415 :1/2 2009/04/25(土) 03:27:31
    携帯からすまん。うちの1ヶ月のマズメシ経験を聞いてくれ。

    元はフツメシだった嫁。薄味気味だったが、塩や醤油を俺だけ足してもちょっと文句言われるくらいで済んでた。
    子のクラス替えで仲良くなったママ友との付き合いで、マズメシが始まった。
    ママ友は結婚前は洋食屋で働いていた超ウマメシ(嫁談)。作り方や材料を聞いて、香草をたっぷり入れる料理を家で作るようになった。
    これが今まで食ったことないまずさ。元々薄味だからか何食っても香草の味しかしない。本人もまずさはわかっているも「もったいない」と食卓に出す。子と俺にまずいと言われると意地になって自分で完食し、またリベンジしては撃沈、以下ループ。
    日に日に種類が増える香草類。たびたび喧嘩になるも、本人も頑張って作っていたのでそこまで責めることもできなかった。
    ところが先週末、子の学校から呼び出しがかかった。子に聞いても心当たりはないと言う。嫁も俺も何だろうと緊張しながら、嫁は学校に出かけて行った。
    その夜、嫁の希望で家族で外食に。帰宅して子を寝かせてから学校で何の話をされたか嫁に聞くと、嫁が号泣し始めた。

    814 :1/2 2017/12/24(日) 15:12:55 ID:H45
    色々端折る&フェイク多いけど、一言で言うとメシマズ元嫁を糾弾したら娘と一緒に心中(狂言だけど)されそうになった。

    元嫁は娘が生まれてから何でも間でも豆板醤を食い物に塗るようになり、味噌汁に「隠し味(隠れてねェけど)」と言って山盛りに入れるとかは茶飯事、
    一番酷い時には甘いお菓子なんかにもにも塗り込んでいた。
    豆板醤漬けの飯を連日はやめろと言ったらそれからしばらく白飯と白湯だけの食卓が続き、
    「私のご飯が嫌なら味のないモノだけ喰ってろ。ただし娘も同罪だ」と言い放った。
    娘は「わがまま言わないから味のある物欲しい」と泣いて元嫁はそら見たことか、と言わんばかりにふんぞり返った。
    そんな元嫁の態度に我慢の限界が来てしまい、「娘に豆板醤塗れの劇物みたいなもの食わすな、コ□す気か」と言ったら
    娘のお気に入りの茶碗を叩き割って「だったら自分で作ってみろ、娘が口にできるものをあんたが作れんのか?」と。
    それで、即興で豚ロースにコショウと潮振ってポークソテー作り、中濃ソースを軽くかけたモノを出したら娘は残さず食べてくれた。
    その事が元嫁の神経を逆撫でしたらしく、「この裏切者!」って絶叫してから冷蔵庫のドアを蹴り壊して家を飛び出していってしまった。

    もうこの嫁はだめだ、って思って離婚を決意した。
    翌日重い気分で義実家に電話したら「大丈夫だったか?」って返されてびっくりした。てっきり甲斐性無しとか罵られると思ってたし。
    というのも元嫁が家を飛び出してからすぐに義実家に電話して「私の食事を『喰えたものじゃない』と侮蔑される」と言うので、詳細を聞いたら豆板醤塗れ。
    それはいくらなんでも変、と言ったら「あんた達も私を裏切るのか!」と発狂してガチャ切りされたそうだ。
    「何を言っても聞く耳を持たない、もう離婚しないと娘を守れない」と告げたら
    「そうした方がいい。孫が一番心配だし君も心配だ。最早あれはかつての娘とは思えない」と言われた。

    まず娘の安全確保が大事だなと思ったので、義実家に電話した後で恥を忍んで義弟に事情を話し、しばらく娘を匿ってほしいと頼んだ。
    義弟は元嫁の事をかなり嫌っていて仲が悪く、プライドが恐ろしく高い元嫁は義弟相手に下手に出ることはないだろう、と踏んだからだ。
    幸いなことに義弟は即OKの返事をくれた。「とりあえず当座の着替えとか持ってきてくれ。後は何とかする」と。
    義弟家に行って、義弟と義弟嫁に詳細な事情を話したら「何でそこまで我慢するんだ、義兄さんもそうだけど娘ちゃんが一番悲惨じゃないか」と叱られた。
    義弟嫁は「味のないご飯ばかり食べされられたんでしょう、可哀想に」と泣いてた。
    「全て解決するまで面倒見るから心配ない、任せておけ」と太鼓判を押してくれた義弟に後押しされて、
    本格的な離婚の準備に入ろうとした矢先、元嫁から電話があった。たった二言「許さないから。覚悟しとけ」とだけ。

    俺は何をされようと別に問題ない。離婚して娘の無事を確保できれば慰謝料だろうが賠償金だろうがくれてやる、と思ってたんだけど、
    娘を避難させたその日の午後に、義弟から「義弟嫁が誘拐容疑で警察に連れてかれた」と連絡があった。元嫁の仕業だった。
    元嫁は俺が義弟家に娘を預ける事をあらかじめ予測してたみたいで、警察に「娘がいなくなっている。誰かに連れて行かれたのかも」と言ったらしい。
    で、義弟嫁が娘と一緒にその日の夕食を決めようと一緒に買い物してたところを確保された、ってことだそうだ。
    申し訳ないが、俺が娘を義弟家に預けたという証明をしてくれって連絡が俺に来たので、慌ててすっ飛んで警察に事情を説明した。

    815 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/11(水) 15:14:25
    妻について

    部屋が寒いので窓を閉めてと、妻に頼んだら
    「網戸は風を通さない」と、妻は出鱈目で反論した
    「は?」と俺は呆れた

    砂糖を入れすぎても甘くならない
    塩を入れすぎてもしょっぱくならない
    賞味期間を過ぎても食あたりしない
    たんぱく質を取らなくても栄養不足にはならない

    妻には因果関係というものが無い
    何を言っても無駄

    甘すぎるから砂糖を減らしてと言っても
    「甘くない」と言う妻
    糖尿病になったら困るって言っても
    「私のせいじゃなく、それはあなたの体質」という妻

    561 :名無しさん@おーぷん 2015/03/19(木) 02:57:26 ID:bTp

    文章書くの下手で纏まってないかもしれません…汗

    2年前、俺は犬を飼ってました。
    雄のトイプーで名前はクール(センスないとか言わないで)
    嫁と結婚する前から飼ってて結婚してからも嫁はクールを可愛がってくれていると思っていた。

    俺は仕事柄出張が多くて、結婚前は友人に任せていたクールの世話を嫁に任せていた。
    でも何故か毎回俺が出張から帰ってくるとクールは何処か元気がない。
    嫁に聞いても分からないと言う返事が返ってくるだけ。
    おかしいとは思ったけど仕事を休む訳にもいかなくて、嫁にお金を渡して動物病院へ連れていくようにお願いしてからまた出張。

    でもある日ちょっと長めの出張があった。
    それでも予定より少し早めに切り上げて家に帰ると室内で飼ってる筈のクールが庭で鎖に繋がれていた。
    しかも一目で分かるくらいに衰弱していて、驚いた俺は慌てて病院へと連れていった。
    抱き上げたクールはいつもより軽く、毛並みも最悪だった。

    検査の結果クールは極度の栄養失調、一歩間違えたらタヒんでいたとまで言われた。
    俺は泣きながらクールを動物病院に預けて、家に帰って嫁に問い詰めた。
    そしたら嫁は悪びれた様子もなく

    「だって犬の世話なんてしたら服が汚れるじゃない」

    って。
    その瞬間頭に血が昇って倉庫からペンキを取ってきて嫁の頭から掛けてやった。
    更にクローゼット、タンスの中にもペンキを撒き散らした。
    発狂して俺を罵倒する嫁に

    「うるせー!!テメーの服なんか知るか!!命より大切な服なんてこの世にはねぇんだよ!!離婚だ!!この家から出ていけ!!」

    と叫ぶとビックリした顔で静かになって泣き始めた。
    まぁそれまで嫁に本気でキレた事無かったし、喧嘩しても俺が折れてたからマジギレ見て驚いたんだろうね。
    でも俺にはそんなの関係なくて、嫁に携帯と財布とペンキまみれの洋服を渡して家から追い出した。

    嫁は実家に帰ったらしく
    (どうやって帰ったかは知らないけど)
    何度も電話で謝ってきた。
    そしてやり直したいって。
    勿論拒否して嫁親に事情を説明して離婚届けを実家に送り付けた。
    それから暫くして離婚届けを役所に提出しましたと嫁親から連絡が来た。

    ちなみにクールは回復、今は元気すぎるくらい。
    俺の人を見る目が無かった…って言えばそれまでだけど、やっぱり元嫁は許せそうにない。
    だけど暫くの間は髪に着いたペンキが取れず、お金が無いからペンキの着いた洋服を着ていたと聞いて少し気持ちがスッキリした。

    クールが結婚?してクールのお嫁さんが妊娠したので記念投下です。
    4月にはベビーが生まれます。

    636 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/19(火) 18:40:07
    携帯からなんで、改行読みにくいやらあったら申し訳ない

    嫁が再来週の日曜日誕生日なのだが、「土曜日子供を嫁実家に預けてデートしたい」と言い出した。

    なんでも「当日は可愛い息子と大好きな旦那様と三人でおうちでケーキ食べたい。
    でも、二人っきりのデートもしたい。プレゼントはデートがいい。」らしい。

    前々から俺実家が「孫ちゃんと遊びたいよう。二人で旅行行きなさい。孫ちゃんは私たち(俺両親と保育士の俺姉。俺息子を大好きな中年トリオ)にまかせろ」
    と言われていたので、俺実家に預けて良いか聞いてみることになった。

    息子(9歳)も「お泊まりしてもいいよ」と受け入れてくれ、俺実家ももちろん返事は「OK」電話を切り嫁にそれを伝えると満面の笑みでマンガみたいに両手あげて「やったーやったー」とジャンプしてた。


    そこまでは良かった。みんな笑顔だった

    3~4回ジャンプした3秒後嫁の体が奇妙なくの字に曲がり地面に激しく体当たりしていた。

    一部始終をみていた息子(9歳)は半泣きだし、俺は何故か「あらやだ大変」とぼんやり。

    すぐさま我にかえり、車で救急病院へ運んだら、右肘おれて右足ひび入ってた。

    もちろん、デート中止。
    でも久々に姫だっこをされて嬉しかったとなみだ目(嬉しくてじゃなく痛みで)でいってくれたのでよしとしよう。

    治ったら快気祝いデートにでもいきます。

    このページのトップヘ