟹なんぞ興味ないから完全接待旅行のつもりをしてる。
    でも感謝してるし、姑のために楽しい旅行にしたかった。
    でも夫が鳩のためにやる気なくした。
    こっちの非を責めるときの嬉しそうな嫌らしい顔がちらつく。普段私にボロクソ言われてるから、責めるのが楽しかったんだろうな。

    行ってきます

    753 :名無しさん@おーぷん 2017/12/01(金) 19:47:55 ID:O6O
    姑がクレクレじゃなくヤルヤル。
    しかも自分の物じゃなく私の物を勝手に他人にやる。
    本、アクセサリー、服、靴、コスメ、DVD、置時計、マニキュア、ビタミン剤や日焼け止めまで。
    夫に何度も合鍵を返してもらってと訴えたが
    「言っても無駄だからしょうがない」
    「俺にどうしろってんだよ!」と逆ギレされた。
    諦めたふりをして、倉庫を借り、服と靴の9割、アクセサリー本DVDなど全部移動させた。
    手提げ金庫を買いコスメや細々した生活必需品はそこに入れ、
    家にいる間は肌身離さず持ち歩き、出勤する時に持って出て車に積んでおいた。
    いるかいらないか微妙なものはいい機会だと思って断捨離した。
    家に置く服は部屋着とジーンズ、スウエットのみ。基本ユニクロで夫のと同じデザイン&サイズ。
    靴だけはさすがに同じサイズは無理なので、車に積んで施錠。
    車までサンダル履いていって履き替えた。
    徹底して私の物はフリーにならないようにした。
    姑はしばらくの間、どの服や物が私のでどれが夫のかわからず混乱してた。
    でもやっぱりヤルヤルの血は抑えられなかったようで「どっちのでもいいわ」と思ったのか
    夫のダイエット器具や夫の漫画を他人にやってしまった。
    夫、激怒。
    でも私に怒ったってしょうがないじゃん。
    私がいない間に、勝手に姑が合鍵で入ってやったこと。
    「私にどうしろって言うの」
    と言ったら黙った。
    でもその後も合鍵を取り上げなかったから、腕時計とタブレットその他をやられた。
    夫発狂。
    義実家に行って姑を「キチ外ババア!」と怒鳴りつけた。
    姑は「息子チャンがおかしくなった!」と119番したらしい。
    騒動になったが、なぜか合鍵は取り返せなかったようで、
    帰宅して私に「引っ越そう!」
    「いいね、私もそれがいいと思ってた」と賛成して、翌週私だけで目星をつけてたアパートに越した。
    物が少なくて引っ越しが楽だったわ。
    冷蔵庫の中まで計画的に空っぽにしといたし。
    今、夫はロミオってはいないけど
    「何でこうなったんだろう」とオタンチンなメールを送ってきてる。

    790 :名無しさん@HOME 2011/10/30(日) 12:23:37 O
    旦那の親が生活保護。

    この前、姑が「もし宝くじ当たったら~あんたたちの家を建てて、その隣に私たちの家を建てたい」
    とぬかした。

    ゾッとしたわ。やめてくれ!

    204 :名無しさん@HOME 2010/07/01(木) 21:14:21 0
    全部済んだから書き捨て。

    孫をこ○したのにも関わらず、罪に問われず
    いけしゃーしゃーと嫁いびりにいそしんでるトメ。
    愛人様と1週間のご旅行の間に、孫よりも大事!と豪語していた
    大事なおうちを売り飛ばして差し上げた。
    良ウトがタヒんだとき、弁護士に現金が欲しい!といってたから
    気付かなかったんだろうが、とっくにアンタの家は私のモンだったんだよ。
    オマエが豪遊して、ウトの貯金も生活費も底をついて
    「保険金を残すために自杀殳する」というウトから私が生前に買い上げたんだ。
    (ウトはその後病没)だからオマエは単なる居候。
    しかもウトとは賃貸契約を結んでいて、その家賃をウトがタヒんでから
    一切払ってないよなあ?まあ、それがこっちの作戦だったんだがwww

    旅行から帰って来たときには、トメの荷物はレンタル倉庫。
    ウトの仏壇は寺で永代供養をお願いしている。
    私はダンナ&息子&娘&コトメちゃんと新しい人生やり直すぜ。
    アディオスアミーゴ!!!!!

    679 :名無しさん@おーぷん 2017/11/16(木) 13:32:52 ID:Pmy
    この度子供が生まれたんだけど、姑がものすごく顔の広い人で
    町内会の知り合いやら趣味の教室のお友達やら、
    顔も名前も知らない人からお祝いがバンバン贈られてくる。
    しかも高齢世代だからかガッツリ高額な品。大人のブランドの子供服とか。
    そもそも私も夫も会ったことも話したことも名前さえも知らないから(そして多分この先も会うことはない)
    内祝いも何送ったらいいか全然わからない。
    そして目上の方で三分の一程度のお返しでよしとしても結構な負担額…
    姑は姑で粗相があったらいけないからさらに手書きで一筆添えなさいとか言ってくるし。
    内祝いの対応は夫に投げてるんだけどそんなのしれーーッと無視して
    「全員3000円の菓子折りでいい?」とか言ってくるし。いいわけないだろーが。

    ぶっちゃけ本音を言うとどの人もうちの子にってより
    「姑ちゃんばーばデビューおめでとう☆」みたいなノリのプレゼントで
    正直その辺は姑がどうにかして欲しい…姑自体は割といい人なんだけど…

    このページのトップヘ