団地

    254 :名無しさん@そうだドライブへ行こう 2006/11/07(火) 08:47:58 ID:hZBjdtPOO
    昨夜、団地の駐車場でのこと

    俺が住んでる団地は駐車場が一応あるんだけどスペースが狭い
    だから路駐とかされると自分のスペースに駐車するのがとても困難になる
    そこに一月前からほぼ毎夜路駐するバカかいて、始めはカラーコーンを置いて路駐させないようにしてたが、ご丁寧にもそれをどかして路駐している。
    さすがに頭にきたので黒のスプレー(車の色はパールホワイト)で、ボンネットにはプーさんとピーポ君の顔を
    両サイドにはでっかく【違法駐車でサーセンwww】
    トランクには日照日の丸(赤を使用w)と【唯我独尊】
    リアバンパーには【ぶっちぎり】
    天井には【NEET】
    と、おしゃれな自家塗装をしてあげました。

    つづく

    282 :名無しの心子知らず 2018/07/05(木) 23:44:46 ID:g9awr4g5.net
    今日は警報で幼稚園、小学校共にお休み。3歳児と小2は休みに喜んで「学校休みだからどっか連れてって」と言われて「今日は何の為に休みやと思ってるの!遊びに行くための休みじゃないよ!」と怒った数分後にチャイムが。
    玄関を開けると小2息子の友達で「どうしたの?」と聞くと遊びに来たと。息子は嬉しそうに遊んでいいかと聞いてきたけど「ダメ。今日は大雨で危ないから学校がお休みなったの。遊びに出かけない方がいいからお家に帰りなさい」と言ったら
    「お母さんが今日は雨降って危ないから、誰かの家なら遊びに行ってもいいって言ってた」と。
    「お母さんは家にいるの?」と聞くと「いるよ」と。
    そこからは息子と息子友人が遊びたいーとグダグダ言ったけど「ダメって言ってるでしょ!2人共、今日は大雨で危ないってわかってるでしょ!」と怒ってやっと2人共諦めて息子友人は帰った。
    今日は学校休みでテンション上がる気持ちはわかるけど何回も説明してるのに理解しない息子にもムカついたし、今日は危ないとわかってるのに友達の家なら遊びに行ってもいいという息子友人母にもムカついてしまった。

    122 :1/2 2017/11/03(金) 13:21:23 ID:hit
    つい2日前に起こった事。
    ある日の夕方、ガチャガチャと玄関のドアを開けるような音がした。
    「母さん? でも、母さん鍵持って行ってるはずだからこういう事はしないはず?」とドアスコープを覗くと見知らぬおばさんが
    「どちらさん?」とドア越しに声をかけると、何かに怯えるように逃げていった。

    前提として、俺の家族は3つある団地の棟のうちの5階建ての棟の3階団地に住んでいる。

    その後、20分後にそのおばさん再び来襲。
    やたらと開けようとするので、イラっとしながらも放置していたら隣に住む婦人がその方を宥めてくれて俺の家族の住む3階のフロアから1階の玄関まで連れてってくれた
    と思ったら、母が帰宅した夕方になって再び来襲。
    応対した母が色々話を聞くと「○○さんところやろ?」と言い出し「ここは○○さんの家じゃないです」と言いながら再び1階玄関に。

    その後、なにやらゴソゴソとしていたのでおばさんが去っていた後に外を見たら
    団地の自治会の集金の台帳が置かれていたのでビックリ!!

    というのも、その台帳は本来集金担当の人が持ってるもので
    しかも今月(10月)は下の階に住むAさんの担当。

    そのAさんが持ってるはずの台帳を何故?と思い盗まれたらまずいととりあえず台帳は回収。
    そしてその謎は、数時間後に解けた。

    813 :名無しさん@おーぷん 2017/12/29(金) 10:15:25 ID:abo
    家の後ろに団地があって、今日も朝から子供達の楽しそうな声が聞こえるんだけど
    最初は「あ~る~ぷ~すーいちまんじゃーくー…」と歌っていたので
    今どきの子も手遊びするんだなあ思っていた
    「アルペン踊りをさあ踊りましょうっらーらんらんらんらんらー…」から段々早くなっていって
    最後まで歌いきると思いきや、何故か「らんらんらんらんらんっ~今夜だけでもーシンデーレボーイ」と
    ダンシグ・ヒーローになった所で吹いた
    それから「ロマンチークをわーらあってー、ドゥユォナホーミタアアイ」からの
    「素晴らしいっ!ワーイエムシーエッワーイエムシエッ!吹き飛ばしてー元気出せよー!」
    「○○(女の子の名前)は元気でーす!」「△△(別の女の子の名前)も元気でーす!」で終わった
    歌詞を間違えてたり飛んでたりオリジナル付け加えてたりはしたものの、キャッキャと楽しそうで朝からほっこりした

    このページのトップヘ