124 :名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日) 16:56:56 ID:NVi
    昔、某雑誌に勤務先が取材されたことがあって、広報担当だった私の写真や名前が載ったということがあった。
    その雑誌が出回った一か月後、会社に「○○(私)さんが自分の昔の知人ではないかと思う。覚えがあったら連絡欲しい」
    みたいな電話が来たらしい。
    名前を見せられて思い出し、連絡を取った。
    6歳の時遠方に引っ越して行った近所の男の子だった。

    休日に会う約束をし、再会して顔を見た時はあんまりの懐かしさに涙が出た。
    ハンサムな大人にはなってたけど、当時の面影は十分にあったし、自分が思ってた以上に感極まってしまって、
    「会えて嬉しいよ」と泣いてしまった。それぐらい当時は仲良かった。

    お互いの近況を話し、私が30歳を前に未だに独り身だというと彼は嬉しそうに笑って「自分も」と言った。
    彼の方は期間限定の出向で、数か月前からこちらの方に来ているという話だった。
    彼に見つめられながら「雑誌を見て嬉しくて連絡した。人生今まで色々あったけど、
    君の家に引っ越しのお別れを言いに行った夜より悲しかったことはないよ」と言われ、ポーッとなった。

    間もなく付き合い、お互いの家を行き来するようになった頃、私の携帯電話に無言電話があった。
    向こうは一言も発しなかったけど、細くため息のような音が聞こえ、それは女性.のような気がした。
    会社でその話をすると、ちゃらいモテ男系の後輩男子に「それは先輩の彼氏の女ですw絶対そうw」と言われた。

    彼にその電話のあった番号を見せ「変な電話があった、折り返してみようか迷ってる、あなたは何だと思う?」と試しに訊いてみると、
    白状されたwww
    既婚だったwwww地元に残して独り出向中だってwww子供1歳だってwwwだははははwwww

    泣いて謝り倒されたり、延々とストーキングされたり色々大変だったけど、結局逃げ切って別れた。
    正直未練もあったが、「君が嫌なら別れるから」の彼のセリフで、
    「嫌に決まってるだろうがあああああ、何でお前のお二号に成り下がって甘んじるんじゃああああ馬鹿があ」と彼の前でキレ、
    その怒りをバネに逃げ切った。

    730 :恋人は名無しさん 2014/10/23(木) 23:41:58 ID:fThhE4d60.net
    彼女の実際とSNSでのキャラが違いすぎて引いた話

    自称喪だと言う一回り下の彼女。確かにあまり見た目は可愛くはないが一回り下の女性.だから愛らしくは見える
    俺はバツイチで元嫁と色々あってもう恋愛とか結婚はうんざりだとおもってたが
    飲み会で隣の席に座った彼女と意気投合して猛アタックされて付き合うことになった
    猛アタックと言えば聞こえが良いが、自宅まで押しかけてきて「付き合って欲しい」と告白し、渋る俺に土下座、OKするまで帰らないと大騒ぎ
    じゃあとりあえず1ヶ月だけ・・・というのが交際のなりゆきだった

    しかし、SNSでは俺から告白したことになっていて、自分がいかに愛されてるか、彼が私を好きすぎるみたいに書いていた
    喪のくせに他人の恋愛のアドバイスにも偉そうに口を挟んでいた
    他にも色んな男に愛されたいだの、やたら他の男に興味あるようなことも書き殴っていた

    一番引いたのが、彼女の前彼は50代だったらしく、付き合って直ぐ同棲だ結婚だと言って勝手に実家に挨拶に押しかけたりしたのが
    気持ち悪くて次第に距離を取って別れたと言っていたのに、この前の3連休に勝手にうちの親に挨拶に行っていた
    そのことをSNSに「彼の実家に挨拶!ドキドキする!粗相の無いようにしなきゃ!」と、彼氏(俺)同伴で紹介されるようなニュアンスで書いていた
    何がしたいんだこいつは・・・

    実はお互いSNSをやってることは知らないことになってるが、ちょっと調べればわかることだし多分見てるかもな?くらいの感じではある
    俺はめったにSNSを更新しないし、離婚してから彼女が出来たこととかも特に書いていなかったが
    あの女の行動があまりにも目に余ったので今仕事でパートナーになってる女の子とディナーに行ったときに写真付きで「彼女と楽しい夜!」とだけ更新したら
    あの女の更新がぴたっと止まったので少しスッとした。あの女、こんなおっさんは私に縋るしかないんだと思ってなめてやがったんだなw
    でももう乗り換えようかなと思ってる

    627 :名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 13:30:07 ID:wktYXrXT.net
    元ママ友の愚痴いいですか?長~いです。

    他のママ友と「お昼ご飯はツナ缶にマヨネーズかけて熱々のご飯にON!だけで満足だ」「うちはパン派!パンにインスタントスープだけだなー」なんて盛り上がってたんですが、
    ある元ママ友はランチに週に二、三回くらい行きたいと言ってしつこく誘われまくった。近所で「高いが、美味いランチがある」と有名な料亭を指定で。
    「私はちょっと無理だなぁー月イチくらいで満足だよ~しかもそこは高いでしょ。月イチでも行かないよ」と言ったら
    「私さんちの旦那さん稼いでるじゃん!お金あるんでしょ!いいじゃん行こうよ」と毎日のように誘われてしまい、
    「無理無理、お金無いよ!旦那の稼ぎは関係ないよ!」と断っても
    「旦那さんとこ従業員もいるし(自営業)それだけ余裕あるんだからお金無いはずがない!ランチくらい余裕でしょ」
    と食い下がられた。
    「会社の稼ぎと家計は違うよ。うち食費は子供のと合わせて月5万もいかないから、余裕はないよ。とにかく無理だよごめんね」と言った以降、ランチと言われたら無理!とバッサリしていた。

    そんな元ママ友は別のセレブママ友と望み通りに高級ランチを楽しんでいたそう。

    そしたら、その元ママ友旦那にばったり会った時「うちの嫁をばか高いランチに誘いまくってるのあなたですか?」と言われた。

    ママ友との付き合いはイジメが怖くて断れなくて、仕方なく高いランチに行ってると嫁が言ってて。迷惑なんですよね。って。

    その言い草に腹立って、元ママ友とのLINEのやりとりを見せた。ママ友旦那、あいつ嘘つきか!とご立腹。が、私に一言もなく立ち去っていった。

    それ以降接触は何もないのだけど、別の人経由で散財が原因で離婚したと聞いた。
    何が嫌って、その騒動に便乗して他のママ友らがそれぞれの悪口と噂の嵐になったこと。嫌気がさして私は選択ボッチになった。

    私は味のりと熱々の白米があればいいのだ。あと山形のだし。もしくはべったら漬け。これが最高のランチだと私は思う

    866 :名無しさん@おーぷん 2017/01/12(木) 20:53:15 ID:BdB
    今現在の修羅場。長くてすみません。

    一昨年のお正月、それまでイラスト付き年賀状だったA子から赤ちゃんの写真入り年賀状が届いた。
    「子供、孫、自分の血を継いでいく者がいると言うのは幸せなことです」
    と書かれた手書きの文字を見て悲しい気持ちになった。
    そういえば昔、A子からの子供の写真付き年賀状に添えられた「やっと女として認められた気持ちです」
    と言うコメントにショックを受けたんだった。
    実は私、結婚目前で体調を壊しその検査で難病が発覚したことが原因で破談になった経験がある。
    彼は気にしないと言ってくれたけど、やはり先方のご両親が難色を示した。
    日常生活は普通におくれるものの、食生活の制限が厳しいので
    彼のサポートどころか自分のことで精一杯なこともあり、身を引かざるをえなかった。
    田舎なので色々勝手に噂されるのが嫌で叔母を頼って上京し
    結婚は諦めて一人で生きる決心をしたところだった。
    だからその年賀状はショックだったけど、自分が結婚も望めない悩みや卑屈さからくる感情であって
    まだまだ自分が未熟なだけだと思っていた。
    今思えばちょっと無神経なコメントだよなぁと思うけど、その時はそう思ってた。
    数年子供の写真付き年賀状が届いたが、いつの頃からか昔と同じイラスト年賀状に戻りお互い40代も後半。

    143 :おさかなくわえた名無しさん 2014/02/05(水) 23:46:35 ID:Ml57ZnO7
    ごめん。
    推敲してないけど投下。

    俺が高校の頃に「姉ちゃんが家出した」と両親から聞かされた。

    両親の話によると、警察にも届けを出してちゃんと探したけど見つからない。
    ただ拉致やら誘拐やらじゃなく、姉ちゃんの部屋に家出の手紙がちゃんとあったそうだ。
    姉ちゃんは大学卒業と同時に俺ら家族の前から姿を消した。
    喧嘩もよくしたけど姉ちゃんは姉ちゃんだし、俺はすげー悲しかった。

    それから年は流れ、俺も社会人になり結婚もした。
    大学は実家から遠い大学だったし、そこで就職も決め、就職先で出会った彼女と結婚したこともあり、盆と正月くらいしか実家には帰らなかった。

    それがこの前たまたま出張で実家の近くに行くことになり、ついでに連絡なしで実家に寄った。

    そしたら、姉ちゃんが兄ちゃんになって実家にいた…。

    このページのトップヘ