別人

    396 :名無しさん@HOME 2013/06/06(木) 23:21:36 0
    学生の頃、脳外科に入院したことがあったんだけど、同室の上品な奥様、脳腫瘍とったら
    別人になってしまい、食事スプーンで口に運んでもらっても、気に入らないとペッと
    吐き出す、面会の家族に暴言、あげくのはてに旦那様を指さし「この人若いときに
    愛人がいたんです!」と言って旦那様の顔に唾をはいた。6人部屋で、普段は
    カーテンなんて閉めないおおらかな時代だったから、同室のみんなは凍りついた。
    旦那様は弱弱しく笑顔作ってた。
    性格が別人になってしまうっていうのだったのかなぁ。

    255 :名無しさん@HOME 2014/12/05(金) 00:08:36 0.net
    弟が交通事故に遭ったときの修羅場。
    怪我は大したことなかったのに、一晩たったら、別人になっていた。
    目を覚ますなり私のことを、おねえちゃまと呼び、両親の記憶はなく、知らない人がいるーっ!
    こわいよぉ!おねえちゃま、たすけてぇ!あーんあーん!というような感じ。
    今まで、ごく普通の7歳児だったのに、仕草やしゃべり方が、まるで手塚治虫の漫画に出てくるような子供になっていた。
    パパとママのおうちに帰りたいよぅ。
    だめ!ボクんだい!!みたいな。
    脳の検査などは異常なし。
    もう、何かに取り憑かれてるとしか思えなかった。
    結局、事故から9日目の朝に起きたら、元の弟に戻っていたんだけど、おかしくなっていた間の記憶は一切なかった。
    夏休み中だったので、この9日間のことは、家族と病院の人しか知らないけれど、それからしばらくは、弟が目覚めて、朝の挨拶をするまで、またおかしくなってるんじゃないかとビクビクだったよ…。

    340 :名無しさん@おーぷん
    該当スレがこちらであってるのかわからないんだけど、俺にとっては衝撃的だった体験を一つ

    俺は結構遊び好きな人間で、中学くらいから遊びまくってた
    親は勉強さえして成績トップを維持してれば、金は出すが口は出さんみたいな環境だったんで、大人からしたら相当厄介なガキと親だったと思う
    俺も将来は親の会社を継げと言われ続けてたし、学生の間しか好きなこと選択できないからって反発もあった
    しかし誓って氾罪やそれに準ずることはしてない
    幸いなことにそんなことをすれば後々どうなるかの分別くらいはついていた
    そんな俺が中学から大学まで好きなだけ遊びまくり、色んな人間を網羅してきたと調子のってたとき、1人の女に出会った
    その女は同じゼミ生だが、大学に編入で入ってきたのでゼミも途中参加
    周りに打ち解けようとせず無口なので、人間像をよく知らないままだった
    夏のある日、たまたまレポートを出しに行ったタイミングでその女と一緒になり、それをたまたま見かけた教授に頼まれて大阪のとある大学におつかいに行くことになった
    お駄賃も握らされ断れない雰囲気
    ゼミの勉強もあったし卒論にも関わることだから、仕方なく文句も言わず2人で休日に出かけることになった

    このページのトップヘ