喫茶店

    146 :名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木) 15:31:25 ID:Nfd
    話切ってしまって大丈夫かな?
    敬老の日にちょっとしんみりしたこと。

    大正生まれの祖母は、昔気質の祖父と二人で働き詰めの人生で
    出かけたり遊んだりということがほとんどなかったんだけど、
    祖父が亡くなったあと、地元のお寺がお年寄りを集めて
    御詠歌歌ったり食事したり体操したりという、デイサービスのはしりの
    ような事業を始め、そこに通うようになって、友達も増え、
    日曜とかにもおばあさんたちで出かけたりするようになった。

    午前中にミニハイキングやお寺の奉仕活動で体を動かし、
    昼食をとりお茶飲んで駄弁って帰るということが多く、
    祖母はそれまでほとんど経験のなかったランチや喫茶店に
    すっかりはまってしまった。

    でも、ひとりで行くのは気恥しかったのか、よく私が誘われて
    一緒に行った。たぶん「孫にせがまれて来ている」風にしたかったんだろう。

    ちょうどその時期に私の地元も開発が進み、チェーン店のお店が
    進出してき初めた時期だった。目新しい店ができると、おばあさんたちで
    行ってみたりしたらしい。
    でも、横文字が苦手な祖母は、新しいお店の名前を覚えられず、独自解釈していた。

    735 :名無しさん@おーぷん 2018/03/26(月) 23:21:34 ID:btF
    何年か前の話。
    ちょうど今頃の時期に、当時付き合ってた彼女とドライブで旅行に出かけた。
    その時に通りがかった田舎町で、喫茶店に立ち寄った。
    家族で営んでいる感じの、こじんまりとした店だった。
    そこで休憩してから、彼女の機嫌がものすごく悪くなった。
    どうしたのかと聞くと、さっき何も思わなかったのかと。
    家族でやってるみたいで、温かい雰囲気だったねと答えると、そうじゃないと怒り出した。
    彼女曰く、明らかに妊婦と分かる女性(恐らくお嫁さん)を働かせているなんてありえない。
    きっと嫁いびりをされているに違いない。
    そんな事にも気が付かないなんて、鈍感、観察力が足りない、最低と散々な言われよう。
    顔色悪い妊婦さんをこき使ってるとかならわかるけど、そうじゃなかったのに何言いがかりつけてるんだこいつとしか思えなかった。
    慣れない道を走っているのもあって、余計イライラして車内の雰囲気は最悪。
    旅行に行くぐらいだから結婚も考えていたんだけど、驚くぐらいにその気持ちが冷めた。
    結局、旅行後に別れた。
    先日、ドライブでその店にまた立ち寄ったら、相変わらず温かい雰囲気で皆ニコニコしていた。
    元彼女が声高に嫁いびりの被害者だと言っていたお嫁さんももちろん働いていた。
    そして、店の奥から時々小さな子が顔を覗かせて、こっちに手を振ってきて可愛かった。

    787 :おさかなくわえた名無しさん 2007/12/03(月) 20:48:31 ID:ceDWs5w6
    809 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。 投稿日:2006/05/19(金) 21:10:32 ID:F/qpol/p
    今日入った喫茶店の隣の席に座った女の子達
    ブサコニーが普通の子に萌え話を語って聞かせていた。
    双方とも同人者らしいが、フツーの子の方が一生懸命
    「後で聞くからここではその話よそうよ」
    「他のお客さんが居るから、○ちゃん声を落として」
    と言ってもコニーは聞かず、いいじゃんいいじゃんと更に声をデカくする。
    後から入った私の注文が来た頃、ふたりの共通の知人らしい子が
    「あれー偶然~」とテーブルにやって来た。これがまたえっらい可愛い。
    連れを別の席に待たせ、ネイルケアクーポン貰ったからあげると鞄を開ける可愛い子。
    ブサコニーが言った。
    「いいよねー**ちゃんは可愛いし何やっても似合うから」
    困った顔をする、クーポンを受け取ろうとした普通の子。
    私はどれだけ頑張ってもブスだしデブだから可愛い服も着れないし
    ネイルケアとか似合わないししたら笑われるだけだしと不貞腐れるデブス。
    可愛い子は鞄からクーポンを出して普通の子に渡すと言った。
    「違うよ~あんたは性格がブスだから顔もブスでデブになったんだよ」
    じゃあねーと可愛い子はにこにこしながら待たせていた連れの所へ行き、
    きゃあきゃあ笑いながらカフ工ラテとシフォンケーキを食べていた。
    可愛い子GJと思った。

    このページのトップヘ