失踪

    599 :名無しさん@おーぷん 2015/07/26(日) 22:19:44 ID:MT6
    10年ほど前の話です。長くなります。
    直接見聞きしていない部分アリ。フェイクもアリ。

    当時私は20代半ばで結婚2年め、妊娠中。
    私は幼い頃から、それほど深刻なものではないものの、内臓に持病があり
    ずっと通っていた総合病院の産科にお世話になることにしており
    里帰りもかなり早めにしていました。
    私と夫は二人暮らしで、夫の実家は同じ市内にあり
    私の実家は同じ県内の、車で2時間ほどかかる距離にありました。

    夫の両親との関係は良好でした。
    義父は口数は少ないものの、穏やかで優しい方です。
    義母は、感情の変化が表情に出ないタイプと言うか
    家族にも他人にもそれほど関心がないと言うか、少し変わった人でした。
    でもたまに会えばそれなりに世間話はするし、悪い人だとは感じませんでした。
    むしろ、やかましく口出しするような姑じゃなくて良かったなんて思ってたくらいです。
    かなり早めの里帰りについて報告すると
    「ご両親のお世話になれるならその方がいい。産まれたら知らせて」と、全く問題なし。

    予定日まであと2ヶ月ほどになった頃、看護師さんから
    「うちの病院のスタッフのA男が私さんの親戚だってご存知でした?」と尋ねられました。
    その名前には全く心当たりはなかったのでそのように伝えると
    「ご主人の方の関係だそうですよ。親戚がうちでお産するみたいなんだけど
    順調なのかなって気にしてましたよ」とのこと。

    夫側の親類縁者を全員把握出来ているわけではありませんでしたし
    大きな病院だし同じ県内だし、知らない親戚が居ても不思議じゃないなと思い
    私の様子を気にしてくださっているなら挨拶のひとつでも…というわけで
    夫にこの話をしたところ、夫も「聞いたことない名前だな」と首を捻っていました。
    ただ、夫両親はどちらもきょうだいが多く
    夫自身、イトコより遠い縁になると知らない親戚も居るので
    夫両親に尋ねてみるということで、その日は終わりました。

    その数日後、実家の家電が鳴り、母が出ました。
    第一声の「あら、どうされたんですか?」という声の調子やその後の口調で
    なんとなく、夫からの電話なのでは? と感じたんですが
    私に取り次がれることなく、母は書斎で父と何か話し合いをしていました。

    長くなりすぎるので経過を少し端折ります。

    615 :名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水) 11:20:08 ID:fWL
    もう10数年前になるけど、今でも鮮明に覚えてること

    義父は私と夫が結婚するずいぶん前にタヒ去していたはずなのに
    いきなり本人がひょっこり現れて
    「ただいま」なんて言うもんだから、義母がびっくりして卒倒した
    ショックで人間が白目剥いて失神するところ初めて見た
    支えようとして下敷きになって足首ひねって痛かった記憶w

    義父はその20年くらい前に行方不明になって、ぼろぼろになった服だけが近くの山で見つかってた
    認定タヒ亡が使えなくて、7年待ってから失踪宣告という流れだったそうだ

    いつの間にか別の土地にいってどうにかこうにかして暮らしていて、
    最近になってふともともと暮らしていた

    住所の近所に来てしまい、
    懐かしさのあまり家を訪ねてみたらまだ家族が住んでるっぽい→ただいま!
    という感じだそうで、
    息子大きくなったなぁ嫁(夫の母)も相変わらず綺麗だなぁとか、ぽろぽろ泣いてた

    どうやって暮らしているか言わなかったけど、
    小奇麗な見た目だったのでそれなりに食べていけてるんだなと思った

    義父が失踪した理由はギャンブルで作った借金で首が回らなくなってのことだったらしくて
    本人がいないし遺体も見つからないから何もできなくて、
    たちの悪い借金取りが何年も家に来てたそうだ

    それで夫と義母はとても苦労してたって聞かされてた
    その苦労の元凶がのこのこ現れたもんだから、
    最初は生きてた喜びがあったみたいだけど、そのうち反省してない

    義父を見ているうちにふつふつと怒りがわいてきて、怒鳴り合いの喧嘩みたいになってしまった
    義母は数年前に良縁があって再婚してたんだけど、それも義父は気に入らないみたいで怒ってて
    でも義母にしてみれば唐突に借金残して蒸発した夫をようやく忘れて、
    子供を育て上げてやっと自分の幸せをつかみなおしたところだったので、
    元凶本人から浮気だ不倫だと責められてぶちきれてた

    結局、義母夫が義父を叩き出して、
    以降その話題には触れないようにという空気になってしまった

    多分ちゃんと失踪宣告の取り消しとかしなきゃいけないと思うんだけど
    、誰も何もしないまま10数年経過

    生きてれば70歳近いけど、どこでどう暮らしているやら

    309: 可愛い奥様 2012/03/22(木) 20:17:19.97 ID:8dNuqtwj0
    なんか色々モニョる話投下。長いのでお暇な方だけどうぞ。

    旦那の会社の同期で12~13年前?に失踪した人がいる。
    突然会社に来なくなり、家にも戻らずで行方不明になり
    蒸発するような心当たりが全くないらしく、絶対何かしら事件に巻き込まれたとしか思えないが
    変な話遺体で発見されるという事もなく、奥さんが捜索願を出してるらしいが見つかっていない。

    まぁ大の大人の場合子供と違って事件性がないとされてしまうので
    捜索願なんて受け付けてはもらえても、指名手配とかじゃないから積極的に探すというわけでもない。
    会社も最初の一年は籍を残しておいてくれたらしいが、もうこれ以上はとなり
    依願退職と言う形で処理され、10年以上が経過してしまっている。
    それは関係ない私も結婚当初から聞いて知ってはいた。
    確か行方不明になって7年?9年?だか経つと、タヒ亡届が出せるらしいが
    出したのかなと聞いたら、いや出してないみたいよと。
    そりゃ心情を思えば居なくなったから、しかも理由も分からないのにハイと割り切れないだろうしな。

    737 :可愛い奥様 2010/04/11(日) 09:23:10 ID:VKYSxxz90
    ドケチな養父が私を引き取ったのは老後のためで
    そのため望まれて養子に行ったにも関わらず私の
    扱いは酷いものだった(風邪をひいた当時幼稚園児の
    私を一人自宅放置で遊びに行くとか、高校への進学
    費用を用意せず中卒で働かせるとか、暴力事件をおこし
    近所から私まで白い目で見られるとか、私の入浴を
    覗くとか色々)。

    「私がお嫁に行ったらどうするの?」「ついていく!!」
    「(暴力事件をおこすような人間は引き取れないので)
    老人ホームに入る気はないの?」「老人ホームに入ったら
    貯金も年金も全て取り上げられるから絶対に嫌だ!!」

    自分の金は一切使わず、生活費も入院費も墓代も
    (※実家の墓に入ることは養父の兄嫁から拒否された)
    全額私から搾り取ろうとする姿勢の父に嫌気が差し、
    私は19歳で失踪した・・・同僚も親族も友人も全員捨てた、
    どこで逃亡先の住所が父側に漏れるか分からないから・・・
    その後は転職と引っ越しの繰り返し、捕まらないように必タヒ
    何度か居場所がバレたが、逃げ切った

    それから十年経ち、さすがに養父の近況が気になってきた
    というか、逃亡生活の限界を感じた(転職転職転職で)
    離縁したい、当時はできなかったが、裁判すれば離縁
    できるかも、今なら法廷で戦える、という覚悟もできたし

    650 :名無しさん@HOME 2013/02/28(木) 09:03:28 0
    ちょっと吐き出し

    3年前に浮気相手と結婚するからと、突然離婚届を残して預金全額と車と家の権利書持って行方をくらました元嫁
    先日電話してきて
    ・3年の猶予をやったが1円も慰謝料を払わないとは何事だ、誠意がない
    ・家を売却して慰謝料代わりにするから立ち退け、不動産屋には売却を了承しろ
    ・義父が亡くなって遺産を相続したそうだが、元妻である私は当然半分貰う権利があるから速やかに払え
    ・浮気相手との子供が今度幼稚園に入る、お前も私と縁があったのだから父親の喜びを感じさせてやる、祝い金と入園費用等負担しろ
    ・自動車の名義がお前のままなので売れない、すぐに私に名義を書き換えろ
    以上の内容を「非通知」の電話でかけてきたので、途中からではあるが録音して警察に提出

    自宅は実家から結婚前に生前贈与されたもので夫婦で建てたものじゃないし、権利書を勝手に持ちだしたんで「窃盗」として届けてた
    自分の勝手で出て行っておいて、金に困ったら思い出したかのようにタカリに来る
    そもそも相手が有責なので私に払う義理は一切無く、むしろ最低限貯金の半額と権利書は返してもらうのが筋
    振り込まなきゃまた文句行ってくるだろうと放置してる今の心理が修羅場

    このページのトップヘ