勘違い

    216 :名無しさん@おーぷん 2014/06/18(水) 15:32:22 ID:1GnZ3AjHj
    昨日一人でこじゃれたカフェに晩ご飯食べに行ったのよ。
    仕事上がりでクタクタでね。
    ホールは女の子一人で忙しそうで
    全然、ぜんっぜん注文を取りに来ない。
    手を挙げたり大きく声を上げたりしたけど
    視線すら合わず20分経過。仕方ないから
    自分でカウンターまで行って注文した。

    カウンターにはイケメンが一人。
    私が注文良いですか?って言ったら
    にっこり笑って「はい、僕で良かったら」。
    アホバカお前まずは申し訳ありませんだろう!
    という気もしたけどまあ普通に注文。
    食事中、ホールの子とカウンターの子が
    こっちをチラチラ見てなんか言ってる。
    私はてっきり反省会でもしているのかと思ったよ。
    私も客商売だけど、
    客に歩かせて注文させるなんて
    あっちゃならない事だからさ。

    そしたら帰り際、ホールの子に
    「お楽しみがありますよ」ってニッコリ言わた。
    レジにはカウンターイケメンがいて、
    支払いをするとおつりと一緒に何か渡された。
    サービス券かと思ったらお店のコースターで
    そこにはイケメンにラインIDと
    「changeing your lovelife?」とマジックで書いてあった

    私イケメンと話したくて
    カウンターに出向いたと思われてた
    ふゆかい
    非常に不愉快

    474 :名無しさん@おーぷん 2017/09/03(日) 04:19:04 ID:3Em
    私は同性愛者なんだけど、そのせいで兄嫁にあらぬ疑いをかけられてた。

    同性愛者の妹がいるというのは兄達が恋人同士のうちに耳に入れて貰っていて
    数回会った時点では物腰の柔らかい優しそうな人だったので安心していた。
    でも式の打ち合わせとかで家に来る頻度が増えると次第にピリピリしたオーラを出されるようになり
    そのうち私がお茶を出したり何か話そうとしても無視される事が増えた。
    母とは上手くやっているようで結婚後もうちにちょくちょく来ていたけど
    すれ違いざまに睨まれたり、ちまちました嫌がらせをされたりして残念だけど仲良くはなれなかった。
    よそに嫁ぐアテもない小姑が目障りなのか単に気持ち悪いと思っているのか、あるいは両方なんだろうと思って
    母と兄には気にしないように言い、私から兄嫁さんに関わるのは控えるようにした。
    私ももうじき家を出る事になっていたし。

    そんで引越しの準備を進めていたある日、兄嫁が珍しく「出ていくの? 出ていくの?」と寄ってきた。
    私が「そうなんです、家に母ひとりになっちゃうのが心配だったけど(兄嫁)さんがいてくれるから安心です」と言ったら
    「悪く思わないでね~(兄)くんは私のものだからw ごめんね?」とかいう事を言われた。
    なんか話が噛み合ってないな? と思いながら恋人と同棲するための物件が見つかったことを話したら
    「そんなはずない!!」と何故か発狂。

    ひとまず落ち着かせて私の部屋でゆっくり話した。
    要約すると兄嫁さんは『私が兄に恋しているガチのブラコン』『同性愛者だと言うのはそれを隠すための虚言』だと思い込んでた。
    兄は初めて付き合った恋人が兄嫁さんだったので
    「今まで(兄)くんに彼女が出来なかったのはブラコンの(私)がことごとく邪魔したからに違いない!
    そんな疫病神は早く追い出さなくては!」という思考で冷たくしたって。

    高校入学から大学院を出るまで遠方の男子寮で暮らしてた兄の交際関係に私がどうやって割って入れると思っていたんだろう……。
    恋人がいることも話してあったんだけどなぁ。

    「本当かどうか確かめたい」と言い出してまだぼちぼち家具を揃え始めただけの部屋に恋人を呼び出された時はうっすらどついたろかと思ったけど
    納得したら私と恋人双方に謝ってくれたので根は悪い人じゃないんだと思う。

    兄には一応「(兄嫁)さんがこんな勘違いをしてたそうだからフォローよろ」とだけ伝え
    兄嫁さんにはこれからも兄と母を宜しくお願いしますねと言っておいた。

    あれから3ヶ月ほど経ったけど夫婦仲は良いようだし実家にもちょくちょく兄嫁さんが遊びに来るそうだし、一応めでたしめでたしかな?
    私もまだまだ慌ただしいけど幸せに生活してます。

    700 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/03(水) 02:14:23 ID:x5emuehp.net
    ・真っ昼間に、車が走っている歩道で、おれ(中年太りのオッサン)が駅に向かって歩いていた
    ・そこに、数メートル先のマンションから、女子高生がジャージ姿で出てきて歩き出した
    ・女子高生が歩き出して(たぶん駅に向かっているようで同じ方向)、おれがその後を追うことになった
    ・距離的にも互いの速度的にも追い越すに至らないまま30秒ほどで何度も振り返る女子高生
    ・「おれ不審者みたいになってるな、さっさと追い越した方が良いかな」って思って、
    何となく早足になるけど、女子高生はそれに感づいて警戒して速度を早めたり遅めたり混乱の模様
    ・「いやいや、おれが痴/漢だとしても真っ昼間に車が走ってる歩道で襲われることは無いでしょ」と思いつつも、
    微妙に追い越せないし、なんか互いに意識していることを、互いに知っているような感じになる
    ・一瞬、自分自身が「これって変質者なのかな」とか思ってしまうが、
    「いやいや、おまえが家から出てくる前からおれは普通に歩いてたんだが」とも思う
    ・「歩いただけ」って言っても、アホ警官が出てきて妄想全開で「ハイハイ、詳しくは署でゆっくりと聞きますから」
    とか何とか言って、迷惑防止条例違反とかになるのかなとかって思う
    ・とりあえず、不安でいっぱいの女子高生は信号で急に止まって、信号待ちになって追い越せたけど
    ・おれって何なの、おれの傷ついた心(ハートブレイク)はどうしてくれるの

    683 :名無しさん@HOME 2013/11/22(金) 10:27:33 0
    いきなりだけど何年か前の修羅場。
    飲食関係の仕事で旦那が会社で虐められているぽかたった。
    給料がよくても体壊したら意味も無いし大変なので辛かったら辞めて他の仕事みつけなよって言っても
    今の仕事でがんばれるよの一点張り。作り笑いの笑顔が辛かった。
    旦那の制服を畳んでる最中にポケットの中からくしゃくしゃの用紙が。
    見てみると私と旦那の苗字が書かれてて語尾にタヒねとかかかれてた。
    これで完全にぷっつんした。

    後日旦那が仕事中に客でこっそりいくことに。
    旦那は裏方作業なので店に出てこないから確認しづらいが、どんな状況なのか確認することにした。
    たまたま休みで暇な女友達Aも付き合うと来てくれたのでコーヒーをお変わりしてひたすら雑談していた

    続く

    928 :名無しさん@おーぷん 2017/09/20(水) 23:12:47 ID:mMq
    母親が二股女だと思って毛嫌いしてたら私の勘違いだった事が判明した

    小学校低学年の頃、母に連れられボブと呼ばれるハーフの人とよく遊んでた
    ご飯を食べに行ったりお泊まりしたり土日は少し遠くまでお出かけ
    ボブはスキンシップが過剰なほど多くてキュート、
    アイラブユーと口癖の様に繰り返し私と母を愛でてた
    自宅に帰ると母は、なんて事ないそぶりで父にその日の事を報告してた

    中学に上がったくらいにボブと父が対面しない事に気付いた
    ボブは両親と兄弟と暮らしていて家族で焼肉をやったりするが
    呼ばれるのは母と私だけで父は頑なに行かないし母も声をかけない
    ボブの家族も母を異様なほど持て囃す
    その頃からスキンシップとアイラブユーの意味を恋愛的な物だと思い込んだ
    そして母が気持ちの悪い物体に見えて母を汚物扱いした
    洗濯物を一緒に洗われると激怒し食べ物も気に食わないと捨て
    空気みたいな扱いを高校三年生の進学決定まで続けた
    母も父も相当キレたし祖母も煩い事を言ってたけど
    浮気女と浮気してるのを黙認してる父もキモいしババアは関係ないだろと思ってた

    大学に進みたいと行った時に父に相談したら
    うちにそんなお金はないから奨学金を借りてくれと頭を下げられた
    そこでネットでよく見る浮気した奴から慰謝料取れば大学費用になる
    と途方もなく頭の悪い発想になり、父に
    「金がないなら浮気野郎共から慰謝料ふんだくってよ!
    こんな長い期間浮気してんだから相当な金額取れるでしょ!
    そしたら奨学金借りなくても大学行けるじゃん!」
    と怒鳴ったら父が凄く間抜けな顔をして
    「何を言ってるんだ?浮気?」と聞いてきたのでボブの事を話した
    父は困った顔をしたのを見てほら!やっぱり!って思ったが
    その後父の口から発せられたのは「ボブな、お父さんの弟だぞ?」だった
    詳しく聞くと父の両親は離婚、父は祖母に引き取られて再婚(それが今の両祖父母)
    実祖父も外人と再婚、その後ボブ誕生
    祖父母は子供が産まれてから何と無くお互い違うと思った生活が辛く
    話し合いの結果円満離婚で再婚時にお互いお祝いを送るほどの仲らしい
    父が幼い頃は複雑ながらも家族の交流があったらしいんだが
    成人後は全員が各々の生活するため交流も減ったが
    私が産まれたことにより再度交流復活
    私が新生児の頃はよく両祖父母の二家庭と私家族でご飯などに言ったが
    その頃父は横暴な態度を取っていてボブと実父に怒られたらしい
    それで会うのが気まずいからと避けてただけだったと。
    それ聞いて母に申し訳ないし、紛らわしいんじゃおやじと思った

    このページのトップヘ