妊婦

    737 :おさかなくわえた名無しさん 2012/01/29(日) 23:32:49 ID:qBnt7weW
    近所の電気屋に車で行った時の事。駐車場が満車で、普段は決して停めないんだけどやむなく障/害者用の駐車場に車を停めた。
    そして車から降りた瞬間怒鳴り声で怒られた。その声は自分の車の後続車からで、いかにも...な黒い大きなワゴンだった。
    運転席の窓を開けて怒鳴る怒鳴る。テメーなんでここ停めてんだよ!早く出せコラ!嫁が降りられねーだろーが!!とか...
    うわー、きっついなー。とか思ってると、警備員が飛んで来て、お客様どうされましたー?なんて聞いてきた。

    465 :1/2 2014/06/30(月) 19:21:28 ID:vkk2C76f6
    高3の3月、免許取り立ての俺は大学入学までの暇な時期に家の車を借りてばあちゃんの家に遊びに行った。
    親父が6人兄弟の末っ子なもんだから当時の時点でばあちゃんは90歳近くだったが中々アクティブで、
    「せっかくだから孫太(俺)、ドライブ連れてってくれ」とか言い出すので近くの花見スポットへ行くかー、と
    ばあちゃんと連れ立って表へ出た。
    すると、隣家(と言っても田舎だから数十メートル離れてる)の様子が何かおかしい。やたらと犬が吠えてる。
    ばあちゃんと2人で様子を見に行くと、玄関先で一目で妊婦とわかる女性がうずくまっていた。

    慌てて駆け寄るとその人は隣家のお嫁さんで、出産予定日はまだ先なのに急に陣痛が始まってしまったらしく、
    たまたま隣家がお嫁さん以外は外出してしまっていて、ばあちゃん家に助けを求めようとどうにか家から這い出してきたと。
    相当パニックになってて「なんで、まだ早いのに、赤ちゃんタヒんじゃう」って泣いてた。

    ばあちゃん家も俺とばあちゃん以外は仕事やら何やらで居なくて誰も頼れんと、俺もパニックになりかけたけど
    「孫太ぁ!お嫁さん病院に連れてくぞ!」とばあちゃんに一喝されて我に返った。

    813 :名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水) 19:31:17 ID:zcu
    血友病の女子大学生だけど、平日午後二時の都内の電車で、始発駅から一本見送って優先席に一番近い扉の横の席に座った。
    上り方面だから座席は全て埋まるぐらいの乗車率。
    タブレットで本を読んでいたら、五駅目ぐらいで年上の女性.が妊娠しているので席を代わっていただけないか、と丁寧な口調で話しかけてきた。
    ちら、と優先席を見ると、すでに家族連れやサラリーマンで埋まっている。
    譲ってあげようかと思ったけど、ここから先は揺れが激しい区間であること、雨だったので床が濡れていること、あと三十分は乗り続けること、血友病であることを理由に断ろうと思った。
    なので女性.に、すみませんが血友病なんです、と言うと、さっきの口調が嘘のように、ええー嘘でしょう?と心底驚いた顔で言われた。
    その後女性.は五六駅で降りるまで私の目の前でつり革に捕まってスマホをいじっていた。
    よく通りそうな声で、嘘、と言われたことが気に障った。私は以後この女性.に会っても席を譲ることはないと思う。

    826 :1/3@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 23:16:12 ID:ZqXk+CKs.net
    同じ職場のAさんとは、出産予定日が1ヶ月違い(Aさんが早い)、
    産院も赤の性別も一緒だった。
    お互いの妊娠の経過を報告しあったり育児グッズの情報交換したり、
    急速に仲良くなってた。
    SNSのアカウントも交換してた。
    結局私は1ヶ月弱の早産で、
    Aさんの予定日近くで出産。
    しかし産院でAさんを見かけなかった。
    うちの赤は保育器やNICUは免れたが、
    体重が戻らず退院延期。
    私は先に退院して授乳しに産院へ通ってた。

    赤の退院前夜、陣痛室から医師と思われる怒声が飛び交い、
    物々しい空気になってた。
    廊下のベンチ(陣痛室の喧騒は聞こえない)で
    Aさんのお母さんが1人座っているのをチラッと見かけた。

    その後、その喧騒は緊急帝王切開であったこと、その赤ちゃんはタヒ産だったことを
    新生児室の授乳で仲良く鳴ったママから聞いた。
    そして、職場からAさんがタヒ産したと聞き、あの時のは…と思ってた。

    9 :名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木) 10:28:02 ID:UJs
    私、コミュ障。困ってる人がいたら、声をかけていいのか、そもそもなんて言えばいいのか、迷惑になるんじゃ…と悩んでるうちに他の方が助けに行ってしまうこと多数。
    当然恋人もなし、結婚願望もなし。ただひたすらせめて仕事だけはと頑張ってるだけの状態

    先日、会社を出てからめちゃくちゃ体調が悪くなった
    時間的に病院も空いてないし、休めるような場所もないし、帰宅するしかないと思って電車に乗った
    電車はそこそこ混んでて座れなかったから、立って吊革につかまってた
    そしたら、私の顔色見て「よかったらどうぞ」って少し離れたところに座ってた、眼鏡をかけた優しそうな男の人が譲ってくれた
    その人は笑顔だったんだけど、その笑顔がなんていうかものすごく安心する感じで、体調不良ってのもあって、ものすごくホッとしたんだよね
    お礼を言ってありがたく座らせてもらったんだけど、なんでか分からないけど胸がいっぱいで泣きそうだった
    毎日仕事漬けで人の優しさに飢えてたのかもしれない。割とブラックだし
    その事があってから、電車で私の前に立ってる人が少しでも体調悪そうだったら、あの人みたいに笑顔で席を譲れるようになりたいと思ってた

    そんで昨日。電車で運良く座ってたら、前に妊婦さんが来た
    今だ!と思って、勇気を振り糸交って立ち上がった
    コミュ障なりに頑張って笑顔で譲れたと思う。ちょっと声裏返ったけど
    妊婦さんからお礼を言ってもらえて、ちょっと誇らしい気持ちだった。私もやれば出来るじゃん!って

    結局最寄り駅まで立ちっぱなしだったんだけど、妊婦さんと降りる駅が一緒だったんだ
    何となく気にかけながら歩いてたら、その人の旦那さんが迎えに来てたみたいなんだけど、なんとあの眼鏡の男の人だったんだよ!
    こんなことある?!と思った
    二人ともにこにこしてて、穏やかな感じで歩いていった

    この興奮を誰かに伝えたかったけど伝える相手もいないし、ここに書いてる
    なんかあのご夫婦見てると結婚したくなってきた
    婚活頑張ってみようかな。まずは笑顔の練習からだけど

    このページのトップヘ