初めて

    847 :名無しさん@おーぷん
    私は就学前、幼稚園にも保育園にも行っていなかった。
    いきなり小学校に入った私はもともと内向的な性格なこともあり
    友達が出来ず、小1、2年は孤独に過ごした。
    小3になって初めて友達ができた。といっても1人だけだけど。
    相手はけっこう社交的な子だったのに、なぜか私しか友達がいなかった(この理由は今も不明)
    生まれて初めて私は「お友達の家にお呼ばれ」をした。

    衝撃だったのは、その子のご両親が笑顔で会話していたこと。
    私の父親は家で口をきくということがなくて、
    母も父にしゃべりかけることがなかった。
    物心ついた時からそうだったので、特に疑問に思ったことがなかった。
    ビックリした私は友達に「お父さん、しゃべるんだね!」と言い
    友達は不思議そうな顔をしていた。そりゃそうだ。

    その子の家で私は色んな初めての物を見た。
    テレビでしか見た事がなかった二段ベッドやシャンデリア。
    三時のおやつも初めて食べた。
    家に入るとき「おじゃまします」と言い、靴を揃えることもその子に教えてもらった。
    今思うと友達がいなかった理由がよくわかる。
    最低限の礼儀作法や、挨拶すらできなかったんだよね。ありがとうも言えなかった。

    それ以後ちょっとずつ人間らしくなって、小5のクラス替えでは普通に数人の友達ができた。
    中学でも普通にふるまえた。
    本当にあの子のおかげだと思う。
    うちの親は毒親ってわけじゃないが、自分以外どうでもいい人同士が結婚して
    家庭を作ってしまった不幸な例なんだろう。
    時々叩かれたりネ果にされて外に放り出されたりしたが、
    ごはんは食べさせてもらってたし、不潔気味だったけど服も買ってもらってた。
    でもうちの親がしてたことは、やっぱり軽度のネグレクトだったんじゃないかと。

    運良く小3で気づけたけど、めぐり合わせによってはもっと高年齢になるまで気づけなくて
    矯正不可能になっていたかもしれないと思うと、少しゾっとする。

    45 :名無しさん@おーぷん
    高校生の時、初めて会った小学生の従弟にソフトクリームを奢ってやったら
    「初めて食べた」って言われて衝撃を受けた
    まさかアレルギーでもあるのかと焦ったがそうではなかった
    じゃあ親の方針かというとそういう訳でもなかった
    注意深く聞き出した結果
    普段から現金を持たされてなくて、かつ親と出掛けることもないからだった
    「弟が旅行先でソフトクリームを食べてる写真を見てずっと食べてみたいと思ってた」「想像してたより柔らかい」って
    手と口をべとべとにしながら満面の笑み向けられて絶句した
    その従弟は俺の叔父の子に当たるんだけど叔父夫婦はとっくの昔に離婚してて
    従弟は母親に引き取られて母親の再婚先で暮らしてたってことは知ってた
    でもまさか家族旅行に一人だけ連れて行ってもらえないくらい酷い扱いを受けてたとは思わなかった
    ちなみに写真のソフトクリーム食べてる弟ってのは向こうの連れ子
    それで改めて従弟の格好を見たら当時は冬だったんだが
    コートを着てるのに靴下が夏物だったり色々ちぐはぐだった
    そのあと揉めに揉めたあげく従弟が弟になったのにも驚いたが
    一番衝撃的だったのはやはり「ソフトクリーム初めて食べた」発言だ

    このページのトップヘ