大学

    881 :おさかなくわえた名無しさん 2014/01/24(金) 13:11:50 ID:4qsKpMKy
    私はブスだ。
    子供の頃からその自覚があり、家族は「そんなことないよ~」とフォローする感じではなく「お前は顔がアレなんだから、他の所できちんとしなさい」という前向きなもの。
    少なくとも、私にとっては、両親の接し方はありがたかった。不細工なものは不細工なんだからしょうがない。
    芸人の光浦さんがテレビで売れ始めてた頃で、光浦さんを見て、なんか「顔が悪くたって人生やりようはある」と妙に納得したのを覚えてる。
    勉強は人並みに頑張ったし、「最悪、一人でも生きていけるように」と、母から家事・手芸の手ほどきも受けた。

    兄弟多かったせいか、幸いコミュ力は人並みにあったので、ぼっちにはならず、それなりに学校生活を満喫。
    友人にも恵まれ、いじられキャラではあったが、必要以上にブサイクをいじられることもなかった。
    大学3年で、こんな私でも、彼女にしたいという、同じゼミのA君が現れた。初カレ(笑)である。
    特に誰かに報告するでもなく、デートを重ねていたある日、ゼミの新年会で、「私子、彼氏いたことあるの?」と誰かが言った。

    A君に目配せしたら、ニコニコしてGOサイン出してきたので、「いるよ、A君」と答えると、
    ゼミで一番美人のB子さんが、ツボに嵌ったみたいでゲラゲラ笑い出した。
    周りの子が諌めると「だって、私子!?何で私子!?A君に貢いでんじゃないの!?絶対おかしいって!」
    男子が「やめろよ!」と叱るんだけど「じゃあさ、アンタ、私子とデートできる?連れ歩ける?手ぇ繋いだり、キスとかできんの?」というB子さんの言葉に沈黙。
    「ほらねー!」と上機嫌にB子さんが男子を指差した瞬間、A君が机バンして立ち上がった。

    887 :名無しさん@おーぷん 2017/04/11(火) 10:54:33 ID:tUV
    大学時代、某マイナー競技の部活をやってた
    ある時、次の遠征試合まであと半月ってタイミングでひどい風邪引いてしまい、
    学校も部活も数日休んだことがあった
    休み明け、授業は出たけどまだ本調子じゃないから部活は休もうと思ったけど、「遠征費集めてるから今日持って来て」とメールが来て、
    お金用意して遅れたけど部活行った

    一応道具の準備はしてたので、途中から参加しうしつて軽く体動かして皆と一緒に部室戻った
    部室に戻ったら皆が騒然としてた
    遠征費を集金してた子のロッカーから数万円入った集金袋(某銀行のベージュの無料封筒)が消えたと、その子が騒いでた
    ロッカーにもカバンにも封筒が無い、確かに今日の部活開始前にはあったのに、盗まれたんじゃないか、と
    で、「今日部室に一人でいた人は誰か」となった
    遅れて来た私だけ、だった

    「ね?何かの間違いだよね?盗んだなんて思ってないから集金袋返して?」
    「そうだよ、何か戻し忘れたとかだよね」
    「○○(私)ってお金困ってたの?一人暮らしなんだっけ?みんな怒ってないよ」
    とか皆に囲まれて言われた
    完全に私が盗んだと皆心底思ってる様子で、皆の目を見てると汗が出て、心臓が飛び出そうになった

    勿論「私は盗んでない、お金がもう集まってるのも、それをどこに置いてるかも知らなかった」と何度も言ったけど、
    皆、ため息ついたり苛立ったリして、まるで信じられてなかった
    一人だけ「お金置いた場所違うんじゃない?よく探した?○○が盗んだなんて決めつけるの早いでしょ?」と集金係の子に言ってくれたけど、
    その他の子は聞いてもいない様子だった
    汗は止まらなかった
    その様子を皆が嫌そうに見てるのもわかった
    今の今までチームスポーツに皆で打ち込む楽しい大好きな部活、と思ってたのが一瞬で変貌したのがまだ消化できなかった

    「明日には集めた遠征費で前売り切符買う予定だったのに」と泣き出す集金係の子を皆が慰め、
    「遅いから取りあえずもう今日は帰ろう」となった
    「今日カバンを開けたりしないけどさ、明日までにお金戻ってこないなら、大学か警察に話行くからね」とも言われた
    「荷物探すなら探してよ」と私が言ったら、「そう言うってことはもう別の場所に隠してるんじゃない」と笑われた

    そして集金係の子が着替えてロッカーの下から靴を出した時、声をあげた
    ロッカーの靴入れるスペースの奥に、集金の封筒がペッタリと貼り付くように落ちてたらしい
    「嘘ー」と集金の子が泣き出した
    そうしたら皆がワッと笑った
    「そんなことだったのかー」「ウッカリだねー」「○○ごめーん」と大笑いしながら言った

    539 :可愛い奥様 2010/03/29(月) 20:28:47 ID:klI/rfNh0
    大学3年生の時、山間合宿中自分のウンチ(太さ忘れた長さ10cm位)を悪戯でカレー鍋に混ぜた。
    皆気付かずに美味しそうに食べてた。加熱して大腸菌は杀殳菌されたのかなと・・・
    食糞したこと知らずに10年たった今でも年賀状のやり取りとか年に一回の集まりがある。
    真実話したら杀殳されるだろうな・・・・・内心変な優越感と今も知らずにいる皆の顔を見ると
    妙に笑いがこみ上げる。

    120 :おさかなくわえた名無しさん 2012/03/24(土) 22:08:18 ID:PW4JtvcU
    大学で史学科を専攻してたのだが、どうしようもない韓国人が居た。
    まず人の話を聞かず、教授があれこれ説明していると
    「それは違うんです!」と、ありもしない語りを始める。
    もちろん突っ込みを入れるのは朝鮮に関わりのある話だが

    例としては「唐辛子は朝鮮が日本に伝えた」等。

    そして第二次世界大戦の授業になった際、こいつは恐ろしいまでに発狂した。
    教授が説明を始めると、いきなり「はい!!」と手を挙げ、教授の返事を待たずに起立。
    「まず最初にみなさんに言っておきたいのは、みなさんは私に謝罪しなければいけないということです」
    と、始まってみんなアチャーな雰囲気が流れてて、アメリカの留学生も失笑してたんだが
    「慰安婦問題は、日本人が攻撃的である証明」
    「われら誇り高き朝鮮民族はそんな日本人からの弾圧に耐え、戦勝国となった」
    などとまくしたてる。教授は
    「いいから座りなさい」と制止しようとするが、韓国人は無視し、
    「今、日本を韓流が席巻している。いま、韓国が日本を越えようとしてるのです!」
    と、声高らかに叫んで着席。満足そうな顔をして腕組みしている韓国人。
    シーンと静まりかえる教室内で、アメリカ人がそっと挙手。
    「マイケル君(仮名)、どうぞ」
    そこでマイケル君が起立

    「僕は両親の勧めでニホンに留学したが、ニホンに来るの正直怖かった、ヒロシマとナガサキに爆弾を落として、日本人をたくさんこ○したアメリカが悪くて、申し訳ない気持ちだった。
    だけどニホンに来て右も左も解らず道を聞いたらみんな、嫌な顔せずに教えてくれた。日本語ろくに喋れない僕に、一生懸命身振り手振りしてくれた」

    彼は日本語を学び始めているが、翻訳はできても自分で文章を作って喋るのは苦手だ。それでも一生懸命、言葉にして喋っている。
    韓国人、ふてぶてしい態度を見せるが黙ってる。マイケル君が続ける。

    「僕が日本にきてから、戦争のことで責められたことは今まで一度もない。そればかりか、一人でニホンに来た僕をみんなが助けてくれた。
    友達になってくれた、日本語教えてくれた。日本人は解ってるんだ、憎しみを持ち続けても、それは悪いものしか作らないって」

    706 :彼氏いない歴774年 2009/09/17(木) 03:31:46 ID:/O3JVCiC
    昨日大学で携帯いじりながら歩いてたら曲がり角でちょっとイケメンの同じ学科の人とぶつかった

    ゴメン、すいませんとひたすら謝ってたら「いや、いつでもどうぞ」ってサラッと笑って去っていった…

    今日歩いてたらまた会って「今日はぶつからないの?」って笑いながら話かけてくれた…

    完全にやられてしまった

    このページのトップヘ