姉妹

    313 :名無しさん@HOME 2015/03/15(日) 13:10:53 0.net
    携帯から失礼致します。
    ようやく決着がついた離婚修羅場話です。

    結婚後しばらくして義両親と同居になったのですが、とにかく連日いびられていました。夫に訴えても我慢しろの一点張り。義両親から「今日は家族だけで食事したい」と言われれば、私は台所に追いやられて一人食事、義両親と夫は別室で私の作った食事を食べていました。
    私の両親は他界しており帰る実家は無く、頼るべき肉親は地元に1人暮らししている年の離れた妹一人しかいませんでした。心配をかけたくないと思っていましたが、また1人台所に追いやられた時、ついに泣いて妹に電話しました。
    妹は「すぐそっち行く」と言い残し、地元の隣県のここまで車を飛ばして駆けつけてくれました。
    妹は義両親と夫がいる部屋に突入。夫と義両親に「人の姉に何してるんだ!」と地元(修羅の国)方言で怒鳴りつけました。
    ぽかんとしていた夫に詰め寄り、「お前の家族は誰だ!一番大事にしないといけない人は誰だ!」と凄み、夫が口ごもると「早く言え!」とスリッパでバシーンと殴打。
    夫が何を言おうとも無言でスリッパではたく妹。止めに入ろうとした義両親も妹のあまりの剣幕と、響き渡る殴打音に怯んでいました。
    妹は「姉は連れて帰ります。夫さんは姉を家族だと思ってくれていないようですので」と私の手を引いて脱出。
    自分が情けなくて、妹の運転する車の中で何度も謝ると「昔お姉ちゃんが私に同じことしてくれたでしょ」とのこと。
    実は他界した実父は母や私、妹に暴力を振るう人で、母は耐え切れず私達姉妹を置いて家を出て行きました。父は当時中学生の妹に怒りの矛先を向けたので、私は父の隙をついて妹を家から連れ出したことがありました。
    その後紆余曲折あったのですが、もう10年以上も前のその時のことを妹はずっと覚えてくれていたそうです。妹の住むアパートに着くまで涙が止まりませんでした。本当に妹には感謝しています。
    その後も妹にお世話になり、弁護士さんを入れて何とか離婚しました。今は地元でお互いに気ままな1人暮らしができています。

    384 :おさかなくわえた名無しさん 2017/10/02(月) 15:06:57 ID:DvMMHzIi.net
    もうずっと昔のクリスマスの朝のこと
    起きて居間へ行くと、私と妹がすっぽり入ってしまえそうな大きな箱がおいてあった
    脇には一人ずつ入れそうな大きな箱が二つ
    今年のクリスマスは違うな!と私たちは大絶叫
    親はニコニコしながら妹に大きな箱を開けるように言った
    一つ目は机、二つ目はキャスターのついた袖机、三つ目は椅子とみな来年就学の妹用の物だった
    私には両手で抱えられるくらいの包みが一つ…中身は電動鉛筆削りだった
    震えながら泣き出した私に、親は泣くなんていらないのかな~?と和まそうとしてか、からかってきた
    笑えるわけもなく、ずっと泣いていた暗いクリスマスだった

    私の机は父が勤めていた会社で不要になった木製の古い机に、椅子だけは新しいのを合わせて使っていた(結局家を出るまでこの机を使った)
    古い机はがたがきていて、一番上の引き出しを持ち上げながら押し込むと引き出しが引っ込んでちょっとしたものが隠せた
    親の足音がしたらさっとそこへ漫画を入れて澄ましていられたので便利だったw
    とはいえ、差をつけられたようで悲しかったな

    619 :名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水) 13:39:28 ID:ejS
    長い愚痴
    正月休みの帰省中、知り合いの子供の話題から兄弟に対する親の差別の話になった
    母曰く「うちは差別とかなかったよね~?」

    自由奔放な姉は学校推薦枠で特に苦労することなく夢を叶えるべく私大へ進学
    それを見ていた私は当然自分も進学できると思い
    勉強しながら学校説明会にも足しげく通っていた。親も当然それは知っている
    そしていざ進学の話になり〇〇へ行きたいんだけどという話になった時
    問答無用でノーを突き付けられた
    理由は簡単、お金がないから
    奨学金の話とか働きながら通う方法とか当時自分が知りえる情報を提案しても無下に却下された
    それが本当に悔しくてもう家にいたくないという気持ちから
    当時就職氷河期な上に田舎地域でろくな仕事もない中、適当に仕事を選んで高校卒業と同時に家を出た
    それから仕事を転々として10年後にやっと安定した職に就いた

    母子家庭で元々お金がないのはわかってたけど
    じゃあなぜそんな状態で姉だけ私大に進学させたのかとか
    忙しく働いてる母や自分の将来のために家事手伝ったりちまちまバイトの給料貯めながら
    いろいろ我慢し続けていた自分は一体何だったのかとか
    今40歳近くになったけどあんなに悔しい思いをしたことは未だにないし
    一生忘れられないと思う

    正直モヤモヤはするけど、この思いを今母に吐露した所で母は謝ることしかできないし
    自分も謝ってほしい訳でもないしむしろもっとモヤモヤしそうで
    誰も幸せにならないのはわかってるからこの思いは口にはせずに墓まで持っていく

    737 :名無しさん@おーぷん 2017/01/24(火) 04:41:48 ID:2UB
    修羅場っていうか、母と姉が取り合った男が私の担任だった。
    昔のことなんだけど諸事情あって悩んでいるので投下しに来た。

    長文でグダグダ、なおかつ文才ナイナイだが、お付き合いいただけたら幸い。
    気が向いたら助言などいただけると助かります。
    母親はデキ婚を狙って失敗するたびに種違いの子供を産んだ人物。
    私たちは結婚歴のない母が産んだ種違いの三姉妹。私は次女。

    母はとにかく恋多き女性で、結婚願望が強いくせに男を見る眼がまったくなく、連れてくる男はヒモ男や妻帯者ばかりだった。
    狭いワンルームのアパートで暮らしていたから、玄関を開けたら見知らぬ男性と母がアンアンしている光景に出くわした回数は覚えてもいない。
    そんな母を見て育ったせいか、私の価値観は小学校の半ばには冷めていた。
    私とは反対にヒステリックになっていったのが姉。
    罵り合う母と姉を見るたびに「またやってるよ」と呆れ、極力関わらないようにしていた。
    今思うと感情的になっていた姉のほうがよほど人間味があったと思う。
    このころはまだ妹は生まれていなかった。
    成長するにつれて姉は反発していた母に内面が似てきて、中学に入るころにはエンコーに手を染めるようになっていた。
    母と姉が頻繁に起こす恋愛トラブルをいかに実害を受けずに躱すかが当時の私の悩みといえば悩みだった。
    何せ二人ともご近所中からB***hと後ろ指をさされていたから。
    姉妹仲はそれほど悪くはなかった。
    毎日の家事を姉妹で分担してやっていたし、ヒステリーと恋愛体質だってことを除けばいい姉だったと思う。
    典型的喪女になりつつあった私が心配だったのか、姉はよく私に服を買ってくれた。学校でも孤立しているのではと心配し、あれこれ悩みがあるのなら聞くよ?と言ってくれもした。
    ただ、当時の私は姉が買ってくれた服に袖を通すことはなかった。
    姉が何をして洋服代を手に入れたのかわかっていたから。
    今にして思えばトラブル回避ばかり考えていないで姉を諫めればよかったと思う。

    前振りが長くなってごめん。


    107 :名無しさん@おーぷん 2017/08/25(金) 05:36:35 ID:STV
    15年ぶりに再会した姉に心底呆れた
    実家がそこそこ劣悪な環境で、私も姉もドタバタした形で自立したからしばらく姉とは連絡を取れなかった。
    最初はどうしようかと思ったけど、寮付き 家賃無料 学歴不問みたいなワードで検索したら期間工やリゾートの仕事がたくさん出てきた。
    とりあえず期間工としてしばらく働いて、貯めたお金で人並みの学歴を手に入れた
    その後は就職サイトのアドバイザーさんに散々お世話になって辛うじて地元で正社員になれた
    本当は地元離れた方がいいんだろうけど、何だかんだ言って生まれた時から住み慣れた土地だし、親も執着してくるタイプの毒親じゃなかったからね。
    そこで姉と再会した
    家庭というものにあまりいいイメージがないから子供を産むつもりはないし、彼氏も似たような境遇から似たような考えに至った人だから、このまま彼氏とのんびり老いていけたらいいなって思ってる
    どうも姉はそれが気に食わないらしい
    「社会のお荷物」なんだってさ
    私より一足先に家を出た姉がどんな人生を辿ったのか詳しいことは知らない。興味ないから聞く気もない
    ただ、旦那さんや私生活に関する愚痴を延々と語る姉の姿を見る限り、あんまり幸せな人生は送れてなさそう
    私は職場の人や彼氏や就職サイトの方に支えられて辛うじて人生の軌道に乗れたけど、ぶっちゃけ堕ちるところまで堕ちていた確率の方がよっぽど高いと思う。
    母みたいに無理して結婚して無理して子供産んで私たちみたいなゴミを産んじゃったら「社会のお荷物」以上に社会にとって害悪な存在になると思うんだけどな~
    現に姉の子(甥とも呼びたくない)は既にゴミだし
    正直言って姉の現状を見下してるから姉みたいな境遇になるぐらいならお荷物扱いされたって構わないや
    姉の子、学校でクラスの女の子をいじめて担任に親ともども説教されたらしい
    姉は女の子を逆恨みしている
    被害者の女の子のことをブスだとか根暗だとかオタクだとか罵ってたけど、顔が父親に似てるっていう理不尽な理由で殴られてた姉が「理由があればいじめていい」って考えていることに驚いた
    姉曰く、いじめられた時点で「惨めな弱者」だから見下してもいいんだってさ
    その考えでいけば母からいじめられた私たちも「惨めな弱者」じゃないのかな
    殺伐した環境で育って「強さこそ正義」みたいな価値観を刷り込まれてしまったのは分かるよ。私もそうだから
    でも私は少なくとも表には出さないように努めてる

    あんなに憎んでた親の価値観や言動をそのまま辿っている姉の神経が分からない

    このページのトップヘ