418 :彼氏いない歴774年@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 17:26:49 ID:WhqqbEHr.net
    自分というか一家のまさかなのだけど
    三女の妹が結婚することになった(我が家3姉妹、私次女)
    長女の結婚の時はヘラヘラして「どうぞどうぞー」と言っていた父が
    妹の婚約者に会った直後から様子がおかしく、ついには興信所を入れるとまで言い始めた
    理由を聞いても「あの婚約者は怖い、なんとなく変な感じがする」と言って
    私含む女勢から「なんとなくで高いお金出して興信所なんて」と猛反対
    なぜならこの婚約者、本当に良い人とそうだと私達は思っていた
    国家資格持ちで高収入で優しく趣味写経で変わってるところもいいなと思える人だった
    挨拶から半月程たったある日父が「父と叔父で妹の婚約者について調べた、少年院入っていた」と衝撃の告白
    被害者のご家族にも話を伺えたようで写真を見せて確認もとっていた
    その後は妹は父同伴で婚約者と話し合い、最初は否定していたものの
    明らかに挙動不審になって最後は認めて婚約破棄(私と母は通報要因で物陰から伺っていた)
    父が結婚に反対したこと、探偵顔負けな調査をしたこと、婚約者が本当にヤバい人だったこと
    父筆頭に事なかれ主義の我が家にとってまさかが続く出来事だった

    485 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 00:36:41 ID:+X2sdEOP.net
    短いですけどよろしくお願いします、私ではなく姉の武勇伝で、小学生時代の話ですけど。
    年子で同学年という世間体の悪い年齢差でしたが、私達は仲良し姉妹でした。
    私は一般的にアルビノと呼ばれている先天的白皮症で、足が悪いのもあって一部を覗く体育は休み、特に水泳はもってのほかでした。
    それに比べて姉は黒髪黒目で皆勤賞を小学校から連続で取るような健康な体で、145センチの体から握力35弱を出したこともあり、水泳は苦手でもできなくはありませんでした。

    777 :1/3 2013/11/09(土) 19:16:32 ID:j+HHypvQ
    姉のお見合いとお見合い後が修羅場だった

    彼氏なし、結婚する気なしの29歳の姉を心配したらしい父方伯父が勝手にお見合いをセッティングしてきた。
    姉高校生、俺小学生の時に父が氏んでから父方伯父には何かと世話になったため、渋々ながら会うだけ会ってみることになった。

    お見合いは姉・母・伯父夫婦で行ったので伝聞なのだが、相手はマザコン男・ザ姑な母・空気父という顔ぶれだったらしい。
    相手母がべらべらしゃべりまくり、マザコン男はうんうん頷くだけ。
    内容を要約すると「母子家庭育ちの卑しい女なんてアテクシの坊っちゃんには不釣り合いザマス。金がない分際で子供二人を大学まで出すなんて賣春でもしてたの?おおいやだ」だと。

    92 :可愛い奥様 2013/05/05(日) 08:03:27 ID:XeIC4Pcr0
    姉の元旦那の話ですが、実家に帰った時に因果応報だと思った話。

    9歳年上の姉は10代の時に子どもが出来にくいと言われた。
    その時は母と私の方がショックを受けて、昔から姉が大好きだった私は
    「なんでお姉がこんな目にー!」と騒いで母にゲンコツされたらしい。(記憶がない)

    そんな姉は23歳の時にプロポーズされたけど、跡取りが必要な家だったからと断った。
    けど、子は授かりものだからと再度プロポーズを申し込みに実家まで来てくれて
    両親は嬉しそうにしてたし、その場にいた私もちょっと泣いた。

    635 :名無しさん@おーぷん 2020/05/12(火) 13:53:10 ID:La6
    私は三姉妹の次女。
    子供の頃は割と仲のいい姉妹だったが、
    今は私と妹は変わらず仲良くしてるが、姉とは絶縁している。
    絶縁したのは数年前、妹が伯母さんから突然遺産を貰ってから。
    姉は40代半ばの時に離婚して、楽とは言えない生活をしてたから
    妹が降ってわいたような大金を手に入れたのを知って三姉妹で山分けを提案した。
    でも妹は断った。
    「一番生活が大変な自分(姉)に少しぐらいお裾分けしなさいよ!」
    と妹を責めたけど妹はそうしなかった。
    「これは伯母さんの私に対する気持ちだから、お姉ちゃんが貰うのは違う」って。
    伯母さんと言うのは母の兄の奥さんだから全く血の繋がりがないんだけど
    早くに伯父さんは亡くなってて子供もいない人だった。
    その伯母さんは足が悪かったので、自宅で仕事をしてたんだが
    伯母の仕事が妹が目指していた仕事に近かったので
    よく話を聞きに行きがてら、色々手伝ったりしていた。
    ふたりは親子ほどの年齢差なのに、とても仲が良かった。
    高齢になってからは、私から見ても感心するぐらい
    よく世話をしてあげていた。
    その伯母がホームに入る時に財産はすべて処分してて
    亡くなった時に残っていた現金のうち半分は菩提樹に寄付して
    残り半分を特別縁故者だかなんだかで妹へって遺言を残してた。
    名称は違ってたかも。難しくてよく分かんなかったんだけど、
    要するに相続させる人(法定相続人?)が他に居なかったらしいんだ。
    妹が受け取ったのは1200万ぐらい。
    嫌な言い方だけど、私たちの両親はもう亡くなってて
    今後相続なんてことはないから余計に姉が目の色変えたのが
    私からみても情けないほど浅ましくてうんざりした。
    たぶん姉、相当切羽詰まってたんだろうな。
    私たちだって両親から多くは無いけどそれなりに遺してもらってたのに。
    自分の不幸を「どうして私だけ!」ってよく嘆いてたけど、
    どうしても何も、私たちは自分の家庭を大事に守ってきただけだよ。
    夫や子供を裏切って追い出されたあんたとは違う。

    このページのトップヘ