友人

    65 :名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土) 08:26:37 ID:107

    結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

    中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。
    メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
    両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。
    思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
    事故に遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

    ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
    この友人をYとする。
    私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
    でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、彼女はそんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので喜んで参列させてもらうことにした。
    まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

    途中までいいお式だった。
    元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。
    (もう入籍はしていたから旦那さん。)
    今思うと私って能天気なんだなぁって思う。私はひたすら感動していたんだけど、一緒に参列していた高校時代の友人たちは、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
    でも私は気付いていないし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないから黙っていたらYが自爆した。

    Yが私の顔の傷のことや高校進学が遅れたことを、大学時代の友人と論ってpgrしはじめた。
    小さい声で言っているのならそのグループ内の会話で済んだんだろうけど、Yは少し離れた席に座っている私に聞こえるように言ったものだから会場内に響き渡った。途中からシーン…って耳が痛くなるような空気になったから余計に声が響いた。

    「あんな傷があるのに、よく恥ずかしげもなく参列できたよねー」
    「あたしだったらあんな傷があったら恥ずかしくて外に出られないけど、あいつ図太いからwww」
    「あいつ、落ちこぼれなんだよ。高校に進学するの遅れてんのwww」
    「かわいそうだからお情けで呼んでやったのに、勘違いしちゃって馬鹿だよねwww」
    「あいつの旦那、よくあんなのと結婚したよねwww よっぽどもてない男なんだwww」
    「妥協、妥協www」

    とまあ、こんな会話を大声で。
    新郎が小声で止めようとしていたけど、そのせいかますますムキになってヒートアップしていくのが少し離れた場所にいた私からもわかった。
    新婦側だけでなく、新郎側の親戚まで大顰蹙を買っていることに花嫁とそこのグループだけが気づいていない状態。
    居たたまれなくなった私が、席を立つべきか聞こえないフリに徹していたほうがいいのか悩んでいたら、顔を真っ赤にしたY母が鬼の形相で娘に近づいて行ってビンタした。
    pgrされていた私が思わず飛び上がるくらい物凄い音だった。
    で、一喝。
    「あんたって子は!! 〇子さんに謝りなさい!!」
    お母さん、実名報道は勘弁してください…って思ってたら、Y父と旦那さんがつかつか私のほうに歩いてきて、その場で土下座した。
    土下座なんてテレビのなかでしか見たことがない私パニック。慌てて私も土下座した。
    お互い土下座したまま「とんだ恥をおかけして……」って感じでひたすら謝罪。
    その間もYとY母が口論していて、「花嫁の顔をぶつ!?」って感じでキレている娘と「あんたの態度は遠路わざわざ来てくれた人に、いい年をした大人がやることなの!?」って感じでキレていたそうだ。
    「その年までロクに仕事もしないでふらふら、それに引き換え〇子さんは学生の時から自分でバイトしてうんぬん……」
    私は高校生の時、Y母のパート先でアルバイトしたことがあって、その時のことまで掘り返してY母はYを怒鳴りつけていたみたい。
    (土下座中の私に聞き耳を立てる余裕はなく、周囲にいた友人たちに後から聞いた)

    904 :おさかなくわえた名無しさん 2012/03/04(日) 19:34:18 ID:kDhpv9hK
    大学時代、高校のときに仲が良かった女の子から手紙が来た。
    可愛らしいが、賢くて、なかなかいい奴だった。
    高校時代は仲良かったけど、当時は帰省したときに会ったり、たまに手紙や電話するくらい。

    で、その手紙があからさまに分厚い。開けてみたら、便箋と一緒に自己啓発セミナーのチラシ。
    手紙の内容はいつもの大学の話じゃなく、「セミナーを受けた」「すごく新しい発見が」とか。
    見た瞬間に「うわあああああああああ」ってなって、手紙を引き出しに放り込んだ。

    そしたらその晩電話が。
    「手紙、着いた?」「えええ、いや、特に」ついつい嘘をついた。
    内容は延々と「セミナーを受けた」「新しい発見が」とかそんな感じ。全部「お、おう・・・」みたいに聞いてたが、
    「今お金が足りないなら、私が貸してあげる」って言葉に愕然とした。お金関係は特にしっかりした子だったのに。

    翌日も宅電に電話が来たが、ついつい電話に出るのをためらってしまい、留守電に切り替わる。
    留守電メッセージが流れたとき、向こうの話し声が聞こえるのな。
    「もしもーし…」聴こえる彼女の声。すると、

    「チッ・・・いねーのかよ・・・つかえねえ」

    と、いつもの想像も付かない言葉に凍りついた。
    自己啓発セミナーってなんなんだろうなホント。

    48 :名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土) 16:27:19 ID:jfk
    ちょっとした愚痴。

    アボカドが安かったので多めに買って、醤油で食べたり漬物に挑戦して楽しんだ。
    という事を友人に話したら笑われた。
    「アボカドはサラダにする物でしょw馬鹿みたいw」
    醤油とワサビも美味しいよ、とか漬物レシピも良かったと説明しても鼻で笑われた。
    「ちょっと変わったレシピを試したってことでしょ?でも気を付けないとメシマズって言われるよww」
    …こんな全否定するような人じゃなかったのなぁ。
    アボカドとエビとブロッコリーのサラダも美味しかったと言うと「そうでしょう!」と満足気w
    なんか疲れたw

    30 :おさかなくわえた名無しさん 2011/01/21(金) 06:12:52 ID:txZRd0ci
    友人に「運転が下手だから…」と言って、車を出さないのがいた。
    本音はケチってるだけ。
    人に乗せてもらっても、諸経費を払ったことがない。

    他県で遊ぶことになった時(私は不参加)、皆やはり普段から引っ掛かっていて
    友人に車+運転を申し付けた。

    しかし、本人はどうしても許せなかったらしく
    (「私がアシだなんて!」=姫属性と言いたいらしいw 普段、諸経費を払わんのもそれが理由と後に判明)
    遊んだ後「体調が悪くなった。こんなんじゃ、他人様を乗せるの怖い」と
    一緒に乗せて行った子達を他県に置き去りにしようとした。
    私が他人のアシをやらされている、というのがどうしても耐えられんかった模様。

    皆、『これでCOだな…』と思い
    「じゃあ、これでお開きにしよっか~♪」と乗り込んで、意地でも各宅へ送らせたそうだw

    帰り道、姫は体調じゃなく機嫌が悪かったんだが、皆、知らん顔してたらしい。

    普段あれだけ誰かしらに無料送迎してもらっておいて、たった一回がそこまで屈辱なのか、と。
    理解できん。

    748 :名無しさん@おーぷん 2017/09/30(土) 17:41:02 ID:9Uw
    なんでも口出し管理してくる母親と合わなくて
    誰にも何も言わずに家を出た

    引っ越しや免許更新の度にケーサツのおっさん共の
    お母様がかわいそうだから連絡ぐらいしなさい
    という2時間のお説教を我慢した

    保証人がいないから
    就職も住む場所もまともなところには行けない

    それでも自分の力で
    5年生きてきた
    自分の時間を自分で生きてる感じがしてのびのび暮らせてる

    そしたら唯一全ての事情を知る友人に
    いつ家出ごっこ終わらせるの?って
    言われた

    家族と親戚はいなくなっても平気だった

    でも友人をなくすのは、本当につらい

    わたしの一生懸命が
    この人にとってはごっこ遊びにしか見えなかったんだなぁ

    このページのトップヘ