堕胎

    857 :1/3 2011/07/23(土) 09:59:54 0
    隠し事…で思い出した、個人的には修羅場だったこと。

    金銭問題と旦那の性格(DVもないし、悪人ではないが家庭向きではない)が
    原因で、特にもめることなくお互いの話し合いで離婚した。
    金銭がらみで、恥ずかしながら離婚の少し前に自己破産もした。
    子供が一人いたが、私のほうが育てる能力があったし(仕事の収入が良かった)
    もちろん手放す気はさらさらなかったので母子家庭になった。

    その後、彼と知り合い付き合いを深めていった。
    はなから「子供がいる、×1」ということを隠さなかったし
    真剣に付き合ってくれてるのがわかった時点で自己破産のことも話した。
    それでも態度が変わらず、子も可愛がってくれていたし
    「結婚したい」とも言われたので、彼の実家に顔見せ、というか
    挨拶がてら、子を連れていったりもした。

    結婚したらどこで生活しようか(彼の職場が私の現住所と離れていたため)
    なんて話が持ち上がり始めた頃、私が妊娠してしまった。
    彼は妊娠を喜んでくれたのだが、どこかしら態度がおかしいような気がした。
    しかし話は進み、彼と結婚するには私が彼のほうに引っ越すのが妥当だろうと
    勤めていた会社も退職し、後は引越し等の手続きをするまでになった時
    「ちょっと話がある。親も一緒に行く」と彼から連絡があった。

    急な連絡だったため「親も来るならもっと早く連絡してよ!」と
    あわてて部屋を片付けたりして出迎えると、彼も両親も暗い顔をしていた。
    何故そんな顔をしているのかまったく心当たりがなく不思議に思っていた。
    「実は…」と彼が話し始めたのは、借金問題だった。

    現時点で約300万の借金がある。理由は飲み屋がらみ。
    (クラブのお姉ちゃんにプレゼントしたりだったそう)
    枕営業でだまされたとか男女の仲狙いではなくて
    単にプレゼントをあげる→ちやほやされるってのが嬉しかったらしい。

    682 :名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/18(火) 14:28:29
    昨日、嫁に突然の「もう無理」宣告をされて何を言っても聞いてくれず、しかたなく嫁&子を置いて家を出た(実家退避中)。
    原因は色々ある
    ・浮気疑われ事件→ホントにやってない
    ・ギャンブル癖→小遣いの範囲で(もちろん借金など無し)
    前日に第二子が発覚。あなたの子供なんていらない降ろすって言われている。
    上記の原因は誓約書を書いてでも改善をはかったけど聞く耳を持ってくれない。
    どうしたら仲直り出来るでしょうか…?
    今夜、玄関前で籠城しようと思っているけど、逆効果でしょうか?

    962 :名無しさん@HOME 2011/01/30(日) 06:01:58 0
    書き逃げしてく

    絶縁状態の姑から実家に手紙が来てて、転送されてきてたのに今気づいた

    姑と絶縁状態だったのは、妊娠して性別が女って分かったときに
    「女なんて金がかかって邪魔、産む価値ないんだから下ろして早く男産め」って言われたから
    私が怒るより先に旦那が姑を殴った後に襟首掴んで
    「女に価値がないんならお前(旦那は初めて母親のことをこう呼んだらしい)生きててもしょうがないよな、お前タヒねば保険入るしタヒんでくれよ」
    って言って放り捨ててから、私の手を引いて絶縁宣言してから出てきた

    (旦那の名前)と(私の名前)へ

     あの時はひどいことをしたと思っています
     あなたたちの消えた家からは明りが消えてしまったような空気が漂っています
     もう、子どもがどうこうは言いません
     せめて、もどってきてくれませんか
     今なら、(旦那)の力強さも、(私)の料理のおいしさ、優しさ、気遣いも全て理解できます
     私はあなたたちが出ていってしまったせいで(以下不幸自慢なため省略)

     住所が変わりました
     今は(住所)に住んでいます
    (嫁)は(旦那)家の嫁として必ず来るように
     謝り、これから誠心誠意尽くすのなら入れてあげます

    不幸自慢の間にメッキが剥がれたらしく、最後は思いっきり上から目線になってる
    まぁ、大変だろうね。ブランド品やら旅行やらのために借金したてるらしいし
    家政婦兼サンドバック兼財布が欲しいんじゃないかなー、と思う
    土下座されても戻らないし、遺産だって要らん、この手紙は燃やしてやる、って旦那が意気込んでた

    読みにくかったら失礼

    このページのトップヘ