喫煙者

    707 :名無しさん@おーぷん 2017/08/22(火) 09:58:54 ID:4ma
    私はタバコで体調不良を起こす
    喘息があるからタバコの臭いにどうしても敏感になる
    そんな私にやけに臭い喫煙者の女がとある相談をしてきた

    大好きな彼氏が非喫煙者でタバコの臭いが気になるという
    自分のタバコ臭が全くわからなくて、臭いに敏感なあなたに消臭対策でどれくらい臭いが消えてるか教えて欲しい
    彼氏が私の家に来ると体調悪くなるって全然来てくれないし、私がタバコ臭いからって家にも入れてくれない
    セックルしたいのにホテルでしかできない

    正直バカバカしい禁煙しろよと思ったけど、私も女の臭さに嫌気がさしてたから、臭いが改善するなら…と協力

    はっきり言って無駄だった
    まず女は自分にファブリーズを振りまいてた
    その上で香水振りまいてた「どう!?」って
    ファブリーズでタバコの臭い消しきれるわけないし、そこに香水混じって吐くかと思った
    部屋もひどかった
    トロピカルフルーツみたいな甘ったるいフルーツ臭の消臭剤を玄関やトイレやキッチンに置いてあって
    部屋には甘ったるいピーチのような臭いのアロマ?液体に棒を立てるやつ
    更にその上からなんの匂いか知らないが、フルーツ系のお香を炊いてるという
    なんつーか、よくこんな空間で生活できるなって状態
    空気にここまで重さを感じたのは初めてだった
    甘ったるい空気が体にまとわりついて、空気がドロドロしてるように感じた
    そしてここまでやっても家具に近づくと強烈なタバコの臭い
    部屋に漂う甘ったるい臭いが汚水だとしたら、タバコ臭は汚油
    臭いの種類が違いすぎて、混じり合うわけでもなく、打ち消し合うわけでもなく、それぞれが臭い臭いを自己主張して喧嘩してる感じ
    10分耐えただけでも自分を褒めたい
    マスクしてたのに咳が止まらなくなった
    この女は自信満々にどう?臭い消えてるでしょ?と言ってきた
    消えるかボケ!
    匂いが逃げて勿体無いという女の反論を無視して部屋中の窓を開けて玄関もあけて外に避難したが
    30分過ぎたあたりで大家さんが飛んできて何この匂い!と怒ってた
    私は大家さんに怒られてる女を尻目に帰ってきた
    あれは無理だ
    前から臭い人だとは思ってたけど、部屋があんななら納得
    あんな空間で過ごしてるのに体調がいいという女が不思議で仕方ない
    人間命に関わる臭いは嗅覚が感じなくなるというけどそれ?
    カメムシでさえ密閉された空間で自分の臭い充満させたらタヒぬのに、この人はなんでタヒなないのか不思議だわ

    290 :名無しさん@おーぷん 2017/07/25(火) 08:47:47 ID:A86
    休憩時間が10分と決まってるのに「タバコ吸ってるし~」と15分ぐらい休憩をとる同僚
    私ともう一人は非喫煙者なんだけど、それ以外の数名は喫煙者
    交代で休憩取ってるのだが、この喫煙者達がほぼ10分オーバーの休憩をとる
    ムカついたので一度私も同じように15分程休憩をとったら、喫煙者の一人から「ちょっとー!休憩長いんじゃない?」と注意された
    「は?そっちだって毎度休憩長いでしょ」と返したら「なにそれ?私が長いからってそっちまで長くとる訳!?」と逆ギレにスレタイ
    私ともう一人はお前らが無駄に長い休憩取ってる間は現場から動けないし、いつ戻ってくるのか待ってるんだよ
    て言うかなんで休憩時間守らないんだ
    タバコ吸ってるとか知らねーよ
    じゃあタバコ吸うなよ
    これだから喫煙者嫌いなんだよ
    クーラーきかないからって喫煙所のドア開けっぱなしにすんなよ
    ヤニ臭いわ

    130 :名無しの心子知らず 2013/10/12(土) 19:20:09.92 ID:PE6zqQYy.net
    コトメ夫婦に子供ができたらしいんだけど
    トメから、「ベビーベッドと布団とベビーバスかしてね。ベビーカーもいいのあったわよね?」とメールが来た。
    ベッドと布団は私の姉夫婦が祝いに買ってくれたものだし、ベビーカーは使ってりゃ劣化するから、B型に買い替えたどどれも二人目考えてるから大事にとってあるってやんわり伝えたけど、
    そういうこっちの意思関係なく、「あの子たち稼ぎ少ないから貸してやってとうぜん」みたいな口ぶり。
    コトメ夫婦はどっちも喫煙者だから(妊娠してるけどどっちもタバコやめてない)、ベビーバスはともかく、布団は絶対貸したくないーっていうのはケチすぎるのかな…

    このページのトップヘ