勝負

    274 :名無しさん@HOME 2011/03/16(水) 14:31:01 0
    たいしたことじゃないけど。

    ウトが、駒の動かし方もわかっていない息子(6歳)相手に
    将棋指して「じいちゃんは凄いだろ」と悦に入っていた。
    横から「弱いひとに勝っても凄くありませんよ」と口出したら
    ドヤ顔で「じゃあ嫁子さんがやってみるか?」と言うので、
    飛車角金2枚落としで完勝してやった。
    「母ちゃんすげー!」とはしゃぐ息子を
    「だから、弱いひとに勝っても凄くないの」とたしなめたら、
    ウト無言で部屋にひっこんだ。

    519 :長文、かたじけない。 2006/11/02(木) 04:15:38 ID:Z2VKGzAf
    友人の結婚式⇒二次会の時間が空いていたので、新郎友人と新婦友人で
    ボウリングで時間をつぶす事になった。盛り上げようと頑張る男性陣の中に
    一人だけ浮いてるっぽい男がいた。見た目はいいけど
    脚を組んで、二本指でほお杖つくようなポーズをし、(指はこめかみ)
    女性陣をチラチラ見てる。
    「俺、カッコイイから女達みんな見てんだろ?」みたいな目つきw 超~ナル入ってる。

    きんもー・・とか思って見てたら、気があると思われたらしく
    「ねぇ、僕と君で勝負しようか、んー、そうだな、女性だから君にはハンデ50あげるよ。
     ただし、負けた方がいう事を聞く。いい?」(時折、鼻でフッと笑う)

    なんかムカツイたし、腕力とボウリングには自信があったし
    ハンデもあるので勝負した。彼と同じ12ポンドの球で投げてやったw
    結果、私198-ヤツ142w ハンデ付けたら106ピン差 プゲラw

    かなりバツの悪そうな顔してたけど、
    「今日は調子悪かったな。お酒も入ってたし。で、僕に何して欲しい?
     お姫様。 今度おいしい食事でもしたい?」
    と言ってきたので、
    「ボウリング、上手くなりなよ」 って言ってやった。
    友人達が笑いをこらえてた。  彼は二次会にいなかった。

    このページのトップヘ