変質者

    396 :名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2014/09/28(日) 08:34:17 ID:llt486R3.net
    昨日の夜お巡りさんが来た。息子さんいらっしゃいますかと言われて、何かやらかしたか
    と血の気が引いたんだけど、昨日変質者?捕まえるのに協力したとのこと。
    友達の妹(一年生)が知らないおじさんに手を引かれて歩いてて、
    「○○ちゃんおっす!その人誰?お父さんじゃないよね?」
    と大声(地声なんだけど)と言ったら逃げ出したと。
    何だかわかんないけど逃げたから追いかけなきゃと。
    そんで思わず持ってた水筒投げたらおじさんの足の間にピュッと入って
    おじさん転倒。
    お父さんじゃないよねという息子の大声(地声)を聞いてた人複数が自転車に乗ってた
    お巡りさんに知らせててお巡りさん到着、おじさん捕獲。
    ここで息子、ザリガニの水槽洗ってないの思い出して風のように帰宅。
    という流れだったらしい。妹さんは、お兄ちゃんと一緒に出かけたんだけど、お兄ちゃんがトイレ我慢できずに
    スーパーのトイレに行ってる間におじさんに
    「お兄ちゃん、さっきトイレ出てあっちに行ったから連れてってあげる」
    と声をかけられたと。
    お巡りさんが妹さんからさっきのお兄ちゃん誰?と聞くも、仲のいい6人組で行動
    してることが多くて見分けがつかず、その子のお兄ちゃんは自分のせいで
    妹が怖い目にあったとパニック。
    お母さん呼んで、落ち着いてから改めて特徴を聞いて、ああ息子君だ!と判明して
    うちに来たということだった。
    息子はお巡りさんにあのおじさんが普段から小さい子に声かけてるの見かけたか、
    だから「お父さんじゃないよね」と言ったんじゃないのか、何故名前も言わずに
    帰ったのかと聞かれて
    「知らないおじさん」「わかんない、何でそんなこと言ったんだろ?」
    「だって掃除しないとザリガニ捨てられちゃうから」
    と答えてた。
    昨日帰宅して、そんなこと一言も言わなかったよ…
    普段はちょっと黙ってろと言うくらいお喋りなのに。

    700 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/03(水) 02:14:23 ID:x5emuehp.net
    ・真っ昼間に、車が走っている歩道で、おれ(中年太りのオッサン)が駅に向かって歩いていた
    ・そこに、数メートル先のマンションから、女子高生がジャージ姿で出てきて歩き出した
    ・女子高生が歩き出して(たぶん駅に向かっているようで同じ方向)、おれがその後を追うことになった
    ・距離的にも互いの速度的にも追い越すに至らないまま30秒ほどで何度も振り返る女子高生
    ・「おれ不審者みたいになってるな、さっさと追い越した方が良いかな」って思って、
    何となく早足になるけど、女子高生はそれに感づいて警戒して速度を早めたり遅めたり混乱の模様
    ・「いやいや、おれが痴/漢だとしても真っ昼間に車が走ってる歩道で襲われることは無いでしょ」と思いつつも、
    微妙に追い越せないし、なんか互いに意識していることを、互いに知っているような感じになる
    ・一瞬、自分自身が「これって変質者なのかな」とか思ってしまうが、
    「いやいや、おまえが家から出てくる前からおれは普通に歩いてたんだが」とも思う
    ・「歩いただけ」って言っても、アホ警官が出てきて妄想全開で「ハイハイ、詳しくは署でゆっくりと聞きますから」
    とか何とか言って、迷惑防止条例違反とかになるのかなとかって思う
    ・とりあえず、不安でいっぱいの女子高生は信号で急に止まって、信号待ちになって追い越せたけど
    ・おれって何なの、おれの傷ついた心(ハートブレイク)はどうしてくれるの

    116 :名無しさん@おーぷん 2015/08/25(火) 14:40:47 ID:RZz
    誘拐されかけた事。

    私は当時中学生で、土曜日午前の部活からの帰り道。
    普通の住宅街で寂れた場所でも無かったが、お昼時ど真ん中で逆に人通りは少なかった。
    前から来た白い車がスッと自分の隣で止まり、助手席の窓が開いて運転していた若い男に道を教えて下さいと言われた。
    アホな事に、人の役に立てる!と張り切って道順を説明していると、その顔色の悪い男は「よく分からない、一緒に車に乗って案内して欲しい」と言い出し、助手席のドアを開けた。
    窓越しで顔しか見ずに喋ってて、ドアが開いて初めて気付いたけど、男は下半身ネ果だった…膝の上くらいで白いブリーフが丸まってたのが目に焼き付いてる。
    そこまで来てようやくアホな私も「ヒィャァアァア!」となり、「無理ですごめんなさい!!」と言ったら男は身を乗り出して私の腕を掴み、助手席に引っ張り込もうとした。
    もう私はタヒに物狂いで暴れて部活の道具が入ったクソ重い鞄を振り回し、しがみ付く男の腕ごと車のドアを閉め(鈍い音がした)、車の進行方向と逆方向に一目散に逃げた。
    車は追い掛けてはこなかった。

    507 :名無しさん@おーぷん 2014/07/02(水) 14:30:48 ID:ud7I1hroa
    流れを読まずに豚切り
    男にとっては玉ヒュンな修羅場

    姉が姉友を襲っていた変質者を撃退した時の事は今になっても鮮明に覚えてる。

    二人で暗い夜道を歩いていたら、下半身ネ果の変質者に遭遇。
    姉の友達が襲われていた真っ最中だったようで彼女は泣いていた。

    俺がどうしようかとオロオロしてたら姉が変質者の方に近づいた。
    姉は年齢の割りに何処か幼さが残った感じの女なので、下手に近づいて舐められて危害加えられたりしたらどーすんだ…と思っていたら、姉変質者の背後にしゃがみ込んでむき出しだった男の部分を思いっきり鷲掴み…。

    しかもずっと笑顔で握り続けてたとか。変質者は顔を強張らせ、よくわからない言語を発してた。
    そのうちに友達を逃がして、股間から手を離したかと思うと、とどめに一発股間にグーパン入れて俺を連れてダッシュで逃亡。
    「グガア」と叫んだかと思うと呻きながら小さく「花パン女め…」と呟いて疼くまってた。

    友達は終始助けてくれた姉にお礼を言っていたが、姉は友達にも俺にも「なんか嫌なとこ見せちゃったね。ごめんなさい。」と謝っていた。

    あの時は本当に玉がヒュンヒュンしたが、姉の強さを改めて実感した瞬間だった。

    853 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/03(月) 05:27:32.27 ID:saQkjYau.net
    高校生の時、通学で乗ってた高崎線が4人座れるボックス席だった。
    下り方面に通学していたので、電車はいつもガラ空き。

    ある日単語帳を見ている私の向かいに、変なおっさんが座ってきた。

    車内ガラ空きなのに、なんでわざわざここに来るの?
    と疑問には思ったが、テスト前なので再び英単語に集中。
    ところがおっさんがなぜか自分の足で私の足をチョイチョイと突いてくる。

    「何?」と思ってみると、おっさんはチンコを出している。
    見て欲しいらしい。うざっ!!と思ったので、知らん顔で英単語に没頭。
    おっさんはまた、足で私の足をチョイチョイつつく。

    このページのトップヘ