538 :名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木) 11:35:29 ID:lY3
    母が来春退職するので退職祝いに両親、兄夫婦、甥、姉、私で食事会をした。
    わきあいあいとホテルのコースを食べ、デザートをいただいていると
    母が「そういえば退職金でお墓買うから、あんたらには何もしてやれんわ」と言う。
    いや別に何もしてもらわんでいいのだが、お墓?と聞くと
    「お母さんが一人で入る墓よ」と母談。

    298 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 23:28:05 ID:TqkGDgpH0.net
    会社の先輩に聞いた話 彼女との一夜

    彼女と酒飲んで終電逃した夜だったよ。
    時間つぶしに長々散歩して、通りすがりのバーによって
    また散歩して、歩き疲れた頃にホテルに入った。
    全然知らない街まで来てた。バーは感じ良かったし
    ホテルもキレイだった。こんなの久しぶりだねって
    彼女も本当に楽しそうだった。

    一緒に仲良くシャワー浴びて、ベッドに入ってから
    名状しがたい違和感に気付いた。
    彼女とは体の相性も良いし、とにかく好きなんだよ。
    でもその時は、そういうのとは別に怖ろしいほど興奮した。
    彼女も俺にしがみついて凄い声出してるし。
    異様な違和感に追われて、追い詰められてるみたいだった。

    目が覚めた時は、窓からしらしら明けの光が差してて
    彼女はもう起きててぼんやりスマホいじってた。
    抱き寄せても、キスしても何だかぼうっとしてるんだ。
    寝起きで機嫌悪いのかな、こいつにしちゃ珍しいなと
    思って放っといたら、そのうちこっちに乗り出して
    夕べ変なことがあったって真剣な顔して話し出したんだ。

    「夕べは途中から変なことに気が付いたの。
    お願いだから頭おかしいって言わないで。
    ちゃんと聞いて、すごく怖かったんだから。
    でも言いたくても言えなかった。声も出ないし。
    とにかく変なことばっかりだったよ。○○君だって
    変だったよ。ホントはわかってたんでしょ」

    このページのトップヘ