462 :名無しさん@おーぷん 2020/01/08(水) 10:59:38 ID:ky.hf.L1
    突然の書き込み失礼致します。
    誰かに自分の話を聞いてもらいたい、誰かに何かを話したいと娘に言ってみたところ、この掲示板を教えてもらいました。
    若い人たちばかりでしたら、お邪魔して大変申し訳ないです。
    私は還暦を過ぎた年寄で、身近な友人は病でなくなったり、皆孫の世話やら親の介護やら身の回りのことで忙しく、
    なかなか会って話をする機会がないために、誰かに聞いて頂きたいのです。

    この度、私は1月末をもって長年勤め上げた会社を定年退職するのですが、
    定年後の夢として、キャンピングカーで自由気ままに全国津々浦々を旅していたいと思っていました。
    兼業農家でもある私は、今までの人生働き詰めでした。
    子供を産んだからには、と二人の娘は借金なしに大学まで上げましたし、二人ともなかなか良い企業に入社してくれ、
    去年でついに二人とも私のもとを離れました。
    一人は婿をとってくれ、孫にも囲まれ楽しく過ごしています。
    つらく大変なことが多い人生でしたが、今はこれで良かったと心底思える生活を送っています。
    山奥の農家の長男で、男一人。口下手な性.格や決して二枚目ではないことも災いして嫁に来てくれる人はおらず、
    仕事から帰れば親に泣かれて責められる日々を随分と過ごしました。
    周りの友人は皆結婚をし、子供が産まれるなかで卑屈に30歳半ばまで過ごしましたが、なんとか縁あって結婚し、今に至ります。
    友人連中が「どうだ羨ましいだろう」と飲み屋に子供を連れてくる姿を見て、笑いながら腹の底では悔しくて仕方なかったのは今でもはっきり覚えています。

    そんな私でしたが、正月に末の娘が連絡も無しに実家に帰ってきました。
    ハイエースに乗ってきた娘に驚いて、前の軽はどうしたのか、ぶつけたのかと聞くと、
    「これは父さんのだよ。今まで仕事ご苦労様でした」と言って、後ろの座席を開けてくれました。
    そこにはベッドと台所が備え付けられていて、居住するには十分でした。
    話を聞くと、二人の娘夫婦で金を出し合い中古のハイエースを購入し、最近流行りの工作が得意な末の娘と車の整備士である娘の夫が
    キャンピングカー風に改造してくれたというのです。
    自分の老後の夢を覚えていてくれたという驚きと、あまりの感動にうまい言葉が出ず、
    いやあ、いいなこれ。ありがとう。と言うのが精一杯でした。

    夜、皆が眠った後に妻と晩酌をしみっともなく泣きました。
    妻は始終そんな私を見て、腹を抱えて大笑いをし、危うく子供らに泣いてる姿を見られるところでした。
    昨今、私なぞは高齢ドライバーと呼ばれる年齢になりますが、早くこのハイエースに乗って旅に出たいと気持ちが逸るばかりです。
    子供が上京したまま帰ってこない、子供が結婚しないので孫の顔が見れないと嘆く、
    かつて私に子供を自慢した友人たちには到底言えませんが、本当に自分は今が幸せだと心から叫びたい。

    26 :名無しさん@おーぷん 2018/03/22(木) 22:35:13 ID:ho6
    不吉な夢を見たから書き逃げ

    好きな人との婚約が決まった
    もうすぐ親への挨拶というときに
    5年前に職場で私をいじめてきた派遣職員が夢に出てきた

    その人は性格が悪くて気にいらない人がいると粘着していじめるっていうのは
    皆知ってることで、特に仕事を覚える前の新人正社員、異動したばかりの年下正社員への当たりがきつかった
    多分、アラサーになっても派遣社員で
    22歳の新人が仕事ができなくてもボーナスがもらえたことが許せなかったんだと思う
    でも、目上の正社員や同じ派遣社員には態度は丁寧で仕事はできたから皆目をつぶってた
    その人が結婚が決まり、退職
    でも、最近、子供が生まれたようで病院の帰りに子連れで職場に来て吐くかと思った

    そのせいで、悪夢を見た
    夢の中で以前のように性格否定の悪口を言われた揚句、
    彼女の旦那がすごく優しそうで「なんでこんなにいい人そうな人が旦那なの?」って腹立たしく思ったのはいいけど
    なぜかその旦那が私の婚約者の上司という絶望の夢だった

    関係ないと思うけど、今日は一日風邪気味で体調が悪かった

    悪夢は話すと良夢になるときいたので、
    オチのない話でお目汚し失礼しました

    497 :おさかなくわえた名無しさん 2018/03/04(日) 00:19:18 ID:0IHQrmyd.net
    某お受験ママが多い地区のカフェでお茶してた時聞こえた、隣のキレイ目ママさん達の会話。
    会話というか一方的なトークだったんだけど、いわく

    「うちの子ぜんぜん勉強しなくて困るの。
    JRの運転手になりたいとか言い出してね、でもそんなのなれるわけないじゃない?
    倍率も高いみたいだし絶対に無理よねぇ?
    それにそんな学校みんな知らないし、恥ずかしいわぁ。
    だから大反対して、あんたじゃ無理って説明したのにわかってないみたいで…。
    結局パパの母校の◯◯を受けなさいって言ったんだけど、勉強って何の役に立つのとか言い出して、もうね~」

    えぇー! と思って固まっちゃったよ。
    そりゃあこの家の子がどんな子か知らないけど、自分の夢を認めてもらえないどころか「あんたじゃ無理」って一蹴されるのがどれだけ悲しいかはわかる。
    私はJRの就職のことはぜんぜんわからないけど、そんな学校恥ずかしいって理由で息子の夢をぶっ潰すママ改めモンスターババァにスレタイ。

    余談だけど、その話は「反抗期かしら~」でまとまってて余計にため息が出た。

    753 :名無しさん@おーぷん 2015/03/31(火) 14:03:12 ID:wZK

    私にはすごく仲のいいA子がいたんだけど、ある日唐突にタヒんでしまった。
    交通事故に遭って、その時はぴんぴんしてたんだけど、夜中に急に容体が変わって誰にも看取られずひっそりと逝ってしまった。
    事故に遭ったという報せを聞いて慌てて連絡した時には、「お見舞いの品は○○のプリンで!」とか軽口を叩くくらい元気だったのに。

    A子は私の2つ上で、放置子だった私を何かと構ってくれて、面倒見てくれて、実の姉のように思っていた。
    これからも二人で行きたい場所やらやりたいことやらたくさんあった。
    訃報を聞いた時から、頭の中がずーっとぼんやりして、自分が泣いてるのか何をしているのかどこにいるのかわからなくなった。
    時計がいつも通り時間を刻んでることや新聞がいつも通りに届くことが無性.に許せなかった。
    でも時間が経つにつれ、徐々に普段通りの生活を送れるようになった。
    それでも、日常の些細な場面で「A子はいないのに私は何をしているんだろう」と考え込んだりした。

    ある日、目を覚ますとA子がベッド脇の椅子に座っていた。
    これは夢かと思っていると、A子は私に気づいて「やっと起きた」と泣いていた。
    よく見れば、そこは自分の部屋ではなく病室で、私は病院のベッドで寝ていた。

    結果から言うと、事故に遭ったのは私だった。
    プリンを欲しがったのも私で、夜中に容体が変わったのも私。
    ただ私はタヒんだわけではなく、昏睡状態になっていて、3日ほどで目を覚ました。
    A子がタヒんだのは私の夢の中の話で、現実のA子はずっと私を心配してくれていた。

    A子からすれば私は無事だったし、私からすればA子が生きていて良かった話なんだけど、
    A子がタヒんだときの感情があまりにもリアルすぎて、たまにどっちが現実かわからなくなる。
    あんなに苦しくて辛かったのが夢なら、A子が生きているこっちだって夢で、唐突に夢から覚めてまた違う現実があるんじゃないかと怖くなる。
    カウンセリングにも通ってるけど、目が覚めた時の足元から現実が崩れ行く感触が忘れられない。
    目が覚めた時もスレタイだけど、現在進行形でもスレタイ。

    352 :恋人は名無しさん 2019/01/27(日) 03:03:18 ID:ZQa7Om4R0.net
    今朝私が「夢の中で太いって誰かに言われた」という話をしたら、夜になってから彼氏に冗談で「デーブ」「お前のこと豚って呼んでいい?」と言われた。
    私はBMI18切ってるガリだけど、女としてデブとか豚とか言われるのはムカつくし気にする。

    「冗談でも嫌な気分になること言わないで」と注意したら、
    「お前が先にしょうもないこと言ったから乗っただけだろ?だったら最初から言うな」
    「コミュニケーションもとれないなんて使えないやつだな」
    だとさ。
    引いた。というか書いてて思ったけど、別れたいスレだったかもこれ

    このページのトップヘ