反対

    549 :可愛い奥様 2017/10/06(金) 02:52:47 ID:sBdxkxmQO.net
    家柄が釣り合わないという理由で元彼母に反対されて別れたことがある
    10年後、元彼妹が先方の親から家柄が釣り合わないお嬢さんはお断りと反対されて振られた
    元彼母から謝られて復縁してほしいと頭下げられたけど断った
    旦那と結婚して4歳の息子がいるから無理ですと言ったら泣かれたよ

    671 :名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 11:37:41 0

    二十歳で結婚した元夫が今思えばエネミーだった。
    交際当時はまだ学生で親に結婚を反対されてた。
    バカだったので反対されれば反対されるほど、早く自立して自由に生きたいと思うようになった、本当にバカ。
    当時元夫は30代。
    年齢だけで反対されてると思い込んでたけど、親は正しかった。
    学生で脛かじりだから親に半人前と思われてるんだよ、二十歳になったら大学やめて結婚すれば自由になれるよと元夫に言われその通りにしてしまった。
    その時は私の自立を促してくれる大人に思えたけど、一回りも年下に中退を迫るなんて単なる最低男だと今は思える。
    住むところが無いだろうから僕の実家に置いてあげると言われて、行くところのない私を受け入れてくれるなんていい姑だと思い込んでた。
    現実は汚家の家事に姑の嫌味、何もしない舅の暴言と働かない年上義弟のセクハラだらけ。
    しかもエネミー夫は生活費を渡してくれない。
    当時の私には亡くなった伯父のおかげで不労所得があったのでそれでなんとかしのいでた。
    それでしのいでたのも元夫が「君がちゃんとお金を出して一人前のところを見せれば僕の家族も認めてくれるよ」と言ったから。
    それをおかしいと思わず、いつも私のためにアドバイスをくれてると思い込んでた。
    実際、甘やかされて生きてきてたので、掃除洗濯料理を一切したことがなく、お風呂にお湯を張る前に洗わなくてはいけないことも栓しなければならないことも知らなかった。
    勝手に中退して結婚したのを心配した親がしょっちゅう会いに来たけど、それも親に反対される攻撃されてると思い込んでて、
    親を追い返してくれる元夫や義実家を味方と思い込んでた。
    「あいつら(私親)が君に何かしようとしてるけど、僕が守ってあげるからね」
    「うちの親はきついけどいざとなったら(君の親から)君を守ってくれてるだろう?」
    本当に信じてたバカ。

    922 :名無しさん@HOME 2010/11/24(水) 18:03:53 0
    姉の結婚が決まって、両家の家族の紹介を兼ねた食事会での出来事。
    参加者は姉・両親・私と姉の彼氏・彼氏母。
    彼氏父は既に他界されていて兄弟もなく、母一人子一人のご家庭だった。
    姉から常々「彼氏がマザコンぽい」という話は聞いていたけど、母子二人で
    暮らしてたんだからお互いが大事でも当たり前かな、と姉自身も私たちも思っていた。

    食事会が始まろうかという時。
    料亭の個室に全員が揃い、姉彼氏が最初のあいさつをしようと立ち上がった。
    すると、
    「あらやだまー君(姉彼氏)!シャツがはみ出てるじゃない!!」
    彼氏母の大声。どうやらワイシャツのすそがズボンから出ていたのを見つけたらしい。
    「え?うそ、恥ずかしいよママ直して」
    「仕方ないわね、まー君こっちいらっしゃい」
    まー君は畳に座っているママの前に仁王立ちした。
    するとママはまー君のベルトを外し、一気にズボンを引きおろした。
    そしてワイシャツのすそをピンピンと引っ張って伸ばし、きれいに整えて
    元通りズボンをはかせてベルトを締め、くるりと一周させて背中側も確認し
    おなかをポンポンと叩いて
    「はい、コレで大丈夫よ。もーちゃんと着ないとダメよ、恥ずかしいでしょ」
    幼稚園児の服を着替えさせるような彼氏母の行動と、それを当たり前と
    信じて疑わない様子のまー君。

    修羅場といえる派手な立ち回りや罵りあいは起こりませんでしたが、
    私の家族は終始無言で味のしない料理をどうにか片付け
    お通夜のような雰囲気でその日を終えました。
    あんなまずい食事は後にも先にもありません。

    ちなみに家に帰ってから両親も私も大反対しましたが姉は結婚。
    その後も数々の修羅場を経験し、今は実家に帰っています。
    「優しい人だと思ってた、親に反対されて余計燃え上がってしまった。
    親の言うことは聞くものだ」と言っています。

    このページのトップヘ