友達

    97 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/19(金) 20:09:22 ID:jgVk9sPD.net
    卒業後もたまに会って遊んでたA子B子をFO中
    約束の1/2はどちらかによるドタキャンによって無くなる。

    待ち合わせ場所に到着してるのにドタキャン連絡、理由もちょっと意味が分からないものだったり
    お店に予約キャンセルの電話を私がしなきゃいけない、後日埋め合わせ~って類は全くない。

    グループの中で自ら誘う人間は私だけだけど、暇な日教えてってLINEしたとき既読無視されて
    もうどうでもいいやって冷めた。既読無視自体は珍しくもないんだけど。
    嫌われてるのかとも思ったけど抜けたら抜けたで反応あって、なんだかなー

    416 :名無しさん@HOME 2009/08/15(土) 21:31:34 0
    うちの姑も糞でご近所に嫌われている。

    今日食事に行ったとき、姑と同じくらいの年代の人が、
    娘さんと食事してるのに出くわした。
    姑「娘がいるといいわねー。以心伝心って言うか、
    家の嫁はほんとに気が回らないから10回言っても1回くらいしか
    家に来ないのよー。(中略)もう~ランチにもいけないじゃない」
    近所の人「友達つくればいいんじゃない?」

    近所の人も酷な事言うなと思った。

    8 :おさかなくわえた名無しさん 2018/06/10(日) 14:51:59 ID:PT2S7nNN.net
    一緒に買い物している時、私が買おうとしている物を「やめなよ!こんなのすぐ飽きるから!」と必タヒに阻止しておいて
    後日その必タヒに阻止した物を買って良さを自慢してくる友達
    「それこの前私が買うのやめさせたよね?」と突っ込むと「いやあ…高かった…し…?…」と泳ぎ目でしどろもどろに言い訳
    先を越してやった!とマウント取りたいのか知らんが意味不明すぎる
    冗談で「マンション買おうかな」とでも言ったら「やめなよ!」の後に「マンション買ったよ!上層階の見晴らしが最高!」のコンボが本当にありそうなレベル


    そんな奴と一緒に行動するなよとか言われそうだけどそんな奴だとわかってて行動したのではなく付き合った結果判明しただけ

    925 :おさかなくわえた名無しさん 2019/01/15(火) 17:33:50 ID:lGVCYCSW.net
    小学校からの友人が神経わからん
    去年秋頃に小学校からの友人2人(AとB)と会った。
    当時私は臨月妊婦、Aは1歳子持ち、Bは妊娠4ヶ月で幼稚園児持ち
    フードコートで食事してたんだけど、Aが子供をテーブルに座らせる、床に落ちたおしゃぶりを拭きもせずまた吸わせる等々、この時点で正直うーん…という感じ。
    終いには抱っこ紐で子供抱いたまま喫煙所に行った。
    私もBも吸いに行くなら抱っこしとくから!って言ったんだけど、大丈夫大丈夫!車でも隣に乗せたまますってるから~とそのまま連れて行ってしまった。
    他人の子供だし無理に置いて行かせるわけにもいかず…
    Bとは、人目が気にならないのかな?とだけ言ったけど、正直私も多分Bもないわーと思った
    子供も妊婦もいるんだから会っている2時間や3時間ぐらい我慢できんのかと。目の前で吸わないだけマシかもしれないけれど。
    自分も妊娠、出産経験あるならどんな害があるかわかるだろうに、せめて子供置いていけば良かったのに
    床に落ちたおしゃぶりも私的には拭いてもちょっと嫌なんだけど(かなりの人が土足で歩いてる所だし)
    ちょっと頭のネジが緩いこだとは思ってたけどここまでとは思わなかった。
    この件でFOしようと決めたわ

    521 :おさかなくわえた名無しさん 2009/02/26(木) 21:39:09 ID:QHtqGBcW
    十代の頃の自分はものすごい勘違い女だった。
    それまでロクに容姿を誉められた事など無いのにアタシカワイイ☆と思い込んでいた。
    (でも内気で小心者なんで、私なんてどうせ…みたいなキャラ作ってたんだけど。)
    で、ある日友達と繁華街で買い物してる時にちょっと休憩して立ち話してた。
    その時目の前が鏡みたいなガラス張りの壁だったんだけど、
    友達のすぐ後ろに不細工で垢抜けない中途半端な人が映ってる。
    『ハア?なにこの不細工。何でじっとこっち見てんの?立ち位置近すぎだし!キモッ!』
    とか思った瞬間我に返って気付いた。
    その不細工は 自 分 自 身 で し た。
    なんかもう、まさに天地が引っくり返った程の衝撃。コペルニクス的展開。
    主観と客観のあまりの違いに、それまで信じ込んでいた世界がガラガラと崩れ落ちて行き、しばらく立ち直れなかった。

    このページのトップヘ